Data Visualization

Get the right information, with visual impact, to the people who need it

Advanced Analytics | Customer Intelligence | Data Visualization
Suneel Grover 0
SAS Customer Intelligence 360: Visual forecasting, traffic acquisition, and digital media

Every brand offers a digital experience for a reason. But to achieve on your mission, raising awareness and attracting visitors through online media is critical. No visitors? Game over. Let’s dive into a business case using website visitor data to sas.com. Suppose that a manager asks: What did our web

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | Data Visualization | Machine Learning
Makoto Unemi (畝見 真) 0
AI民主化を加速する「自動分析機能」が登場

AIプラットフォームSAS Viyaでは、「AI実用化」や「AI民主化」を促進するために、従来から自動予測モデル生成や、機械学習やディープラーニングの判断根拠情報の提供などを可能としていましたが、SAS Visual Analytics on SAS Viyaの最新版8.3では、新たに「自動分析」機能が実装されました。 「自動分析」機能を使用すると、予測(ターゲット)に影響を与えている変数の特定や、変数ごとにどのような条件の組み合わせがターゲットに依存しているのかを「文章(条件文)」で表現して教えてくれます。 この例で使用するデータ「HMEQJ」は、ローンの審査を題材にしたもので、顧客ごとに1行の横持ちのデータです。このデータ内にある「延滞フラグ」が予測対象の項目(ターゲット変数)で、0(延滞なし)、1(延滞あり)の値が含まれています。 データリスト内の「延滞フラグ」を右クリックし、「分析」>「現在のページで分析」を選ぶだけで、「延滞フラグ」をターゲット変数に、その他の変数を説明変数とした分析が自動的に行われ、 以下のような結果が表示されます。 分析結果画面内説明: ① ドロップダウンリストで、予測対象値(0:延滞なし、1:延滞あり)の切り替えが可能です。この例では、「1:延滞あり」を選択し、「延滞する」顧客に関して分析しています。 ② 全体サマリーとして、すべての顧客の内、延滞実績のある顧客は19.95%であり、「延滞する」ことに関して影響度の高い変数が順に表記されています。 ③ 「延滞する」ことに関して影響を与えている変数の度合い(スコア)を視覚的に確認することができます。 ④ 「延滞する」可能性が最も高くなるグループ(条件の組み合わせ)が文章で示されています。この例では、③で「資産に対する負債の割合」が選択され、これに応じて文章内の該当箇所がハイライトしています。 ⑤ この例では、③で「資産に対する負債の割合」が選択され、これに応じて「0:延滞なし、1:延滞あり」別の顧客の分布状況がヒストグラムで表示されています。選択された変数が数値属性の場合は、ヒストグラムで、カテゴリ属性の場合は積み上げ棒グラフで表示されます。 分析に使用する説明変数(要因)に関しては、右側の「データ役割」画面内で選択することができます。 以上のように、分析スキルレベルの高くないビジネスユーザーでも、簡単かつ容易に、そして分かり易くデータから有効な知見を得ることができます。 ※AIプラットフォーム「SAS Viya」を分かり易く学べる「特設サイト」へGO!

Analytics | Data Visualization | Programming Tips
Robert Allison 0
Hurricane Florence: rainfall totals in the Carolinas

"We been through every kind of rain there is. Little bitty stingin' rain, and big ol' fat rain, rain that flew in sideways, and sometimes rain even seemed to come straight up from underneath." Was that a quote from the Forrest Gump movie, or something said regarding Hurricane Florence? Could be either one! Hurricane Florence recently came through

Data Visualization
SAS Visual Analytics on SAS Viya: こんな「かっこいいダッシュボード」でビジネス戦略練るのも面白い!

机上で男女が世界地図を広げて、何かの打ち合わせをしています。 航空会社A社の企画担当が、競合他社の路線を分析しているのか? それとも、これから二人で行く海外旅行のプランを立てているのか? いえいえ、これはSAS Visual Analyticsで作成されたダッシュボードの画面です。 このダッシュボードの構成は以下の通りです。 ・使用しているデータ:OpenFlightsで公開されている世界の空港の利用状況のデータ ・真ん中の世界地図:「ネットワークダイアグラム」オブジェクトを使用し、背景に地図を表示して、路線を描画 バブルの大きさは、利用頻度を表しています。 ・左側の棒グラフ:利用頻度の高いトップ10の航空会社 ・右下と左下の数値:「キーの値」オブジェクトを使用し、注目すべき指標をクローズアップしています。例えば右下の値は、利用頻度が最も高い空港名とその数を示しています。 ・人の手や机、カメラ、パソコン等は背景に使用している画像です。 今、このダッシュボードでは、左側の棒グラフ上で「Air China」が選択され、ネットワークダイアグラムと2つの指標はAir Chinaに自動的に絞り込まれた内容が表示されています。 でも、まだ、これは張りぼて? と思っていませんか。 以下は、左側の棒グラフ上で「US Airways」を選択した状態です。 ネットワークダイアグラムや2つの指標の内容が変わっているのがわかりますね。 ご覧の通り、インタラクティブなダッシュボードです。 みなさんも、こんなクールなダッシュボードで戦略を練ってみれば、新たなアイデアが湧いてくるかもしれませんね。 このブログは、SAS CommunityサイトのVisual Analytics ギャラリーに公開されている内容に基づいています。

1 2 3 45

Back to Top