Advanced Analytics

Move beyond spreadsheets to data mining, forecasting, optimization – and more

Advanced Analytics
Joe Mueller 0
SAS Conversation Designer: interacting with APIs

By making requests through API calls you can expand the functionality of the bots you make with SAS Conversation Designer; allowing your bots to query external sources for up-to-date information, score a model, and many other possibilities. This is very beneficial as SAS Conversation Designer is included in many offerings of the modernized SAS Viya platform, meaning you can easily create bots that are integrated with the other services of the SAS Viya platform or third-party services.

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | Machine Learning
0
미국 식품의약국(FDA), SAS와 4,990만 달러(약 560억원) 계약 체결

FDA, 의약품 평가 및 연구 센터 위해 SAS 고급분석 및 AI 기술 도입 미국 식품의약국(FDA)은 SAS® Viya® 플랫폼 내 자연어 처리, 인공지능 및 머신러닝 기능 등을 기반으로 새로운 도약을 위해 SAS와 40년 파트너십을 연장하기로 했습니다. 향후 5 년간 4,990 만 달러(약 560억원)에 달하는 총괄 구매 계약(BPA)을 통해 SAS는 FDA에서 진행중인

Advanced Analytics | Analytics | Customer Intelligence | Data for Good
Sandra Hernandez 0
Así pueden las marcas hacer un diagnóstico inicial de sus capacidades de  marketing y analítica en línea y gratis 

Lo vivido en el último tiempo ha significado tiempos de incertidumbre para muchos y unos de ellos son los profesionales de marketing en las empresas. No era para menos: los comportamientos de los clientes (B2C y también B2B) cambiaron abruptamente: valores, lugares, canales, frecuencias… todo lo que conocíamos anteriormente y

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | Data Management | Machine Learning
Miriam Ramírez 0
Gobernanza Analítica para promover la diversidad y la inclusión

¿Qué importancia tiene considerar la diversidad y la inclusión cuando lanzamos una iniciativa de Analítica? Es decir, ¿qué tan importante es la diversidad y la inclusión para la sociedad? Los estatutos de derechos humanos establecen que: "Todos los individuos son iguales ante la ley y tienen derecho a la misma

Advanced Analytics | Analytics | Data Management | Learn SAS | Programming Tips | Students & Educators
0
SASのIn-Database機能のご紹介

1. はじめに 前回投稿しました「SAS/ACCESSのご紹介とSnowflakeとの連携デモ」はご覧になったでしょうか。SASと外部のデータストレージサービスを連携する「SAS/ACCESS」のご紹介と、実際に「Snowflake」というサービスに連携してみました。今回は、その続きとして、10年以上前からビッグデータ・アナリティクスの基本アーキテクチャである、In-Database機能の代表的な機能である、SQLパススルーという機能をご説明し、デモを準備しました。 2. SQLパススルーについて SAS/ACCESS がインストールされている場合、SQLパススルーを使用してデータストレージサービスにクエリできます。接続方法に応じてSQLパススルーは、「暗黙的パススルー」と「明示的パススルー」に分けることができます。 暗黙的パススルーの価値は、作成したSASコードが自動的にデータストレージサービスが処理できるSQLに変換され、そのSQLをデータストレージサービス側に与えることにあります。ですので、SASで実行されたSQLやSASプロシジャに指定されたWHERE句など、可能な限りデータストレージサービス側で処理を行い、結果だけをSAS側に転送することが可能です。一方、明示的パススルーの場合には、DB依存のSQLを明示的に記述することできます。暗黙的パススルーと明示的パススルーについてまとめた表を下に記載していますので、ご覧ください。今回は、暗黙的パススルーについて詳しくご紹介したいと思います。   ▲SAS CommunityでSQL Pass throughについて質問するユーザー 暗黙的パススルーを使用する方が良いか、明示的パススルーを使用するのが良いのか気になるかと思います。実はこのトピックは、SAS Communityでもよく見られ、SAS/ ACCESSを使用している全世界のユーザーにとっても気になる質問です。どちらを使用するかは、どこに基準を置くか、また、SASとデータストレージサービスの環境のスペックによって異なると思います。ですので、皆さんもこのような疑問が生じた場合は、SASに相談してみてはいかがでしょうか。   3. 暗黙的パススルーのデモ 3-1. データの紹介とデモの概要 今回のデモのために、「pets」と「owners」という名前で2つのテーブルをデータストレージサービス(今回は、Snowflake)側に事前に保存しておきました。 「pets」テーブルには、3つのカラムがあります。 Id: ペット固有のid Name: ペットの名前 Type: ペットの種類(犬、猫、その他) Id Name Type 1 オオビ 犬 2 ローザ 猫 3 ワンチャン その他 … … …   もう1つのテーブル「owners」にも3つのカラムがあります。 Id: オーナー固有のid Name: オーナーの名前

Advanced Analytics
Rob Pratt 0
Mathematical optimization at SAS

Note from Udo Sglavo on mathematical optimization: When data scientists look at the essence of analytics and wonder about their daily endeavor, it often comes down to supporting better decisions. Peter F. Drucker, the founder of modern management, stated: "Whenever you see a successful business, someone once made a courageous decision."

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | Data Management | Data Visualization
Charlie Chase 0
SAS and C.H. Robinson are rewriting the rules of transportation planning and management

What if you had a technology solution that creates a real-time link between the customer demand signal and what's happening on the ground? What if plans that are being steered centrally could  finally be connected to every shipping lane, while simultaneously, creating cost saving carrier adjustments? The first-of-its kind integration

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence
Kagan Sen 0
2021 yılında veri analitiğine yön verecek 10 trend

Herkes için analitik Analitik platformlarının gelişmesiyle beraber veri analizi ve ileri analitik tekniklerini kullanmak için kod yazma ihtiyacının azaldığını görüyoruz. İleri analitik tekniklerinin yolculuğu, algoritmaları programlama zorunluluğuyla başladı. Bu yolculuk, kütüphaneleştirilen algoritmalarla devam etti ve sadece bu kütüphanelerdeki fonksiyonları kullanarak algoritmaları kendimizin yazma ihtiyacının ortadan kalktığı bir yolda ilerledi. Şu

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | Data for Good | Machine Learning | SAS Events | Students & Educators | Work & Life at SAS
CTOからのあなたへの招待状~#HackinSASを開催

CTOからのあなたへの招待状 ~リアルワールドのためのグローバルデータサイエンス・ハッカソンイベントを開催~ 世界中のどこかにいる有志のあなたへ 従来からSASをご愛顧頂いている皆様、そして、これから新たに出会う皆様、こちらはSAS Instituteでございます。今回は、非常にInspired+Greatなニュースをお届けさせていただきます。 それは、SASがグローバルでHackinSASというデータサイエンス・ハッカソンイベントを開催するということです! 今回のイベントでは、グローバルで参加者を募集しています。もちろん、従来のSASユーザのみならず、開発者やオープンソースユーザ、学生の方々、Startup企業の方々、またはテクニカルパートナーの方々、誰でも参加可能なイベントです。また、今回イベントの主旨としては、皆様の周りにあるデータを用いて、そのデータから有用な情報を得て、リアルワールドのビジネス課題・社会問題を解決するためのソリューションや、よりクリエイティブなデータの使い道を発見することを目指しています。詳細は後述するイベント詳細情報をご参照ください。 SASは長年、データから有用な情報を得て、その情報をリアルワールドの社会問題・環境問題、そしてビジネス課題解決に貢献できる製品やソリューション、そしてサービスを開発し、そのナレッジを貯蓄してきました。また、たくさんのユーザの方々との関わり合いの中で得られた情報などもとても有益なものでした。ハッカソンイベントはまさに、そのような様々なナレッジや発想を持っている皆様に切磋琢磨できる舞台を提供しています。 まずSASのエグゼクティブ・バイス・プレジデント兼最高執行責任者兼最高技術責任者のOliver Schabenbergerからのメッセージをご覧ください。 クリック! では、イベント詳細情報は下記となります。  1.開催スケジュール ハッカソン全期間スケジュール 2020年12月17日-2021年2月15日 チームとテーマの登録期間。 この期間中に、あなたのチームを結成しましょう。そして、課題を定義し、サマリをご提出ください。 2021年1月―2月 リソース確保期間。 この期間中に、ハッカソンをするための無料イネーブルメントリソースを活用して、優位に立ちましょう。 2021年3月 ハッカソン正式開始期間。 この期間中に、あなたとチームメンバーの創造性を輝かせる時がきます。データとSASを使って課題を解決しましょう。 2021年4月 最終ラウンド期間。 最終ラウンドに参加できるチームが選定され、SAS Vector Labsチーム(SAS Innovation Hub)に紹介され、更なる課題解決のためのアプリケーション開発を行うことが可能です。 Virtual SAS® Global Forum 2021(2021年春に開催予定) 2021年のSAS Global Forumで優勝者の結果が公開されます!   事前ライブキックオフミーティング 2021年1月13日13:00 – 14:00オンラインで開催 開催概要: SASのエグゼクティブ・バイス・プレジデント兼最高執行責任者兼最高技術責任者のOliver Schabenbergerが、この他に類を見ないグローバルハッカソンとは何か、そしてビジネスの課題解決や社会貢献のためにアナリティクス、AI、オープンソースをどのように創造的な方法で活用できるのかについてお話します。 ハッカソンズ・インターナショナルのCEOであるAngela Bee ChanとSASのプロダクト・マーケティング・マネージャーであるMarinela Profiの魅力的な対談が行われます。彼らはこのハッカソンの中でできるコラボレーションと、HackinSASが単なる競争以上の価値あるものであるかをお話します。

Advanced Analytics | Artificial Intelligence | Learn SAS | Machine Learning
0
[텍스트 분석 #3]영화 리뷰 데이터를 사용하여 분류 규칙 개발하기

지난 텍스트 분석 시리즈 2편에서는 보험사의 데이터를 이용하여 예측 모델을 개발하고, 모델의 성능을 개선하여 고객 행동에 대한 예측도를 높이는 방법을 살펴봤습니다. 이번에는 영화 리뷰 데이터를 사용하여 분류 규칙을 개발하는 과정을 SAS Visual Text Analytics를 중심으로 알아보겠습니다. SAS Visual Text Analytics(이하, VTA)는 대용량의 비정형 데이터로부터 쉽게 인사이트를 추출할 수 있도록 설계된

Advanced Analytics | Learn SAS | Programming Tips | SAS Administrators
0
SAS/ACCESSのご紹介とSnowflakeとの連携デモ

01. はじめに 最近多くの人々がクラウド環境をベースにしたデータストレージサービスを利用しています。 ここで皆さん、突然ですが、データを管理するためにローカル(またはオンプレミス)環境を構築していた過去を振り返ってみてください。 以前は、データを保存するために、関連ソフトウェアやハードウェアを購入・設置・インストールし、様々な環境設定を行います。3か月後、データの量が増えてきてデータベースの容量が足りなくなります。そしてまた多くの費用と時間を使って、必要なソフトウェア・ハードウェアを再び購入、同じく様々な環境設定をします。 上記に記載したような様子は現在のビジネス世界ではほとんど見当たりません。今日必要なのは、ただメールアドレスとクレジットカードのみです。最近では様々なデータストレージサービスが生まれてきたからです。このようなサービスはクラウド環境で動いていて、一定期間料金を支払えば利用できる「subscription」(サブスクリプション)ベースであり、前払い方式ではなく、使用した分だけ課金される「pay as you go」(ペイアズユーゴー)方式が特徴です。SASでも様々なデータストレージサービスに対応していますが、今日はその情報について詳しくお伝えします。   02. SAS/ACCESSのご紹介 「SAS/ ACCESS」とは、SASと他のベンダーのデータストレージサービスを連携するインターフェースです。下記のような特徴があり、様々なデータストレージサービスとの連携を支援しています。 シームレスで透過的なデータアクセス (Seamless, transparent data access) 柔軟なクエリ言語のサポート (Flexible query language support) パフォーマンスチューニングオプション (Performance tuning options) 性能最適化機能 (Optimization features for better performance) より詳しい情報はこちらをご参照ください。 様々なデータストレージベンダーの中で、今回は「SAS/ACCESS INTERFACE TO SNOWFLAKE」を使って「Snowflake」というサービスに連携してみたいと思います。* Snowflakeの設定はこちらを見て事前に行いました。   3. SAS/ACCESSデモ 3-1. LIBNAME statementで連携 SASのLIBNAME statementで簡単にSnowflakeとの連携を行うことができます。連携することでSnowflakeのデータをDATA StepやSASプロシージャで参照することが可能になります。LIBNAME Statementのサンプルコードは下記のボックスをご参考ください。 LIBNAME

Advanced Analytics | Artificial Intelligence | Learn SAS | Machine Learning
0
[텍스트 분석 #2]텍스트 변수로 예측 모델링의 성능 개선하기

지난 텍스트 분석 시리즈 1편에서는 텍스트 토픽을 분류하여 빠르게 인사이트를 확보하는 방법을 소개해드렸습니다. 이번에는 텍스트 데이터를 기반으로 고객의 행동을 예측하고, 예측 모델링의 성능을 개선하는 방법을 알아보겠습니다. 이 작업에는 SAS의 머신러닝 솔루션인 SAS Visual Data Mining & Machine Learning(VDMML)이 유용합니다. 지금 이 시간에도 수많은 데이터 분석가들은 모델이 높은 성능을 발휘하도록 다양한

Advanced Analytics | Analytics
Mouloud Dey 0
Mourir peut attendre… No time to die

Data, IA et transformation numérique pour l'Industrie du Futur. Fini de jouer ! Sans une approche industrielle c'est  "No future" ! Les diamants sont éternels… KHEPRI, divinité mythologique de l’Égypte ancienne symbolisant la renaissance matinale du soleil, aurait inspiré le logo d’une marque automobile centenaire, véhicule de fonction culte d’un célèbre agent

1 2 3 42

Back to Top