Travel

Advanced Analytics | Artificial Intelligence
Arthur de Crook 0
OpenGate platform helps air transport towards the new normal

SAS, uqudo and iLabs Technologies started a collaboration in OpenGate for touchless and safe travel. OpenGate, based on open source technology and open standards, offers a seamless, automated travel solution based on a reliable platform and technical solution. It enables sharing personal, health and location information between border control, air

Advanced Analytics | Analytics | Data Visualization | Learn SAS
0
SAS Viyaのワードクラウド分析を用いた消費者の声分析例

01. はじめに 今回のポスティングでは、SAS Viyaの「テキストトピック」という機能を用いたSNSの消費者の声の分析例を紹介したいと思います。分析の手法として「ワードクラウド分析」という方法を使いましたが、こちらについても後ほどお話します。SNS上の書き込みデータを分析することで、ビジネスに役立てられる洞察を得ることができますので、最後まで読んでいただければと思います。   02. 消費者の声分析の一般的な流れ SNS上の消費者の声分析は、一般的に大きく3つの段階に分けることができると思います。そのステップ①は様々なSNSプラットフォームから消費者の声を集める「データ収集」です。ステップ②は、収集したデータを分析する段階です。データ分析の手段はいくつかがありますが、本記事では、「ワードクラウド分析」という手法を用いることにします。最後のステップは、ビジネスメリットに繋げるように分析結果を活用する段階です。分析結果を元により意思決定し、施策を実施する段階です。本記事では、3つの段階の中で2段階目の「データ分析」、具体的には、「ワードクラウドを用いた分析」について説明します。   03. ワードクラウド分析とは? ワードクラウドというのはテキストデータの意味をより直感的に把握するための分析の一つ手法です。 テキストデータを単語に分割し、単語ごとの出現頻度をカウントし、その頻度に応じた大きさでその単語を視覚的に表示してくれます。 つまり、テキストや文章が何に関して語られているのか、そのキーワードを簡単に見つけ出すことができる手法になります。 例えば、SNS上の書き込みをテキストデータ化して分析し、顧客や消費者が今どんな事に興味を持っているのか、どんな不満があるのか、などを把握することができます。 (出典:https://awario.com/) 私はニュースなどのメディアでアメリカのトランプ大統領がどんな単語を何回使ったか、トランプ大統領のツイッターを分析したワードクラウドを見たことがあります。例えば、上のイメージは、2018年から2019年までのトランプ大統領のツイッターでつぶやかれた単語のワードクラウドですが、「border」と「wall」が一番使われた単語ということが一目で分かります。   04. SAS Viyaのワードクラウドの特徴 SAS Viyaのワードクラウドの特徴についてご紹介します。 まず、自動的に分析対象のテキストデータを単語に分割した上で解析します。所謂テキストマイニングと言いますが、その結果として、それぞれの文章がどんな話題(トピック)に関して語っているのかを分析し、トピックごとにキーワードを頻度に応じた大きさで確認することができます。また必要に応じて、気になるトピックやキーワードの元の文章を確認することもできるようになっています。 また、分析の際、冠詞や、助詞、副詞など、意味がない単語は自動で外して分析を行います。 これも、SAS Viyaのワードクラウドの一つの特徴なのですが、例えば、Open Source系のプログラミング言語で分析をすると、英語の 「the」や「a」などは、 分析者自身でなんとかして、取らなければいけないこともありますが、SASでは自動でその作業を行います。 さらに、書き込み内容がネガティブな内容なのか、ポジティブなのか、中立であるか、確認できる機能もあります。この機能は、「センチメント分析」、 日本語では「感情分析」と呼ばれますが、SASではワンクリックで簡単に実行できます。   05. 消費者の声分析例 それでは、SAS Viya の「テキストトピック」という機能を用いた消費者の声分析デモをご紹介いたします。 ▲ 準備したデータについて 日本では最近「天高く馬肥ゆる秋」になったので、季節感が感じられるように「天気」に関したデータを準備しました。また、オーストラリアのシドニーとカナダのバンクーバーのツイッターデータを収集しました。この二つの地域を設定した理由は、現在のシドニーは昼間の平均気温が約20度で、少し暖かいか、涼しい天候ですが、バンクーバーは約5度と少し寒く、対立的な地域を選ぶことで、明確な結果を得たかったからです。(個人的な理由もあり、キャリア管理の上司がSASオーストラリアのシドニーで働いていて、同期の1人はSASカナダのバンクーバーにいるので、毎回オンライン会議で会う2人の季節環境が気になったのです。同期と出会った新入社員研修についての記事はこちら) データの対象期間は、10月15日から10月23日まで、9日間、データの取得の際に使ったキーワードは、「weather」、「today’s weather」、「weekend weather」、「winter」、「summer」という5つのキーワードを使いました。こういった条件で実際にツイッターから集められたデータは、シドニーが351件、バンクーバーが277件でした。 ▲ 「天気」に関するシドニーの消費者の声分析 まず、シドニーの消費者の声のワードクラウド分析結果を見てみましょう。 「雨」に関するトピックが44件で、トピック全体で1位になっております。こちらのトピックをクリックすると、このトピックに関連する用語・キーワードを右側の画面で確認できます。「rainy」の比重が最も大きいことが分かります。 (出典:https://www.holiday-weather.com) 雨に関するデータが多い理由は、データを収集していた10月15日から23日前後にシドニーは天気が曇ったり、雨が降ったりしたからだと考えられます。

Artificial Intelligence | Machine Learning
Mark Frankish 0
No more ‘leaves on the line': Is computer vision the answer for rail and transport networks?

Most organisations that must maintain a physical network have similar challenges in keeping their networks safe and operational. Whether you run an energy distribution network, a telecommunications network, or a road, rail or canal network, you need to keep it clear of obstructions. And one of the biggest culprits tends

Analytics
Carlos Hernández 0
Recomendaciones para permear una estrategia de Data Management en todos los niveles de la organización

  El mundo se está transformando y con él todos los mercados. La Tecnología Analítica, La Inteligencia Artificial, el Internet de las Cosas y la Cuarta Revolución Industrial son temas que conforman la Transformación Digital de las empresas y tienen la capacidad de mejorar el desempeño y los procesos de

Analytics
Rubén Valdovinos 0
La operacionalización de la analítica como factor para impulsar el éxito de los negocios

A diario los directivos y dueños de las empresas toman decisiones que tienen impacto en sus negocios, por lo que, al incorporar la analítica en sus procesos, pueden tomar mejores decisiones, incluso cuando se tienen que evaluar miles o millones de alternativas como parte de una actividad cotidiana. Sin embargo,

Analytics
Héctor Cobo 0
Tecnología analítica: empezar con los objetivos de negocio

Los datos, y sobre todo su significado y usabilidad, se han ido transformando con el tiempo. Anteriormente hablar de datos era pensar en unos y ceros, en tablas estáticas o incluso en materiales que no se aprovechaban. Hoy, pensar en datos es pensar en la fuente principal de las historias,

Analytics
Rodrigo Arias 0
La oferta perfecta, a la persona correcta, en el momento justo

El uso de herramientas de analítica avanzada permite a las organizaciones desplegar capacidades de “Customer Decisioning” para entregar a sus clientes una experiencia de consumo excepcional, gracias a una mayor relevancia en cada interacción. En la actualidad, los clientes esperan una experiencia perfecta, altamente personalizada y relevante ya sea en

Analytics
Gloria Cabero 0
7 grandes razones para no perderse SAS® Global Forum

Si reconoces que el análisis de datos es fundamental para el éxito de tu organización, entre el 28 de abril y el 1 de mayo tienes que estar en Dallas, Texas, la sede del evento más importante del ámbito de la analítica avanzada. ¿Qué motivos justificarían el viaje? Podríamos señalar

Data Visualization | Learn SAS | Programming Tips
Sanjay Matange 0
A Graphical Journey

The ODS Graphics software, first released with SAS 9.2, supported creating graphs directly from statistical procedures.  Prior to this, very few statistical procedures created graphs on their own, and in most cases creating graphs was a post process or creating the graphs from the saved data using SAS/GRAPH procedures. With

Data Visualization | Learn SAS | Programming Tips
Sanjay Matange 0
The SGPIE Procedure - Part 2

The SAS 9.4M6 software includes a new SGPIE procedure (preproduction) as introduced in the recent article - The SGPIE Procedure.  In that article, I described the basic features of the two statements supported in the procedure, the PIE and the DONUT, with some examples. It is my humble opinion that

Analytics | Data Visualization | Programming Tips
Robert Allison 0
Hurricane Florence: rainfall totals in the Carolinas

"We been through every kind of rain there is. Little bitty stingin' rain, and big ol' fat rain, rain that flew in sideways, and sometimes rain even seemed to come straight up from underneath." Was that a quote from the Forrest Gump movie, or something said regarding Hurricane Florence? Could be either one! Hurricane Florence recently came through

Advanced Analytics | Analytics
Mauricio González 0
Cómo la analítica equilibra precios competitivos y permite rentabilidad sana

Todo se basa en una sencilla teoría económica: cuando los precios de los productos aumentan, la gente no está dispuesta a pagarlos y, en consecuencia, la demanda se va a pique; evidentemente, sucede el efecto contrario cuando se reducen. No obstante, el mecanismo que se activa al modificar dicho valor

1 2 3 4