Data Management

Blend, cleanse and prepare data for analytics, reporting or data modernization efforts

Analytics | Data Management
0
[분석기술의 실용화 전략 #2] Operationalizing Analytics와 세가지 사례

지난 글에서는 분석 모델을 배포하기까지 많은 시간이 소요되는 이유, 이를 극복하기 위한 방법으로서 운영계에 적용하는 ModelOps의 개념과 효과를 소개해드렸습니다. 하지만 통상적으로 기업의 의사결정이 분석의 결과만으로 이뤄지지는 않습니다. 분석 인사이트를 기반으로 하되 기업에서 설정한 비즈니스 룰을 확인해야 하며, 기업 안팎의 상황에 대한 검토도 필요합니다. 금융권을 예로 들면, 고객의 신용대출 요청에 따른

Analytics | Data Management
Kalliopi Spyridaki 0
Data governance: The renewed imperative for digital financial institutions

New and more prescriptive privacy and other data-related regulations are elevating data governance to a strategic asset for organizations in all sectors. Data governance can no longer remain confined to a back-end IT operation. As the data-rich financial services sector is now moving fast towards more profound digitization of financial

Analytics | Data Management
0
[분석기술의 실용화 전략 #1] 데이터 중심의 의사결정을 위한 마지막 관문, 모델 배포와 최적화

기업에서는 하루에도 여러 차례 비즈니스에 중요한 의사결정을 내리고 있습니다. 최선의 선택을 하기 위해 많은 기업이 강력한 분석 모델을 개발하여 의사결정 프로세스에 분석 결과를 통합하고 있습니다. 하지만 의사결정에 결정적인 역할을 하는 대부분의 분석 모델은 빛을 보지 못합니다. 데이터 중심의 의사결정을 위한 실용화의 마지막 관문을 넘지 못하기 때문입니다. 본 글에서 데이터 중심의

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | Data Management | Machine Learning | Programming Tips
Mariana Fontanezi 0
SAS para Ciência de Dados? Sim!

A evolução do analytics e da ciência de dados gera constantes atualizações e transformações nas plataformas de análises. Este artigo tem o propósito de apresentar como o SAS tem acompanhado essa evolução. Ambiente Integrado: uma única plataforma, diversas tarefas O SAS oferece recursos que permitem acessar, explorar, transformar, analisar e

Advanced Analytics | Analytics | Customer Intelligence | Data Management | Data Visualization | Machine Learning
Suneel Grover 0
SAS Customer Intelligence 360: Data visualization, location analytics and geospatial insights

Everything happens somewhere, and much of our customer data includes location information. Websites include x, y coordinates in semi-structured click streams, and the mobile apps your prospects depend on frequently support device location to provide a personalized, targeted experience. As my SAS peer Robby Powell said: "Human brains are hardwired

Advanced Analytics | Customer Intelligence | Data Management | Data Visualization
Suneel Grover 0
SAS Customer Intelligence 360: Visual analytics, sankey diagrams and customer journeys

We live in the age of data. From global warming stats to customer behavior patterns, new technologies have made it easier to collect, store, access and analyze information. But our use of these technologies has also eroded our attention spans and fueled post-truth misunderstandings. To combat these trends, the question

Data Management | Programming Tips
SASからMicrosoft AzureのBlobストレージ内データにアクセスする方法(第2回)

前回のブログでは、Microsoft AzureストレージサービスのブロックBlobストレージについて軽く紹介し、SASからBlobストレージ中の特定の一つのファイルにアクセスする方法を紹介しました。 第1回リンク:https://blogs.sas.com/content/sasjapan/2020/10/01/sas-azure-blob-1/ しかし、実際のビジネスシーンでは、特定の一つのファイルにだけアクセスする運用はやはり割合的には少ないと考えています。 そこで、今回のブログでは、より効率的に、複数データに同時にアクセスできる方法を紹介します。そしてこれは、Microsoft AzureのBlobストレージをファイルシステムとしてSASサーバにマウントし、SASサーバから便利にアクセスする方法です。 前回と同じように、下記の方法を使うためには、前提条件として、SAS ViyaサーバとBlobストレージがあるAzure間でネットワーク通信ができる必要がありますので、ネットワークセキュリティ条件を確認してから、下記の方法をお試しください。 方法②: BlobストレージをファイルシステムとしてSASサーバにマウントし、SASサーバからアクセスする方法。 Microsoft Azure側: 1.まず、Azureポータルに入り、「ストレージアカウント」をクリックします。(図2-1) 図2-1 2.その配下で、使用されている対象Blob用のストレージアカウントをクリックします。(図2-2) 図2-2 3.そして、表示された左ペインの中で、「アクセスキー」というメニューをクリックします。(図2-3) 図2-3 4.該当ページでは、このストレージアカウントにアクセスするためのキーの情報が含まれているので、その中の、「ストレージアカウント名」と「キー」をメモしてください。あとで接続設定情報を作る時に使用します。(図2-4) 図2-4 5.一層上に戻り、同じくストレージアカウントの左ペインで、Blobサービスの中の「コンテナー」をクリックします。(図2-5)アクセス先のコンテナー名前(例:folderfirst)をメモしてください。あとで接続設定情報を作る時に使用します。 図2-5 以上で、Azure側の準備作業が終わります。次は、SASサーバ側の準備作業を進めていきます。   SAS Viyaサーバ側: 今回、Blobストレージをファイルシステムとしてマウントするには、Blobfuseという仮想ファイルシステムドライバー機能を使います。そのため、事前にSAS ViyaがインストールされているLinuxサーバ側に、そのツールをインストールする必要があります。 このブログで使用しているSAS ViyaサーバはRHEL/CentOS 7.x系のLinuxサーバであるため、Blobfuseのインストールを含めた手順は下記となります。 6.使用するSASユーザで、SASサーバ側にMicrosoftパッケージリポジトリをインストールします。 sudo rpm -Uvh https://packages.microsoft.com/config/rhel/7/packages-microsoft-prod.rpm 7.BlobfuseをSASサーバ側にインストールします。 sudo yum install blobfuse 8.Azureでは、低いレイテンシーとパフォーマンスのため、SSDが提供され、今回はそれを使って、ディレクトリーを作成します。(SSD使わないことも可能ですので、その場合、別ディレクトリーで作成して頂いてかまいません。) sudo mkdir /mnt/resource/blobfusetmp -p sudo chown #YourUserName#:sas /mnt/resource/blobfusetmp

Data Management | Programming Tips
SASからMicrosoft AzureのBlobストレージ内データにアクセスする方法(第1回)

近年、クラウドベンダーが提供するサービスが充実し、より多くのクラウドサービスが誕生してきました。しかし、一つのニーズに対して、複数のサービスを選択できるようになってきているものの、どのサービスが最適なのかを判断することは逆に難しくなってきていると考えられます。最近、SASを活用しているお客様から、「Microsoft社のAzureを使っていますが、これからクラウドにデータを移行して、安くて使い勝手なストレージサービスは何かありませんか」と聞かれたこともありました。 このブログシリーズでは、クラウド上のストレージサービスの一種であるMicrosoft Azure CloudのBlobストレージサービスの概要を紹介した上で、SAS ViyaからそのBlock Blobストレージに格納されているデータへアクセスする方法をご紹介させていただきます。 このブログシリーズは合計2回です。今回のブログでは、まず特定の一つファイルへのアクセス方法をご紹介します。次回のブログでは、より汎用的なアクセス方法、つまり、Blobストレージを一つのファイルシステムとして、SASサーバと連携し、一度に複数のデータにアクセスする方法をご紹介します。ぜひ最後まで、お付き合いいただければと思います。 第1回:https://blogs.sas.com/content/sasjapan/2020/10/01/sas-azure-blob-1/  第2回:https://blogs.sas.com/content/sasjapan/2020/10/05/sas-azure-blob-2/ Blobストレージとは何か? まず、Blobストレージとは何かを紹介する前に、Blobって何でしょうか、から始めます。聞きなれない方もいらっしゃるかと思いますので。実際、BlobはBinary Large OBjectの略称です。本来はデータベースで用いられているデータタイプの種類で、メディアファイルや、圧縮ファイル、実行ファイルなどのデータを格納する時に使用されているものです。 では、Blobストレージとは何か?Microsoft社の紹介では、こう書かれています。 「Blob Storage は、テキスト・データやバイナリ・データなどの大量の非構造化データを格納するために最適化されています。非構造化データとは、特定のデータ・モデルや定義に従っていないデータであり、テキスト・データやバイナリ・データなどがあります。」 少し言い換えますと、Blobストレージは、ログファイルから、画像ファイルやビデオ・オーディオファイルまで格納できます。もちろん、通常目的でのデータ利用にも対応しているため、データの格納場所として使っても問題ありません。(Microsoft Azureの資料によりますと、4.75 TiBまで可能です。) なぜBlobストレージなのか 前文で少し申し上げたSASのお客様から頂いた質問の中で、「安くて使い勝手の良いストレージサービスは」と聞かれた事に関して、安いというポイントに関しては、下記の図をご覧ください。 ソース:https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/details/storage/(2020/09/09アクセス時点) ご覧のように、ブロックBlobのストレージサービスは、安価で、かつ非構造化データに対応し、一般目的でのデータストレージとして、非常に向いています。 もちろん、ビジネスケースによっては、様々考慮すべき点(既存環境にHadoop環境があるかどうか、スループット、ビッグデータ等々)もありますが、今回は、主にこのブロックBlobストレージを例として紹介します。 SAS ViyaからBlobストレージにアクセスする方法 ここからは、SAS ViyaからBlobストレージにアクセスする方法をご紹介します。下記の方法を使うために、前提条件として、SAS ViyaサーバとBlobストレージがあるAzure間でネットワーク通信ができる必要がありますので、ネットワークセキュリティ条件を確認してから、下記の方法をお試しください。 方法①: SASのPROC HTTPプロシージャを使って、Blobストレージ内の特定の一つのデータにアクセスする方法。 Microsoft Azure側: 1.まず、Azureポータルに入り、「すべてのリソース」をクリックします。(図1-1) 図1-1 2.その配下で、利用されているストレージアカウントをクリックします。(図1-2) 図1-2 3.次に、表示された左側のメニューの中で、「Blob Service」配下のコンテナーをクリックします。(図1-3) 図1-3 *豆知識: ここで、いきなりコンテナーが出てくることに関して、混乱している方もいらっしゃるかもしれないので、少し解説します。こちらのコンテナーとは、Dockerコンテナーの意味ではありません。Blobストレージサービス配下のデータ格納用のサブ階層のことであり、フォルダーのようなものとイメージしてください。(図1-4) 図1-4 4.上記図1-3のように、その中に一つ「folderfirst」というコンテナーが存在しており、それをクリックすると、中に保管されているデータが見えるようになります。(図1-5) 図1-5 5.ここからが重要なポイントです。特定のデータ、例えば、「sas7bdat」データにSAS Viyaからアクセスしたい場合は、該当ファイルの名前をクリックして、下記のようなプロパティ情報を表示させます。(図1-6) 図1-6

Advanced Analytics | Analytics | Customer Intelligence | Data Management | Data Visualization | Machine Learning
Suneel Grover 0
SAS Customer Intelligence 360: Automated explanation and supervised segmentation

One of the wonderful aspects about my client-facing role at SAS is the breadth of audiences that I get to work with. No matter where you fall on this list: Data engineer. Business or marketing analyst. Citizen data scientist. Data scientist. Statistician. Executive. One topic is certain: We all love

Advanced Analytics | Analytics | Customer Intelligence | Data Management | Data Visualization | Machine Learning
Suneel Grover 0
SAS Customer Intelligence 360: Enriching analysis with device usage data

Over the last 20+ years, global society has adopted digital devices at scale, and consumer interaction behaviors continually evolve and mature. As analysts, we're uniquely positioned to notice worldwide trends, country-specific nuances and localized market behaviors that can have significant impact on our brand's business goals. This global scope is

Advanced Analytics | Analytics | Data Management
Gustavo Guerrero 0
Operar desde la nube: más poder y agilidad

¿Por qué es hoy el mejor momento para migrar a la nube? Porque su conveniencia, ubicuidad y flexibilidad permiten que una organización siga operando sin interrupción en situaciones normales y extraordinarias, ya sea una crisis económica, política, natural o sanitaria como la actual. Pero también porque la nube ha alcanzado

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | Customer Intelligence | Data Management | Data Visualization | Machine Learning
Suneel Grover 0
SAS Customer Intelligence 360: Behavioral event tracking, targeting & engagement analysis

There's no question that we're all increasingly, and often exclusively, interacting with brands digitally. Consumers are now online through countless mechanisms – from laptops and mobile apps to AI-enabled voice assistants and sensor-based wearables. Engagement is diversifying in fascinating new ways. And when organizations can't see their customers interacting in

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | Customer Intelligence | Data Management
José Mutis O. 0
¿Cómo la analítica ha ayudado y ayudará a los comercios a entender los nuevos hábitos de los consumidores?

Los días de compras diferenciadas -como los días sin IVA llevados a cabo en varios países latinoamericanos y los que aún hay programados por ejemplo en Colombia para septiembre- deben dejarnos experiencias y aprendizajes. Es cierto que hay que seguir reforzando los controles de bioseguridad y que cuidar la salud

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | Customer Intelligence | Data Management | Machine Learning
Suneel Grover 0
SAS Customer Intelligence 360: Identity management, profiling and unified data model for hybrid marketing

Customer data platforms (CDPs), data management platforms (DMPs), people-based marketing, identity graphs, and more overlapping topics represent an important ingredient of any martech brainstorming session in 2020. As your brand spreads out across touchpoints — from web to mobile applications, as well as call centers, email and direct mail —

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | Customer Intelligence | Data Management | Machine Learning
Suneel Grover 0
SAS Customer Intelligence 360: Introduction to marketing data management

No matter what your brand's level of marketing maturity is, SAS can help you move from data to insight to action with rich functionality for adaptive planning, journey activation and an embedded real-time decision engine – all fueled by powerful analytics and artificial intelligence (AI) capabilities. Let's begin with a

1 2 3 33

Back to Top