SAS Administrators

Stay informed on the best ways to manage SAS programs and installations

Advanced Analytics | Data Management | SAS Administrators
0
SAS Viya Blog ~Azure Fileを利用したWindowsとSAS Viya間のデータ共有方法の紹介~

背景の紹介 これまでのSAS製品は、SAS 9でもSAS Viya 3.5でも、ほとんどがWindowsやLinuxのプラットフォームで動作していました。 そのため、Windowsクライアントを持つユーザーは、SMBサービスやWindowsのファイル共有機能を介して、これらのプラットフォームに保存されたファイルに簡単にアクセスすることができていたのです。 SASが開発した最新のクラウドネイティブ・データアナリティクス・プラットフォーム「SAS Viya」は、WindowsやLinuxなどのOS上で直接動作するのではなく、コンテナ/ポッドの形でKubernetes(以下、K8s)上で動作し、従来の製品とはアーキテクチャが大きく変わっています。K8s上で動作するサービスのコンテナ内のデータは一時的なものなので消えてしまう特徴があります。この点に対して、お客様は最新の製品を使用する際に、K8sに保存したデータをローカルのWindowsシステムからどのようにアクセスするのか、SASで作成したレポートなどのデータをどこに保存するのかという疑問を持つことが多いようです。 今回は、下記の図の構造のような、K8sに保存されているファイルを、比較的簡単な方法でWindowsクライアントと共有する方法をご紹介したいと思います。 本記事の内容は、Microsoft Azure上にデプロイされたSAS Viya Stable 2021.2.3に基づいています。centos 7.9上で、kubectl、kustomization、azure cliなどのコマンドラインツールを利用する作業が含まれているので、Linux、Kubernetes、SAS ViyaのデプロイメントとAzureに関する一定の知識が必要です。また、お使いのクラウドベンダーや製品のバージョンによって、設定方法が異なる場合もありますので、詳細は各ドキュメントをご確認ください。 SAS Viya on Kubernetesが利用するストレージの紹介 まず、K8s上にデプロイされたSAS Viyaサービスを使用した場合のデータの保存方法について簡単に説明します。 例えば、SAS Studioを利用する場合、ユーザーがセッションを作成するたびに、SAS ViyaはK8s上に一つのコンテナを作成します。これは、ユーザーがセッションで実行したすべてのコードや操作がこのコンテナに入っているミニLinux内で実行されます。 ご存知のように、コンテナの最大の利点は、インストール作業や設定などが一切いらず、配置したらすぐに使えることです。コンテナが提供するサービスや機能を使用するために設定を行う必要はありませんが、同時に、コンテナ内のデータに加えた変更も保存されず、新しいセッションを作成するたびに、まったく同じ設定を持つまったく新しいコンテナが作成されます。 そのため、SAS Studioで作成した新しいデータを保存したい場合は、コンテナの外部にあるストレージに保存する必要があります。K8sではこの外部ストレージは永続ボリュームと呼びます。 永続ボリュームを利用することにより、SAS Studioのセッションが終了しても、作業中にユーザーが作成した新しいデータはちゃんと保存されています。次にユーザーが新しいセッションを作成する時、以前使用していた永続ボリュームが新しいセッションに自動的にマウントされ、ユーザーが永続ボリュームに保存されていたデータを使って引き続き作業できます。この記事で紹介するデータ共有方法も、こちらの永続ボリュームを利用しています。 データ共有するための設定方法 次に、K8sで作成したファイルをWindowsと共有する方法を紹介します。前述したように、作業中に発生したデータを永続ボリュームに保存することができるので、永続ボリュームをWindowsにマウントするだけで、作業用PCとK8sの間でデータを共有することができますが、実現方法は使用する永続ボリュームの外部ストレージの種類によって異なります。 AzureのK8sサービス上でSAS Viyaを利用する場合、使用する外部ストレージは、大体以下の3種類です。Azure Fileを共有ストレージとして使用する場合、追加のサーバは必要なく、使い方も比較的簡単なので、本記事ではAzure Fileを外部ストレージとして使用する場合の共有方法を紹介します。 - ネットワークファイルシステム(以下NFS) - Azure Disk - Azure File(本記事で紹介する方法) データを共有するためには、次のような手順が必要です。 これらの手順には、AzureとK8sの管理者権限と関連する知識が必要なため、一般的にはサーバ管理者やSAS Viya導入の担当者が行うことになることに注意してください。 1.ストレージクラスの作成 2.永続ボリューム要求の作成

SAS Administrators
SAS Japan 0
Apache Log4jのCVE-2021-44228脆弱性に関するアップデート

Log4jの脆弱性に関する最近のニュースは、SASのお客様の多くにとって依然として最大の懸念事項です。ここでは、SASによる最新の活動と発見事項を皆様と共有したいと思います。 SASのお客様へ: SASソフトウェア環境およびSAS Cloudホスティング環境のセキュリティと完全性は常に当社の最優先事項です。SASのチームは、Log4j脆弱性に関する報道が出た後の早い時期(2021年12月中旬)に迅速に対応しました。オンプレミス環境のお客様のためには、影響を受けるSAS製品に関する情報はもとより、推奨されるアクションもご案内しました。SAS Viya 2021.2.2には、アップデートされたバージョンのLog4jが含まれています。加えて、当社は「loguccino」という無償ツールをリリースしました。お客様はこれを使うことで、ご利用中のSAS 9.4およびSAS Viya 3.x環境内にある脆弱なlog4jファイル群を検出し、パッチを適用することができます。 SAS Cloudホスティング環境のお客様のためには、「こうした脆弱性が悪用される可能性のある、この環境の複数の側面」を即座に強固にしました。具体的には、ネットワークベースのポリシーの厳格化や監視の増強などです。当社では「これらの公表された脆弱性に特化した形での、SASソフトウェアに関連した攻撃」のエビデンスは一切検知しておりません。 さらなる調査の結果、当社では「Log4j脆弱性自体は深刻であるものの、SASがホスティングされているシステム内におけるLog4jのコンフィグレーションおよび利用法では、エクスポージャーは極めて限定的」と判断しました。いかなる未認証ユーザー(=既存のアクセス権限を持たないユーザー)も、リモートコード実行脆弱性(RCE脆弱性)をトリガーすることはできません。これらの発見事項と既に実施済みの予防措置とを踏まえ、当社では「SAS Cloud内のお客様のSASアプリケーションとデータは安全性が維持されている」という確信を感じています。 さらなる詳細については、本件に関するSAS Security Bulletin(セキュリティ速報)をご覧ください。 ご利用中のSAS環境の生産性・安全性の維持に関する皆様の継続的なパートナーシップに感謝いたします。また、SASのお客様でいてくださり、ありがとうございます! セキュリティ速報のハイライト 上記の速報のアップデートに関する通知を受け取るには、SAS Support Communitiesのトピック「Updates on log4j Remote Code Execution Vulnerability (CVE-2021-44228)」をサブスクライブするか、このRSSフィードをフォローしてください。 SASでは、お客様のために “監査済みの自動化されたアプローチ” を提供する取り組みの一貫として、「loguccino」という脆弱性パッチスクリプトを開発済みです。このloguccinoは「logpresso」に似たツールですが、SASソフトウェア向けにカスタマイズされています。このツールはSAS 9.4およびSAS Viya 3環境を修復するために特別に設計されており、脆弱なLog4j JARファイルを再帰的に検索し、JndiLookupクラスを取り除いた上で、この脆弱性を含まない状態でJARを再パッケージ化します。 上記の速報には、SASがアップデート済みバージョンのLog4jを自社ソフトウェア内にデリバリーするにあたっての計画とタイムラインも記載されています。 SAS Viya 2020.1、SAS Viya 3.5、SAS Viya 3.4プラットフォームおよびSAS 9のSAS Logonプロセス内でのLog4jの利用に関してSASが実施した継続的および継続中の調査では、「CVE-2021-44228に関するコミュニティの理解を踏まえると、未認証のRCEエクスプロイトは現時点では不可能である」という結論に達しています。 大手の脆弱性スキャニング・ベンダー(Qualys、Rapid7、Tenable)はすべて、「この脆弱性に関連した最も一般的な攻撃ベクトル群をチェックするための、アップデートされたシグニチャ群」をリリース済みです。 最後に念のため繰り返しますが、お客様はいつでも当社のSupportサイトで最新のセキュリティ速報(英語)をご覧いただけます。 この記事は、英語版のオリジナルをもとにSAS Institute Japanが翻訳および編集したものです。

Advanced Analytics | Learn SAS | Programming Tips | SAS Administrators
0
SAS/ACCESSのご紹介とSnowflakeとの連携デモ

01. はじめに 最近多くの人々がクラウド環境をベースにしたデータストレージサービスを利用しています。 ここで皆さん、突然ですが、データを管理するためにローカル(またはオンプレミス)環境を構築していた過去を振り返ってみてください。 以前は、データを保存するために、関連ソフトウェアやハードウェアを購入・設置・インストールし、様々な環境設定を行います。3か月後、データの量が増えてきてデータベースの容量が足りなくなります。そしてまた多くの費用と時間を使って、必要なソフトウェア・ハードウェアを再び購入、同じく様々な環境設定をします。 上記に記載したような様子は現在のビジネス世界ではほとんど見当たりません。今日必要なのは、ただメールアドレスとクレジットカードのみです。最近では様々なデータストレージサービスが生まれてきたからです。このようなサービスはクラウド環境で動いていて、一定期間料金を支払えば利用できる「subscription」(サブスクリプション)ベースであり、前払い方式ではなく、使用した分だけ課金される「pay as you go」(ペイアズユーゴー)方式が特徴です。SASでも様々なデータストレージサービスに対応していますが、今日はその情報について詳しくお伝えします。   02. SAS/ACCESSのご紹介 「SAS/ ACCESS」とは、SASと他のベンダーのデータストレージサービスを連携するインターフェースです。下記のような特徴があり、様々なデータストレージサービスとの連携を支援しています。 シームレスで透過的なデータアクセス (Seamless, transparent data access) 柔軟なクエリ言語のサポート (Flexible query language support) パフォーマンスチューニングオプション (Performance tuning options) 性能最適化機能 (Optimization features for better performance) より詳しい情報はこちらをご参照ください。 様々なデータストレージベンダーの中で、今回は「SAS/ACCESS INTERFACE TO SNOWFLAKE」を使って「Snowflake」というサービスに連携してみたいと思います。* Snowflakeの設定はこちらを見て事前に行いました。   3. SAS/ACCESSデモ 3-1. LIBNAME statementで連携 SASのLIBNAME statementで簡単にSnowflakeとの連携を行うことができます。連携することでSnowflakeのデータをDATA StepやSASプロシージャで参照することが可能になります。LIBNAME Statementのサンプルコードは下記のボックスをご参考ください。 LIBNAME

SAS Administrators
Kim Kaluba 0
Meet My SAS

My SAS is a brand-new customer experience page. This new location takes a variety of customer service places and puts them in one interface. The goal of My SAS is to ensure all SAS customers have the best possible experience available in the marketplace.

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | Machine Learning | SAS Administrators
Keith Renison 0
Coming soon: Your SAS software, continuously updated

If you're my kids, the term, “continuous integration,” might have you thinking about how much time you’ve spent lately with the family, and “continuous delivery” is what's been happening on the front porch the past few weeks. But to a software developer, these terms mean something entirely different. Combined and

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | Machine Learning | SAS Administrators
Keith Renison 0
Are you ready for true cloud native computing? Meet SAS Viya 4

It’s official: NASA no longer builds spaceships. They’ve outsourced that task. According to NASA administrator Jim Bridenstine, "We're going with commercial partners. NASA is not purchasing, owning and operating the hardware. We're buying the service." Why? Because NASA needs to focus on exploring space, not building the transportation to get

SAS Administrators
Gerry Nelson 0
Jobs: Stored processes in Viya

Stored processes were a very popular feature in SAS 9.4. They were used in reporting, analytics and web application development. In Viya, the equivalent feature is jobs. Using jobs the same way as stored processes was enhanced in Viya 3.5. In addition, there is preliminary support for promoting 9.4 stored processes to Viya. In this post, I will examine what is sure to be a popular feature for SAS 9.4 users starting out with Viya.

1 2 3 9

Back to Top