SAS Administrators

Stay informed on the best ways to manage SAS programs and installations

SAS Administrators
畝見 真 0
SAS Viyaの新しい権限設定方法

このブログでは、SAS Viyaで提供される各種機能やリソースへのアクセス制限を設定する方法を紹介します。 ユーザーやグループが行うことができる(あるいは参照することができる)内容はルールによって設定されます。ルールは以下の権限要素によって構成されています。: ・プリンシパル:ユーザーまたはグループ。 ・ターゲット:サービス、フォルダ、レポートなどのリソース。 ・権限:アクセスのタイプ(たとえば、読み取りまたは書き込み)。 ・設定:アクセスが提供されているかどうかの表示、たとえば許可または禁止。 ルールのターゲットは、uniform resource identifier(uri)を使用して識別されます。URIは、フォルダやレポート、データプランなどのコンテンツ、またはデータのインポートなどの各種の機能などを表すことができます。 SAS Viyaでのuriの例をいくつか紹介します。 ・データプラン:/ dataPreparationPlans / plans / 810e2c6b-4733-4d53-94fd-dfeb4df0de9e ・フォルダ:/ folders / folders / e28e35af-2673-4fc7-81fa-1a074f4c0de9 ・機能性:/ SASVisualAnalytics / ** 以下の例では、「レポート開発者」カスタムグループを作成し、そのグループのユーザーのみがSAS Visual Analyticsでレポートを作成することができるように設定しています。 カスタムグループを作成します。 ルールを使用して、そのグループに使用機能に対する権限を設定します。 1. カスタムグループを作成 SAS Viyaの環境の管理(SAS Environment Manager)上で、管理者(管理者のみがユーザーとグループを管理できます)が、ユーザー>カスタムグループ>カスタムグループの新規作成を選択します。 カスタムグループの新規作成画面で、「名前」にグループ名、「ID」に一意のID、「説明」に必要に応じて説明を記載します。 新しいグループが作成されたら、編集ボタンをクリックして、新しいメンバーをグループに追加します。 ユーザーまたは他のグループを新しいグループのメンバーとして追加することができます。 2.ルールを使用して、そのグループに使用機能に対する権限を設定 「レポート開発者」グループのみがSAS Visual Analyticsの機能にアクセスできるようにルールを作成、または更新します。まず、SAS Visual Analyticsに現在適用されているルールを見ていきます。 環境の管理(SAS Environment

Advanced Analytics | SAS Administrators
Gerry Nelson 0
LDAP basics for the SAS Viya administrator

ln SAS Viya, deployments identities are managed by the environments configured identity provider. In Visual SAS Viya deployments the identity provider must be an LDAP (Lightweight Directory Access Protocol)  server. Initial setup of a SAS Viya Deployment requires configuration to support reading the identity information (users and groups) from LDAP. SAS Viya 3.3

Advanced Analytics | SAS Administrators
David Stern 0
Creating and uploading custom icons and map pin icons in SAS® Visual Investigator

SAS Visual Investigator has an attractive user interface. One of its most engaging features is the network diagram, which represents related ‘entities’ and the connections between them, allowing an investigator to see and explore relationships in their source data. For maximum impact, each entity in the network diagram should have an

1 2 3 8

Back to Top