Analytics

Find out how analytics, from data mining to cognitive computing, is changing the way we do business

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | Data Management
Héctor Cobo 0
IA y Analítica Avanzada capaces de reducir amenaza de abuso infantil hasta en un 75%

Los depredadores utilizan plataformas y técnicas cada vez más sofisticadas para ocultar su actividad y evadir la detección. México posicionado como el primer lugar a nivel mundial en producción y distribución de pornografía infantil. En 2022, México registró más de 815 mil casos de posibles abusos en línea, según el

Analytics | Artificial Intelligence | Customer Intelligence | Fraud & Security Intelligence | Machine Learning | Risk Management | SAS Events
Carolina Pereira 0
FEBRABAN TECH 2024: confira agenda de palestras do SAS

Neste ano, mais uma vez o SAS participará do evento FEBRABAN TECH, que acontece de 25 a 27 de junho, em São Paulo, no Transamérica Expo Center. Levaremos ao evento as últimas novidades de dados e IA para o setor financeiro, com uma novidade: dez palestras no estande sobre os

Analytics
Hyeshin Hwang 0
2024 SAS 해커톤(Hackathon) 대회 참가자를 모집합니다!

전문가들과 소통하며 창의적인 아이디어로 세상을 변화시킬 수 있는 기회! 새로운 도전과 혁신을 위한 ‘SAS 해커톤 대회’가 올해도 그 막을 열었습니다. 데이터 및 AI 부문 선도기업 SAS가 5월 30일부터 8월 30일까지 SAS 해커톤 참가자를 모집합니다. SAS 해커톤 대회는 개발자, 데이터 과학자, 학생, 스타트업, SAS 고객 및 파트너 등이 참여하여 클라우드 환경의

Analytics
0
タンポポの生存分析をしてみたい

タンポポは、生き生きとしたかつとても響きの良い、好きな日本語の一つである。 語源は、江戸時代頃までは「鼓草(ツヅミグサ)」と呼ばれていたものの、花のかたちが太鼓に似ている、または太鼓を叩くポンポンという音を連想させるとかで、たんぽぽになったという説が有力らしい。英語では「dandelion」と、たんぽぽの花の形がライオンのタテガミに似ているからかと思いきや、ギザギザの葉をライオンの歯に見立てたことから由来しているそう。 タンポポは、春に花を咲かせて夏には枯れてしまう短命のイメージがあるが、実はとても長生きする草本だそうだ。花が散った後、綿毛のタネを飛ばして(あのひらひらとした傘の形の綿毛で運が良ければ100キロ先まで飛ぶそうなので驚く。もちろん大概は数メートルのはずだが)、葉を枯らしてしまうが、しっかり根は残っていて(だからうちの庭の草むしりが大変だった)、そして翌年の春になるとまた茎を立ち上げて葉を伸ばし、花をつける。毎年それを繰り返し、根株が死なない限り何年でも生き続け、寿命は、10年から15年程度だそうなのでこれまた驚きである。 話が変わるが、統計学には生存分析、あるいは生存時間解析というのがあり、生物の死亡や機械の故障など寿命が分析対象で、医学や社会科学の多くの分野に利用されている。医学研究の例を挙げると、ある時間を過ぎて生存する人々の割合はどの程度か、生き残った人々はどの程度の割合で死亡するのか、特定の状況または特性が生存確率にどのような影響を与えるのか、などが挙げられる。SASでは6〜8月に生存時間解析、予測分析、といった講座が開設されているので(SASトレーニングコース )、「寿命」に興味関心がある方はぜひ受講してみて頂きたい。 2024年6月初旬 相吉

Analytics | SAS Events
0
SAS Hackathon Boot Camp in Las Vegas / チーム SHIONOGI 参加・入賞報告

4月16日-19日に開催されたSAS Innovate in Las Vegasにて、SAS Hackathon Boot Campが行われました。 日本からは塩野義製薬様が参加され、見事3位入賞いたしました。🎉 本記事では塩野義製薬様のチャレンジの様子や、いち早くSAS Viya Workbenchを利用した感想をお伝えします。 また、7月17-18日に開催予定のSAS Innovate in Tokyoでは、2日目にHackathon Boot Campが行われます。 ぜひこの記事を参考にし、皆様のチャレンジをお待ちしています。 SAS Hackathon、SAS Viya Workbenchに関する各種リンクは以下をご覧下さい: SAS Hackathon Boot Camp in Tokyo  (SAS Innovate Day2):Here ※参加登録時、ハッカソン参加希望をチェックください。 SAS Hackathon:Here SAS Viya Workbench:Here チーム SHIONOGI ? 今回SAS Hackathon Boot Campへ参加したのは、データサイエンス部の4名です。 参加された4名は、医薬品の有効性・安全性を確かめる臨床開発をはじめ、医薬品の研究~販売のすべてのバリューチェーンにおいて、データサイエンスの側面から業務プロセスの改革へ取り組まれています。 塩野義製薬様エントリーの背景 日頃から仮説(臨床試験/ビジネス)に対しデータサイエンスを使い向き合っていますが、3時間という限られた時間の中で普段扱わない業界・テーマへ向き合うことは、我々の実力試しが出来るいい機会と考えていました。 日々様々な業務テーマ/データと向き合い、高度なデータ活用へ取り組まれている皆さんにとって、Hackathon Boot Campはそれらの総合力と向き合う機会だったと言えます。

Analytics | Artificial Intelligence
Dan Childers 0
Time for government agencies to embed data and AI into environmental compliance

Government employees charged with monitoring environmental compliance face a downpour of information, wading through countless reports and stacks of paperwork to accomplish their mission. To help these dedicated public servants increase productivity, agencies should consider a broader set of tools to control pollution, enforce regulations and improve compliance. Although foundational

Analytics | Artificial Intelligence | Data Management
Hyeshin Hwang 0
생성형 AI에 대한 준비, 얼마나 되었을까요?

생성형 AI는 우리의 업무 환경과 사회를 변화시키고 있습니다. 사람과 기술이 상호작용할 새로운 방법을 제시하며 상상을 능가하는 속도로 영향을 끼치고 있죠. 최근 실시한 조사 결과는 생성형 AI에 대한 흥미로운 시각을 제시하고 있는데요, 기업 의사결정자들이 체감하는 생성형 AI의 해결 과제와 기회를 동시에 확인하실 수 있습니다. 대다수의 응답자는 GenAI를 통해 직원 만족도가 향상되었고(82%),

Analytics
0
ツツジのように統計学が広まってほしい

桜が散ったと思うと、いつの間にかツツジの季節がやってきた。ツツジは、4月中旬から5月中旬にかけて咲く、日本で最も親しまれている植物の一つであり、桜の散る頃から北海道から沖縄まで全国各地の様々な場所で楽しめる花でもある。歴史的には、徳川家のツツジ好きもあって江戸幕府が植栽に力を入れ、大名たちの間で庭園づくりブームが起きたとか。 さて、統計学のコースだが、多くの良質な書籍やコンテンツがあり、感心するものも多いが、しかし、入門としては物足りなさを否めない。特に、「社会人のための・・・」をうたったコースにおいては、統計学を長年体系的に勉強した者として、大学(統計学部)の授業のようなものが多く一般人にはレベルが高い印象を受ける。また、日本独自の事情やニーズに合った教材が必要ではないかと思う。 前述したツツジのように統計学が日本中に広まってほしい、データリテラシーの底上げに貢献したいという気持ちから、「統計学入門」コースを新設した。このコースは、統計の勉強をしたことがない社会人向けに分かりやすく統計の基礎を解説し、かつ実務へのつながりを意識した質問、例を盛り込むことで、統計学の概念の定着につながるように構成している。実務に統計学がどのように活用されているのかなどをより意識したコース内容となっている。また、本コースはSAS製品を使用していない方でも受講可能である。この機会にぜひ受講を検討いただきたい。 2024年5月初旬 相吉

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence
André Novo 0
IA e analytics no setor público: uma jornada em evolução

Quando analisamos a adoção e evolução tecnológica no setor público nos últimos anos, é seguro dizer que os avanços foram exponenciais. Neste sentido, é inegável que existe um mundo antes e depois da pandemia de Covid-19. A necessidade de atendimento das demandas dos cidadãos em um contexto de distanciamento físico

Analytics | Risk Management
Luis Barrientos 0
Escasez de agua en México un desafío empresarial y financiero para los próximos 6 años: SAS

Ignorar los criterios ESG podría suponer un riesgo a largo plazo para el financiamiento de las empresas. Las decisiones medioambientales inadecuadas tomadas durante las últimas décadas han acelerado el cambio climático, lo cual ha traído consigo diversos problemas para la sociedad, entre ellas la crisis hídrica que se vive en

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | Data Management | Data Visualization
Amaya Cerezo 0
Construyendo el ‘Máster Data Scientist’: el jedi de los datos al servicio de la estrategia

En los últimos años, la ciencia de datos ha experimentado un crecimiento exponencial y se ha convertido en un pilar fundamental para las estrategias de las organizaciones en todas las industrias. Sin embargo, para los data scientist experimentados, el panorama del dato se encuentra  en un proceso de cambio constante.

Analytics
0
春になると回帰分析を思いだす

春になった。桜の開花時期が気になるが、今年の開花(※)は平年より少し遅かったそう。気温が上がると通常よりも早く咲くことがあるそうだが今年はそうはいかなかった。 桜の開花は主に気温が関わっており、簡単に予想できる方法がある。400度の法則といい、2月1日以降の日々の平均気温を合計して400度を超えると開花する、という代物。600度の法則というものもある。こちらは、平均気温ではなく、最高気温を合計したものだ。 いずれの法則も桜の花芽は秋から冬にかけて「休眠」状態に入り、真冬の寒さで目覚める「休眠打破」を2月1日とし、1日以降の気温の積み上げたものである。この法則が今年は当たらず、公式な開花日は予想より1週間くらい遅れての3月29日だったがとくに700度を超えた時であった。暖冬の影響で休眠スイッチがうまく作動しなかったからという説がある。異常気温の影響もあるだろうし、まさに異常値だった。 実は、上記のシンプルな指標以外に、桜の開花予測には回帰分析というデータ分析の手法が利用されている。気温、降水量、日照量などの気象データで統計モデルを構築して開花日を予測する。この手法は、例えば、一般的にはマーケティングの販売促進やロイヤルティ向上、金融業界では信用取引のスコアリングや不正検出に、医薬業界では疾病リスクや治療効果予測などに広く利用されている。具体的な紹介は、ぜひとも別の機会にしたい。 機械学習やAIばかり注目を浴びている中、その基盤となるものは回帰分析のようなデータ分析の手法であることに忘れてはいけない。5~6月には回帰分析をテーマにしたトレーニングコースが多く開催されるが(SAS Training | スケジュール)、春になったし新たなチャレンジの始まりと、ぜひ受講して新しいスキルを身につけて頂きたいところ。 ところで桜は、実に種類が多く、日本だけでも600種以上が分布しており、色もよく見かける白やピンク色だけでなく緑色もあるそう。とりわけ、日本でよく見かける桜を時間軸でいうと、河津桜、染井吉野、枝垂れ桜、八重桜、冬桜といったところ。うちの近所でピンク色で輝いていたカワズザクラはとくに散ってしまい、染井吉野と八重桜が満開の日を迎えている。 ※桜の開花日とは、標本木で5~6輪以上の花が開いた最初の日をいい、観測対象は主に染井吉野を対象としている(気象庁 | 生物季節観測の情報)。 2024年4月初 相吉

Analytics | Data for Good | Innovation
Olivia Ojeda 0
5 smart cities at the intersection of sustainability and technology

Urbanization is rapidly accelerating, allowing communities to grow with more access to services and technological advancements. However, this quick change in growth can present challenges as well, such as pollution and lack of infrastructure. Smart cities can support urbanization by offering innovative solutions with artificial intelligence (AI), the Internet of

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | Fraud & Security Intelligence | Machine Learning
Ricardo Saponara 0
A sintonia entre prevenção de fraudes e experiência do cliente

A relação entre a prevenção de fraudes e a experiência do cliente é indiscutivelmente estreita no mundo financeiro moderno. A análise de tendências atuais revela a importância da preservação dos dados como um fator crucial para organizações, impactando a confiança que clientes tem em empresas, a retenção deles - e,

1 2 3 142

Back to Top