Analytics

Find out how analytics, from data mining to cognitive computing, is changing the way we do business

Advanced Analytics | Analytics | Data Management | Learn SAS | Programming Tips | Students & Educators
0
SASのIn-Database機能のご紹介

1. はじめに 前回投稿しました「SAS/ACCESSのご紹介とSnowflakeとの連携デモ」はご覧になったでしょうか。SASと外部のデータストレージサービスを連携する「SAS/ACCESS」のご紹介と、実際に「Snowflake」というサービスに連携してみました。今回は、その続きとして、10年以上前からビッグデータ・アナリティクスの基本アーキテクチャである、In-Database機能の代表的な機能である、SQLパススルーという機能をご説明し、デモを準備しました。 2. SQLパススルーについて SAS/ACCESS がインストールされている場合、SQLパススルーを使用してデータストレージサービスにクエリできます。接続方法に応じてSQLパススルーは、「暗黙的パススルー」と「明示的パススルー」に分けることができます。 暗黙的パススルーの価値は、作成したSASコードが自動的にデータストレージサービスが処理できるSQLに変換され、そのSQLをデータストレージサービス側に与えることにあります。ですので、SASで実行されたSQLやSASプロシジャに指定されたWHERE句など、可能な限りデータストレージサービス側で処理を行い、結果だけをSAS側に転送することが可能です。一方、明示的パススルーの場合には、DB依存のSQLを明示的に記述することできます。暗黙的パススルーと明示的パススルーについてまとめた表を下に記載していますので、ご覧ください。今回は、暗黙的パススルーについて詳しくご紹介したいと思います。   ▲SAS CommunityでSQL Pass throughについて質問するユーザー 暗黙的パススルーを使用する方が良いか、明示的パススルーを使用するのが良いのか気になるかと思います。実はこのトピックは、SAS Communityでもよく見られ、SAS/ ACCESSを使用している全世界のユーザーにとっても気になる質問です。どちらを使用するかは、どこに基準を置くか、また、SASとデータストレージサービスの環境のスペックによって異なると思います。ですので、皆さんもこのような疑問が生じた場合は、SASに相談してみてはいかがでしょうか。   3. 暗黙的パススルーのデモ 3-1. データの紹介とデモの概要 今回のデモのために、「pets」と「owners」という名前で2つのテーブルをデータストレージサービス(今回は、Snowflake)側に事前に保存しておきました。 「pets」テーブルには、3つのカラムがあります。 Id: ペット固有のid Name: ペットの名前 Type: ペットの種類(犬、猫、その他) Id Name Type 1 オオビ 犬 2 ローザ 猫 3 ワンチャン その他 … … …   もう1つのテーブル「owners」にも3つのカラムがあります。 Id: オーナー固有のid Name: オーナーの名前

Analytics | Data for Good | Students & Educators
Jen Sabourin 0
Beware of data shared via social media - get the facts

Editor's note: This blog post is part of a series of posts, originally published here by our partner News Literacy Project, exploring the role of data in understanding our world. Like infographics, social media and other forms of user-generated content pose unique challenges regarding data. Many news outlets and journalists have checks and balances

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | Data Management | Data Visualization
Charlie Chase 0
SAS and C.H. Robinson are rewriting the rules of transportation planning and management

What if you had a technology solution that creates a real-time link between the customer demand signal and what's happening on the ground? What if plans that are being steered centrally could  finally be connected to every shipping lane, while simultaneously, creating cost saving carrier adjustments? The first-of-its kind integration

Analytics
0
2021년 주목해야 할 데이터 분석 8대 키워드

지난해는 전례없는 코로나19 대유행으로 전 세계의 각국 정부 및 기업은 코로나19로 인한 위기를 극복하고자 디지털 트랜스포메이션을 통한 혁신을 가속화한 한 해였습니다. 불확실성 속에 찾아온 2021년, SAS의 여러 전문가들은 2021년 데이터 분석 트렌드를 인공지능(AI), 클라우드, 백신 등의 키워드를 통해 전망했습니다. 2021년 주목해야 할 데이터 분석 8가지 트렌드를 소개합니다. 기업의 임원들이 AI를

Analytics
0
SAS, Boemska 인수 및 새로운 CTO 임명

SAS가 클라우드 시장 및 타사 애플리케이션 등에 AI 접목을 촉진하기 위해 로우코드/노코드 애플리케이션 배포 및 분석 워크로드 관리 전문 영국 비상장 회사 보엠스카(Boemska)사를 인수했습니다. SAS는 이번 인수로 획득한 기술을 SAS Viya에 적용해 고객의 클라우드 분석 관련 비용을 절감하고, 모델을 모바일 및 엔터프라이즈 앱 등에 이식할 수 있게 될 예정입니다. 이를

Analytics
Ketil Kristensen 0
How do you adapt your insurance pricing strategy in the face of increased price competition?

Many countries in Europe have in previous years experienced increased price competition for general insurance products. Especially in Southern Europe, the competition has been very fierce, fueled by online price comparison websites. In Spain, Portugal and Greece, there has been a substantial drop in average premiums for products like motor,

Analytics
Mike Gilliland 0
Preview of Foresight (Winter 2021)

Through the M4 and M5 competitions, we've seen the promising performance of machine learning approaches in generating forecasts. The SAS whitepaper "Assisted Demand Planning Using Machine Learning for CPG and Retail" describes a role for ML in augmenting the demand planning by guiding the review and override of statistical forecasts.

Analytics | Artificial Intelligence
Sylvie Faucillon 0
Transformation digitale dans l’industrie pharmaceutique : les clés d’une accélération réussie.

Jamais l’industrie pharmaceutique et le secteur de la santé n’ont été l’objet d’autant d’attention de la part des professionnels certes, mais aussi des médias, des non-professionnels, malades ou non malades, internautes. Le monde entier à les yeux rivés sur chaque post, publication, innovation, news, fakes news. De la façon de

Analytics | Artificial Intelligence
Tunay Gunes 0
Uydu Verileri ve Yapay Zeka

Yazarlar: Kağan Şen & Tunay Güneş Teknolojinin gün geçtikçe ilerlemesi ile birlikte, uyduların kullanımı ileri teknoloji gerektiren alanlardan daha günlük alanlara doğru ilerlemeye başlamıştır. İlk başlarda haberleşme ve astronomi uyduları bu alanda daha çok kullanılırken, günümüzde meteoroloji uyduları, keşif (casus) uydular, seyir (navigasyon) uyduları, gözlem uyduları oldukça yaygın kullanılmaya başlanmıştır.

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence
Kagan Sen 0
2021 yılında veri analitiğine yön verecek 10 trend

Herkes için analitik Analitik platformlarının gelişmesiyle beraber veri analizi ve ileri analitik tekniklerini kullanmak için kod yazma ihtiyacının azaldığını görüyoruz. İleri analitik tekniklerinin yolculuğu, algoritmaları programlama zorunluluğuyla başladı. Bu yolculuk, kütüphaneleştirilen algoritmalarla devam etti ve sadece bu kütüphanelerdeki fonksiyonları kullanarak algoritmaları kendimizin yazma ihtiyacının ortadan kalktığı bir yolda ilerledi. Şu

Analytics | Risk Management
0
코로나 시대, 은행의 리스크 관리

코로나19가 광범위하게 확산되면서 생산활동 중단, 소비 감소, 교역 감소 등 세계 경제에 심각한 타격이 이어지고 있습니다. 이 충격파를 최대한 완화하기 위해 각국 정부는 다양한 재정적 지원을 투입하고 있습니다. 그럼에도 대부분의 기업과 개인은 코로나19로 경제적 어려움을 겪고 있으며, 이로 인해 은행에서는 다음과 같은 과제에 직면하고 있습니다. 여신관리 코로나19의 영향을 가장 크고

Analytics
0
[셀프서비스 분석 #2] 오늘 배워서 내일부터 실무에 적용하는 비즈니스 인텔리전스

지난 글에서는 기존 데이터 분석의 한계와 현업 사용자가 데이터 분석을 해야 하는 이유, 그리고 시티즌 데이터 사이언티스트가 되기 위한 조건을 알아봤습니다. 그렇다면 프로그래밍 기술이나 전문적인 분석 기술에는 능숙하지 않은 현업 사용자가 어떻게 데이터를 분석할 수 있을까요? 전문가 영역이었던 데이터 분석이 일반 현업 사용자로 확대되는 여러 움직임은 오래전부터 있었습니다. 그 가운데

Analytics | Data Visualization
0
[셀프서비스 분석 #1] 시티즌 데이터 사이언티스트의 조건

지금처럼 빠르게 변화하는 비즈니스 환경에서 지속적인 성장을 이루기 위해서는 경영진과 분석가, 현업 사용자 등 기업 구성원 모두가 필요한 인사이트를 제때 확보하고, 이를 기반으로 최상의 결정을 내리고, 필요한 조치를 취할 수 있어야 합니다. 누구나 쉽게 데이터를 들여다보고, 탐색하고, 이해하고, 분석할 수 있는 단일화되고 통합된 분석 환경이 필요한 이유입니다. 본 기고문에서는 시티즌

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | Data for Good | Machine Learning | SAS Events | Students & Educators | Work & Life at SAS
CTOからのあなたへの招待状~#HackinSASを開催

CTOからのあなたへの招待状 ~リアルワールドのためのグローバルデータサイエンス・ハッカソンイベントを開催~ 世界中のどこかにいる有志のあなたへ 従来からSASをご愛顧頂いている皆様、そして、これから新たに出会う皆様、こちらはSAS Instituteでございます。今回は、非常にInspired+Greatなニュースをお届けさせていただきます。 それは、SASがグローバルでHackinSASというデータサイエンス・ハッカソンイベントを開催するということです! 今回のイベントでは、グローバルで参加者を募集しています。もちろん、従来のSASユーザのみならず、開発者やオープンソースユーザ、学生の方々、Startup企業の方々、またはテクニカルパートナーの方々、誰でも参加可能なイベントです。また、今回イベントの主旨としては、皆様の周りにあるデータを用いて、そのデータから有用な情報を得て、リアルワールドのビジネス課題・社会問題を解決するためのソリューションや、よりクリエイティブなデータの使い道を発見することを目指しています。詳細は後述するイベント詳細情報をご参照ください。 SASは長年、データから有用な情報を得て、その情報をリアルワールドの社会問題・環境問題、そしてビジネス課題解決に貢献できる製品やソリューション、そしてサービスを開発し、そのナレッジを貯蓄してきました。また、たくさんのユーザの方々との関わり合いの中で得られた情報などもとても有益なものでした。ハッカソンイベントはまさに、そのような様々なナレッジや発想を持っている皆様に切磋琢磨できる舞台を提供しています。 まずSASのエグゼクティブ・バイス・プレジデント兼最高執行責任者兼最高技術責任者のOliver Schabenbergerからのメッセージをご覧ください。 クリック! では、イベント詳細情報は下記となります。  1.開催スケジュール ハッカソン全期間スケジュール 2020年12月17日-2021年2月15日 チームとテーマの登録期間。 この期間中に、あなたのチームを結成しましょう。そして、課題を定義し、サマリをご提出ください。 2021年1月―2月 リソース確保期間。 この期間中に、ハッカソンをするための無料イネーブルメントリソースを活用して、優位に立ちましょう。 2021年3月 ハッカソン正式開始期間。 この期間中に、あなたとチームメンバーの創造性を輝かせる時がきます。データとSASを使って課題を解決しましょう。 2021年4月 最終ラウンド期間。 最終ラウンドに参加できるチームが選定され、SAS Vector Labsチーム(SAS Innovation Hub)に紹介され、更なる課題解決のためのアプリケーション開発を行うことが可能です。 Virtual SAS® Global Forum 2021(2021年春に開催予定) 2021年のSAS Global Forumで優勝者の結果が公開されます!   事前ライブキックオフミーティング 2021年1月13日13:00 – 14:00オンラインで開催 開催概要: SASのエグゼクティブ・バイス・プレジデント兼最高執行責任者兼最高技術責任者のOliver Schabenbergerが、この他に類を見ないグローバルハッカソンとは何か、そしてビジネスの課題解決や社会貢献のためにアナリティクス、AI、オープンソースをどのように創造的な方法で活用できるのかについてお話します。 ハッカソンズ・インターナショナルのCEOであるAngela Bee ChanとSASのプロダクト・マーケティング・マネージャーであるMarinela Profiの魅力的な対談が行われます。彼らはこのハッカソンの中でできるコラボレーションと、HackinSASが単なる競争以上の価値あるものであるかをお話します。

Analytics
0
痒い所に手が届く、SAS Studioカスタムタスクは分析作業の救世主! ~SAS Studio上で独自のデータ加工&分析タスクを活用~

SAS Studio Taskの紹介  仕事の中で、このような状況に遭遇したことはないでしょうか?普段Enterprise Guide或いはSAS Studioを利用している分析チームの中には、コーディングユーザとSAS言語ができないGUIユーザがいます。ある分析プロジェクトにおいて、特定のモデルを活用する場合に、そのモデルはSASコードを書くことで利用することはできますが、EGのGUI操作やSAS Studio のTaskだけでは活用することができません。この場合に、GUIユーザがコーディングユーザと同じような分析を行うためには、コーディングユーザが作ったSASコードを利用し、入出力情報やパラメータなどを修正した上で使用することになります。しかし、このようなやり方では、たとえば、修正を間違えることによって、エラーを起こし、コードを書いた人に助けてもらわないといけないことも時々発生していました。  この状況に置いて、SAS言語ができないユーザでも、コードを書かずにGUI上の簡単なマウス操作で実施できるような便利な機能をご紹介します。  SAS Studioには、SAS Studioカスタムタスクという機能が組み込まれています。必要な機能が既存のタスクとして用意されていなくても、プロシジャーがあれば自らタスクを簡単に作成できるインターフェースです。XML形式で必要な入出力箇所やオプションを定義することによって、GUI画面を持つタスクが簡単に作れます。そのタスクをSAS Studio上では勿論、SAS Enterprise Guide上でも使うことができます。非常に便利な機能です。この便利なSAS Studioカスタムタスクには以下のような特徴があります。 ・タスクを作る際にはSAS以外のプログラミング知識は必要ありません。 ・SAS Studioで作る場合は、XMLを書きながら、作成途中のGUIの画面を常に確認できます。 ・タスクを使う人は簡単なマウス操作で利用可能です ・そして、SAS StudioとEnterprise Guide両方での利用が可能です。 ・XMLベースなのでタスクの修正は簡単です。 ・テキストボックス、チェックボックスなど多様なコントロールを定義可能です。 SAS Studio Taskの作り方  今回は混合正規モデルを例にSAS Studio Taskの作成方法を紹介します。SAS Studio Taskを作るには二つの方法があります。  一つ目は新規で一からタスクを作成する方法です。  二つ目は既存のタスクをテンプレートとして使い、内容を修正しながらタスクを作る方法です。  今回の記事は一つ目の方法をメインとして紹介しますが、記事の最後に二つ目の方法に関しても簡単に紹介します。作成ツール(XMLエディタ)としては、SAS Studioや任意のエディターのいずれかを使用しても構いませんが、この記事では最新のSAS Studio 5.2を使用しています。操作方法などは使っているSAS Studioのバージョンによって変わる場合はありますが、定義の書き方に相違はありません。  SAS Studioを開いて、メニューから新規作成をクリックし、タスクと選択します。そして下の図のようなタスクテンプレートの画面が表示され、この画面内でSAS Studio Taskの定義を行います。まずSAS Studio Taskの定義の構造を紹介します。  最初の2行はシステムにより生成されたタスクのエンコーディングとスキーマバージョンの定義です。この部分を修正する必要はありません。 <?xml version="1.0" encoding="UTF-16"?> <Task schemaVersion="7.2">

1 2 3 4 108

Back to Top