Analytics

Find out how analytics, from data mining to cognitive computing, is changing the way we do business

Analytics
Lee Ann Dietz 0
Earth Day 2022 – an interview with SAS specialists about analytics and climate resilience

Leaders from businesses and governments across the world continue to show progress on a range of critical environmental topics, addressing climate resilience and taking actions to ensure a more sustainable and thriving planet. Advancements and innovations continue to open new avenues for environmental leadership – and the use of data

Advanced Analytics | Analytics | Data for Good
Josh Morgan 0
Empowering improved Medicaid policy using whole person analytics

Before I started with SAS, I worked at the San Bernardino County Department of Behavioral Health. Among many other projects, our analytics work included integrating data from multiple county departments and risk stratifying citizens in the greatest need of public services.   This led to our 1115 Whole Person Care (WPC) waiver

Advanced Analytics | Analytics | Students & Educators
Alina Luchian 0
UBB FSEGA's inspiring vision for its role in Romania’s developing economy

Babeș-Bolyai University (UBB) is the largest and highest-ranked university in Romania. Its Faculty of Economics and Business Administration (FSEGA) is the largest faculty at any university in Romania. It is also the highest-ranked institution in the country for management and business and top-ranked for economics. The faculty was founded as

Analytics | Learn SAS
Rick Wicklin 0
The McNemar test in SAS

What is McNemar's test? How do you run the McNemar test in SAS? Why might other statistical software report a value for McNemar's test that is different from the SAS value? SAS supports an exact version of the McNemar test, but when should you use it? This article answers these

Analytics | Artificial Intelligence | Data for Good | Internet of Things
Emily Johnson 0
Protecting the planet: 7 ways analytics supports sustainability

Analytics are vital to a safer future. As a renowned sustainability leader, SAS is committed to making a positive impact for our customers, employees, and the planet. Climate change is more important than ever, and the explosion of big data is essential to navigating this crisis. Learn how analytics is

Analytics
Rick Wicklin 0
Pascal matrices and inverses

Some matrices are so special that they have names. The identity matrix is the most famous, but many are named after a researcher who studied them such as the Hadamard, Hilbert, Sylvester, Toeplitz, and Vandermonde matrices. This article is about the Pascal matrix, which is formed by using elements from

Analytics | Internet of Things
0
製造業DXにおけるITとOTとの融合 (2) - 生産ラインにおけるAIを用いた状態監視の種類

医者の診断に例えて学ぶ AIを用いたセンサデータ分析システムに関するよくある誤解について 製造業で盛んに導入されているセンサ。 そのセンサデータを分析してビジネスインパクトのある結果を出すには、どのようにしたら良いのでしょうか? データ分析を成功させるためには、様々な要素が考えられますが、ここではセンサデータの質に注目したいと思います。いくら高度なデータ分析手法を用いても、分析対象のセンサデータが正しく取得できていない場合は、結果が出ないことは容易に想像できますが、あまり議論されることはありません。 これは、センサ計測とデータ分析の両方を視野に入れた幅広いノウハウが必要となり、Information Technology (IT) と Operational Technology (OT)との融合という課題に行き着くためです。 本ブログでは、このマニアックな話題を、医者の診断に例えながら、わかりやすく解説していきます。 はい、今回は、「生産ラインにおけるAIを用いた状態監視の種類」について解説します。 図1に示した通り、種類としては4つに大別されます。 どれを実現したいのかで、取得すべきセンサデータの種類や、データ分析システムの構築難易度が変わってきます。 読者の皆様は、どれを実現したいとお考えでしょうか? 図1.生産ラインにおけるAIを用いた状態監視の種類は4つある 1つ目が異常検知です  これは生産品の品質異常や生産ラインの設備機械の異常を捉えるものであり、学術的には「教師なし学習」と呼ばれる手法を用います。この場合、異常時のデータを予め用意する必要がないため、不具合データの取得が困難な製造業の現場において有効となります。例えば、正常時の各種センサデータを基準とし、どれだけ正常状態から離れたかで、異常を検出する方法です。 2つ目は原因診断です これは異常発生後に、何が原因なのか特定するものであり、学術的には「教師あり学習」と呼ばれる手法を用います。この場合、異常時のデータを予め用意しておく必要があります。 原因診断が必要とされる理由としては、対処方法の検討をつけるためです。 製造装置であれば、点検箇所や分解すべき箇所を特定することにより、分解コストや部品交換コストを抑えることができます。 これは大型機械の場合、特に重要であり、この原因診断は「精密診断」とも呼ばれ、まさに職人技が要求される分野です。 3つ目が品質/寿命予測です これは各種データから、生産品の品質を予測したり、稼働中の設備や部品が、あとどれくらい使用できるか日数を予測するものです。 例えば、生産品の品質予測が可能になると、抜き取り検査の精度が向上し、ランダムにサンプル取得をするのではなく、品質上懸念がありそうなものをサンプルして効率良く評価できるようになります。 また、設備や部品の寿命予測が可能になれば、高額な部品をできるだけ長く使用することができますし、メンテナンス日程を戦略的に決めることも可能になります。 4つ目がパラメータ最適化です これは、期待した品質で生産するためには、どのような製造環境や材料構成が必要なのか、また、どのように製造装置を制御したらよいのか決定することができます。 図1に示したデータ活用の流れは、人間の健康診断と全く同じであり、1番から4番まで順番に実施する必要があり、飛び越えることはできません。 医療に例えますと、1番の「異常検知」は、正常時との変化を検出するものであり、いわば定期健康診断に相当するものです。 2番の「原因診断」は、定期健康診断で早期発見された異常を、さらに掘り下げて精密検査を行うものです。 3番の「品質/寿命予測」に関しては、医学でも同様であるが、これまでの長年にわたるデータが揃うことにより、治癒率予測が可能になります。 4番の「パラメータ最適化」は、健康で過ごすための予防方法だと言えます(図2)。そして、豊かな人生を過ごすために、どなたも4番の予防までを期待されておられると思います。 図2. 医療診断の流れと、生産ラインにおける品質管理/設備状態監視の流れはよく似ている 生産ラインでも同様です。最後の4番まで実現できれば、ビジネス上の費用対効果(ROI)は最大となります。 それには、分析に必要な各種データを準備する必要があり、その質も重要になります。 しかしながら現実問題として、いきなり4番から実現することはできないため、4番のパラメータ最適化の実現をゴールとしながら、1番から順番に実現していく必要があることを御理解ください。また、医学でも同様のことがいえるかと思いますが、生産ラインにおける状態監視対象物によっては、1番の異常検知が技術的な限界となり、2番以降に進めない場合もあります。 この見極めも重要となってきますが、この点は本ブログのテーマとして別途取り扱いたいと思います。 次回に続く

Analytics | Data for Good | Data Management
Josh Morgan 0
LA County's Whole Person Care analytics program offers crucial flexibility  

When Los Angeles County invested in Whole Person Care (WPC) it could not have known just how important the system’s flexibility would be. Anyone who has had an interface with health care delivery, policy, oversight and management know things change quickly. As data becomes a priority, expectations of the use

Advanced Analytics | Analytics
José Mutis O. 0
¿Cómo un país como Colombia está aumentando su analítica empresarial? ¿De qué manera se puede aumentar más?

El aprovechamiento de los datos se ha convertido en un elemento diferencial y cada vez más importante para la gestión y el liderazgo empresarial. Cada vez más líderes en todo el mundo recurren a los datos para proyectar sus crecimientos, decidir ampliaciones o recortes en inversiones y equipos de trabajo

Advanced Analytics | Analytics | Data for Good
Briana Ullman 0
Visualizing job opportunities for military veterans using SAS Viya

During a SAS Hackathon, Zencos set out to help veterans reintegrate into a rapidly changing job market and discover potential career paths. Life after the military can be challenging, especially when it comes to finding meaningful employment that utilizes a returning service member’s unique knowledge and skills. Veterans must navigate the

Analytics | Risk Management
Renato Fiorini 0
5 pautas para mejorar la gestión de riesgos empresariales en medio de la volatilidad

Los riesgos empresariales son inevitables, pero gestionables. Por más controlada que un líder pueda tener la operación de su empresa o por más planeadas que tenga sus proyecciones y crecimientos, siempre estará expuesto a diferentes riesgos. Y también a soluciones. Desaceleración económica, interrupción del negocio, escasez de materiales, precio de

Analytics | Data for Good | Students & Educators
0
あなた自身の「好奇心」に耳を傾けよう

Curiosity Forever SASは約束します。データの探索や、アナリティクスそして学習、これらの進化を止めません。好奇心と能力が出会う時、世界は前進するからです。 SASは、”Curiosity=好奇心”から生まれるユニークで大胆な問いに対して、アナリティクスを用いて解を探すことを大切にしています。これまでにも自然やウェルネス・教育・スポーツなど多岐にわたる分野の好奇心溢れる問いに取り組んでいます。そしてこのCuriosity Foreverを、現代の子どもたちが体験できる環境を築くことが、私たちの未来を豊かにすると考えられます。 データネイティブの世代を育てる準備ができていますか? 1990年代半ばから2000年代前半に生まれたZ世代は、これまでで最も多様性に富み、最も教育水準の高い世代であり、社会変革の原動力として位置づけられています。2014年、Monica Rogati氏は データネイティブという言葉を作り、「データネイティブは、自分たちの世界がスマートで、自分たちの好みや習慣に一貫して適応することを期待している」と述べました。データネイティブの子どもたちは読書量、成績、スクリーンの使用時間などを記録するようになります。スマートで、プログラム可能で、データが豊富な世界で育ちながら、彼らは毎日データに浸かっていると言えるでしょう。 Z世代が社会で活躍する時代の到来とともにテクノロジーも進化し、私たちは膨大なデータを持つことになります。データはこれまで学術研究や政府の政策など、社会の一部に限定されたツールでしたが、今や主流になりつつあり、専門家だけでなく全ての人がデータリテラシーを身につけることが不可欠です。 若者がデータリテラシーへの関心を高める鍵は、生徒が関心を持つ問題にデータリテラシーを結びつけることにあります。これまでの学校教育におけるデータは、数学などの科目でデータの基礎として扱われることが多いです。しかしデータの活用が出来る分野には、社会的不公正との戦い、環境保護、飢餓との戦いなど世の中の実際に起こっていること・子どもたちにも身近なことに広がっていて、それらを通じて若者の生来の情熱に訴えかけることができます。また、データがどのように責任を持って使われ、進歩やイノベーションを促進するのか、子どもたちに伝えましょう。それと同じくらい重要なのは、データサイエンスの分野に自分たちが反映されていることを確認することです。この分野への参加を広げ、多様性を高めることは、社会的格差の縮小に取り組む上で最も重要なことです。 わたしたちはデータに慣れ親しむZ世代の探究心や情熱とともに、私たちは創造性と革新性を育む環境を育み、社会全体をよりよい方向に進めていく必要があります。 ※このセクションはAre we prepared to raise a generation of data native?の内容を要約しています。詳細はこちらをご参照ください。 Curiosity: 東京は暑い! 筆者もZ世代の学生として、好奇心からアナリティクスにつながるちょっとした体験をしました。 上京してきた際に「東京って思ったよりも暑いんだ」と感じてから、都市部の暑さに興味を持ちました。近年、夏に注意を促される熱中症。毎年患者数が増加しており、日本全体で暑さに関する対策として緑のカーテンなど緑化を行っています。しかし、その緑化はどれくらい効果があるかピンとこない気がしていました。そこで今回は仮説として、「緑地率が高い区ほど熱中症患者数が少ない」を立てたので、東京都23区の緑地率と熱中症患者数にどのような関係があるかについて確かめたいと思います。 上図は、年次ごとに東京都23区の100万人当たりの熱中症患者数と緑地率(AVNIR-2の光学センサの衛星データより緑地を抽出して求めた割合)の相関を確かめるために作成した散布図です。 散布図から、6年分全体でみて緑地が増えると熱中症患者が減るという傾向は読み取れませんでした。相関係数0.4と正の方向に相関が少し出ていますが、年次で色分けした部分で縦軸方向に層ができているように見えるので、相関係数のみで判断するのは難しいと考えました。また区ごとに時系列で比較したとき、たった6年で緑被率に大幅な差がありました。これは私が取得できた衛星データに雲がかぶっているなどの原因で、緑地率のデータが正確でないためである可能性もあります。 今回の観察期間で熱中症患者数は年々増加しており、機会があれば、緑地率以外に考えられる要因を集めて影響度を確かめてみたいと思いました。 このように日常生活でふと気づいた疑問を積極的に考えて、実際はどうなんだろうか、何か出来ることはないかとアナリティクスを用いる動きは、学生の好奇心を刺激しデータ活用の第一歩となります。学生の皆さん、いま浮かんだ疑問をデータを使って深掘りしてみませんか? What are you curious about?

Advanced Analytics | Analytics | Data Visualization
Noura Ayache 0
Prise de décision partagée et transformation personnelle sur le parcours de la Business Value de l'analytique

On s'accorde de plus en plus à dire que presque toutes les entreprises devront recourir davantage à l'analyse. L'utilisation des données n'est plus un luxe, mais une méthode de travail essentielle. C'est un facteur d'efficience, d'efficacité et de centrage sur le client. Pour ceux d'entre nous qui travaillent dans le

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | Fraud & Security Intelligence
Andreas Kitsios 0
Does Romania need to boost its anti-money laundering toolbox?

Traditionally, banks have been seen as the front line in anti-money laundering activity. They have increasingly been subject to regulatory requirements to check customers, transactions and activity. However, as governments have required banks to make fraudulent activity harder, criminals have evolved their tactics. And the financial sector needs to keep

1 2 3 4 5 123

Back to Top