Students & Educators

Discover how SAS is shaping tomorrow’s brightest analytical minds

Students & Educators
Lucy Kosturko 0
Need Weekend Plans? Code with your Kids!

If you're reading this—from your phone, tablet, PC, etc.—you know that technology makes up a huge part of our daily lives. It's ubiquitous and transcends domains. Are you a musician? Fashionista? Artist? Doctor? Lawyer? Historian? Great! They all link to some component of computer science! That means being able to code will enrich your life

Students & Educators
Jen Sabourin 0
So, What Is Computer Science?

  We're kicking off Computer Science Ed Week 2018, and we couldn't be more excited! It’s hard for us to believe, but people outside the field sometimes fail to share that excitement. Again and again we’re asked, "What is computer science?" So we’ve developed an answer that will help transform those puzzled shrugs into nods

Students & Educators
Molly Farrow 0
Celebrate Bridging the Digital Equity Gap

The world’s largest and most comprehensive social studies professional development conference is NCSS. This year's gathering of teaching professionals from across the country offers a perfect opportunity to showcase the latest FREE online social studies lessons from Curriculum Pathways. It offers 600+ free social studies tools and resources, each addressing the enhanced rigor and critical

Students & Educators
データサイエンティストに求められる「本当の役割」とは

最近、SNSなどで「AI開発ミステリー ~そして誰も作らなかった~」という記事が話題になりました。人工知能(AI)を導入しようという企業の最悪の顛末をコミカルに描いたジョーク・ストーリーですが、これを面白がる人が多いというのは、多少なりとも日本のIT業界の現実を反映しているのかもしれません。 このような事態になっているのは、AIに対する過度な期待が原因の一つかもしれません。AIは、機械に任せれば素晴らしいことが起こる魔法ではなく、明確に定義されたタスクを実行するように機械をトレーニングする方法です。人間が行うタスクを機械が代替することになるのですが、人間が活動しているシステムのなかで、どの部分を機械にやらせるかを考え、実装し、運用しなければなりません。これは、これまでSASが実現してきたアナリティクスの延長にほかなりません。 「AIが発達すればデータサイエンティストはいらない」という説もあります。データサイエンティストが機械学習を実装する役割だけを持つのであれば、そうかもしれません。しかし、本当に必要とされる仕事が「人間が活動するシステムの中でのアナリティクスの活用」であるなら、まさにAIが使われる仕組みを考え、実装し、運用できる状態にする人材こそが求められているのではないでしょうか。 今年5月、SAS Forum Japan のなかで開催された「データサイエンティスト・キャリア・トラック」では、アナリティクスを活用する組織のなかでデータサイエンティストがどのように活躍するかについて、企業の方々から学生向けの講演をいただきました。例えば、ITや数理モデルを使いこなせることは初級レベルで、ビジネススキルを身に着けながら、最終的には経営幹部候補となるキャリアパスを提示している組織や、一方で、趣味で培ったスキルをビジネスに生かすデータサイエンティストがいます。このように、データサイエンティストのキャリアは組織・個人によってさまざまですので、多様人材がそれぞれの強みをもって活躍することができそうです。 しかし、どの組織・個人でも共通しているのは「目的志向」である点です。何のためにデータ分析をするのか、それがどのような価値を持つのかを明確にしなければ、課題解決のためのデータ分析はできません。データサイエンティストは単にデータ分析の技術で課題解決するだけでなく、「課題設定」をする役割を持たなければ本当の価値は生み出せないのです。そもためには、さまざまな問題意識を抱える人たちと異業種交流をするなど、幅広い視野が必要となりそうです。 データサイエンティスト協会が示した3つのスキルのうち、「ビジネススキル」については、ときどき「ドメイン知識」(業界や業務についての知識)として紹介されることがあります。しかし、本当に必要なのは、その知識を解決すべき課題に変換する力だと考えます。データサイエンティストを目指す学生が、すべての業界・業務についての知識を得ることは難しいですが、アナリティクスが活用される代表的な業界において、どんな課題がどのようにアナリティクスにより解決されているかを知ることで、応用力を身に着けられるのではないでしょうか。そこで、SAS Japanでは、次のような内容の学生向けセミナー「データサイエンティストのキャリアと活躍のかたち」をシリーズで開催します。 データサイエンティストのキャリア ... 「データサイエンティスト・キャリア・トラック」の講師陣による、それぞれの組織や個人としてのデータサイエンティストのキャリアや活躍のかたちを紹介 ビジネスで活用されるアナリティクス ... データサイエンスやアナリティクスがどのような業界のどんな課題を解決するために活用されているかをSAS社員が紹介 学生によるデータサイエンスの学び ... 学生がどのようにデータサイエンスを学習しているかを学生自身による体験を交えながら紹介 第1回は11月30日(金)に開催します。データサイエンティストを目指す学生の皆様のご参加をお待ちしています。

Analytics | Artificial Intelligence | Students & Educators
Andreas Becks 0
AI and the fear for your job: How an emotional debate can become a factual and constructive discussion

Will AI dramatically accelerate the division of our society into the “elite” and the “worried rest”? For example, will there be highly effective personalized medicine that only very few can afford? Will AI take over the automatable jobs of the middle class, while the highly qualified elite maintains or even

Artificial Intelligence | Customer Intelligence | Students & Educators
Mayra Pedraza 0
Data, models and accountability: AI education for marketers

Developments in artificial intelligence (AI) are expected to change the world of work across the board. We have already witnessed the impact on marketing communication endeavours and strategies. The ripples spreading across the water include ethical issues and questions of accountability. I caught up with Anabel Gutiérrez, Senior Lecturer in

Analytics | SAS Events | Students & Educators
SAS Global Forum 2019 で発表しよう(学生向けプログラムあり)

全世界のSASユーザーが集う年次のイベント SAS Global Forum。 次回は2019年4月28日から5月1日まで、米国テキサス州ダラスで開催予定です。 現在、SAS Global Forum 2019での発表演題を募集しています。 本イベントは、600を超えるセッションでワークショップ、プレゼンテーション、e-ポスター、デモおよび交流プログラムが用意されており、アナリティクス活用についての事例やテクノロジーが多数紹介されます。昨年は5400人もの登録者があり、世界中のデータサイエンティストと情報交換が可能です。(2017年の様子を過去のブログで紹介しています。その1, その2, その3) 学生向けのプログラムも用意されており、多くの大学生・教育関係者が参加します。 Student Ambassador Program ... 「学生大使」として無料でイベントに招待(旅費や宿泊代もサポートされます!) Student Symposium ... 学生がチームで戦うコンテスト。ファイナリストはイベントに招待されます。 Academic Summit ... 学生と教育関係者向けの講演と交流プログラム。昨年、参加した日本の学生によるレポートはこちら。 ビジネスやアカデミアのユーザーが一堂に会するグローバルイベントで、学生が自身の分析・研究・提案を発表することで、ビジネスやアナリティクスの専門家からのフィードバックにより自身のアイデアを深めると同時に、国際的にネットワークを広げることができます。 まずは、10月22日の締切までにアブストラクトを投稿しましょう! SAS Japan アカデミア推進室では、投稿に向けて学生の皆さんをサポートいたします。 興味のお持ちの方は JPNAcademicTeam@sas.com までご連絡ください。

Analytics | Artificial Intelligence | Students & Educators
Andreas Becks 0
KI und die Angst um meinen Job: Wie eine emotionale Debatte zu einer sachlichen und konstruktiven Auseinandersetzung werden kann

Wird KI die Spaltung unserer Gesellschaft in die „Elite“ und den „besorgten, abgehängten Rest“ dramatisch beschleunigen? Zum Beispiel durch hocheffektive personalisierte Medizin, die sich nur wenige leisten können? Oder den Wegfall von automatisierbaren Jobs im Mittelstand, während die hochqualifizierte Elite ihre Machtpositionen beibehält oder gar ausbaut? Oder bietet sich nicht

Students & Educators
Mimi Stapleton 0
Back to School: Spanish

Looking for ways to learn and review Spanish vocabulary for the new school year? Check out our new Spanish Vocabulary Series. Created for beginning-level students, these resources offer visuals and audio support as students enhance their Spanish vocabulary. And don't forget about our popular Spanish Video Library and Quick Tutorials!

Students & Educators
Ada Lopez 0
Back to School: Science

The start of a new school year is a big deal. It’s a time full of excitement, anticipation, and, of course, preparation. With over 300 science resources available at no cost, Curriculum Pathways can save you time and money with our ready to use, standards-based, online lessons. From genetics to

1 2 3 23

Back to Top