Retail

Analytics
Steve Kearney 0
3 ways analytics can improve vaccine distribution and administration

The management of the COVID-19 vaccination program is one of the most complex tasks in modern history.  Even without the added complications of administering the vaccine during a pandemic, the race to vaccinate the populations who need it most all while maintaining the necessary cold-storage protocols, meeting double dose requirements,

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | Data for Good | Machine Learning | SAS Events | Students & Educators | Work & Life at SAS
CTOからのあなたへの招待状~#HackinSASを開催

CTOからのあなたへの招待状 ~リアルワールドのためのグローバルデータサイエンス・ハッカソンイベントを開催~ 世界中のどこかにいる有志のあなたへ 従来からSASをご愛顧頂いている皆様、そして、これから新たに出会う皆様、こちらはSAS Instituteでございます。今回は、非常にInspired+Greatなニュースをお届けさせていただきます。 それは、SASがグローバルでHackinSASというデータサイエンス・ハッカソンイベントを開催するということです! 今回のイベントでは、グローバルで参加者を募集しています。もちろん、従来のSASユーザのみならず、開発者やオープンソースユーザ、学生の方々、Startup企業の方々、またはテクニカルパートナーの方々、誰でも参加可能なイベントです。また、今回イベントの主旨としては、皆様の周りにあるデータを用いて、そのデータから有用な情報を得て、リアルワールドのビジネス課題・社会問題を解決するためのソリューションや、よりクリエイティブなデータの使い道を発見することを目指しています。詳細は後述するイベント詳細情報をご参照ください。 SASは長年、データから有用な情報を得て、その情報をリアルワールドの社会問題・環境問題、そしてビジネス課題解決に貢献できる製品やソリューション、そしてサービスを開発し、そのナレッジを貯蓄してきました。また、たくさんのユーザの方々との関わり合いの中で得られた情報などもとても有益なものでした。ハッカソンイベントはまさに、そのような様々なナレッジや発想を持っている皆様に切磋琢磨できる舞台を提供しています。 まずSASのエグゼクティブ・バイス・プレジデント兼最高執行責任者兼最高技術責任者のOliver Schabenbergerからのメッセージをご覧ください。 クリック! では、イベント詳細情報は下記となります。  1.開催スケジュール ハッカソン全期間スケジュール 2020年12月17日-2021年2月15日 チームとテーマの登録期間。 この期間中に、あなたのチームを結成しましょう。そして、課題を定義し、サマリをご提出ください。 2021年1月―2月 リソース確保期間。 この期間中に、ハッカソンをするための無料イネーブルメントリソースを活用して、優位に立ちましょう。 2021年3月 ハッカソン正式開始期間。 この期間中に、あなたとチームメンバーの創造性を輝かせる時がきます。データとSASを使って課題を解決しましょう。 2021年4月 最終ラウンド期間。 最終ラウンドに参加できるチームが選定され、SAS Vector Labsチーム(SAS Innovation Hub)に紹介され、更なる課題解決のためのアプリケーション開発を行うことが可能です。 Virtual SAS® Global Forum 2021(2021年春に開催予定) 2021年のSAS Global Forumで優勝者の結果が公開されます!   事前ライブキックオフミーティング 2021年1月13日13:00 – 14:00オンラインで開催 開催概要: SASのエグゼクティブ・バイス・プレジデント兼最高執行責任者兼最高技術責任者のOliver Schabenbergerが、この他に類を見ないグローバルハッカソンとは何か、そしてビジネスの課題解決や社会貢献のためにアナリティクス、AI、オープンソースをどのように創造的な方法で活用できるのかについてお話します。 ハッカソンズ・インターナショナルのCEOであるAngela Bee ChanとSASのプロダクト・マーケティング・マネージャーであるMarinela Profiの魅力的な対談が行われます。彼らはこのハッカソンの中でできるコラボレーションと、HackinSASが単なる競争以上の価値あるものであるかをお話します。

Analytics | Artificial Intelligence | Machine Learning
Héctor Cobo 0
Inteligencia artificial en México, un mercado que madura

En algún momento, la inteligencia artificial (IA) y el machine learning (ML) parecían algo complicado y costoso para las empresas. Hoy, su efectividad y ubicuidad les ha abierto la puerta para incorporarlos a distintas actividades productivas. Ya no se cuestiona su relevancia. Actualmente, las organizaciones están conscientes de que el

Analytics | Fraud & Security Intelligence
Jen Dunham 0
Fighting bribery and corruption with supplier integrity

Bribery and corruption continue to plague governments and organizations around the world. Brazil’s Operation Car Wash, the 1MDB scandal in Malaysia, the FIFA bribery case and many others continue to make headlines. The prevalence of widespread, coordinated corruption and bribery is alarming and seems to continue to grow, despite ongoing sanctions and fines meant to deter these

Advanced Analytics | Analytics | Data Visualization | Learn SAS
0
SAS Viyaのワードクラウド分析を用いた消費者の声分析例

01. はじめに 今回のポスティングでは、SAS Viyaの「テキストトピック」という機能を用いたSNSの消費者の声の分析例を紹介したいと思います。分析の手法として「ワードクラウド分析」という方法を使いましたが、こちらについても後ほどお話します。SNS上の書き込みデータを分析することで、ビジネスに役立てられる洞察を得ることができますので、最後まで読んでいただければと思います。   02. 消費者の声分析の一般的な流れ SNS上の消費者の声分析は、一般的に大きく3つの段階に分けることができると思います。そのステップ①は様々なSNSプラットフォームから消費者の声を集める「データ収集」です。ステップ②は、収集したデータを分析する段階です。データ分析の手段はいくつかがありますが、本記事では、「ワードクラウド分析」という手法を用いることにします。最後のステップは、ビジネスメリットに繋げるように分析結果を活用する段階です。分析結果を元により意思決定し、施策を実施する段階です。本記事では、3つの段階の中で2段階目の「データ分析」、具体的には、「ワードクラウドを用いた分析」について説明します。   03. ワードクラウド分析とは? ワードクラウドというのはテキストデータの意味をより直感的に把握するための分析の一つ手法です。 テキストデータを単語に分割し、単語ごとの出現頻度をカウントし、その頻度に応じた大きさでその単語を視覚的に表示してくれます。 つまり、テキストや文章が何に関して語られているのか、そのキーワードを簡単に見つけ出すことができる手法になります。 例えば、SNS上の書き込みをテキストデータ化して分析し、顧客や消費者が今どんな事に興味を持っているのか、どんな不満があるのか、などを把握することができます。 (出典:https://awario.com/) 私はニュースなどのメディアでアメリカのトランプ大統領がどんな単語を何回使ったか、トランプ大統領のツイッターを分析したワードクラウドを見たことがあります。例えば、上のイメージは、2018年から2019年までのトランプ大統領のツイッターでつぶやかれた単語のワードクラウドですが、「border」と「wall」が一番使われた単語ということが一目で分かります。   04. SAS Viyaのワードクラウドの特徴 SAS Viyaのワードクラウドの特徴についてご紹介します。 まず、自動的に分析対象のテキストデータを単語に分割した上で解析します。所謂テキストマイニングと言いますが、その結果として、それぞれの文章がどんな話題(トピック)に関して語っているのかを分析し、トピックごとにキーワードを頻度に応じた大きさで確認することができます。また必要に応じて、気になるトピックやキーワードの元の文章を確認することもできるようになっています。 また、分析の際、冠詞や、助詞、副詞など、意味がない単語は自動で外して分析を行います。 これも、SAS Viyaのワードクラウドの一つの特徴なのですが、例えば、Open Source系のプログラミング言語で分析をすると、英語の 「the」や「a」などは、 分析者自身でなんとかして、取らなければいけないこともありますが、SASでは自動でその作業を行います。 さらに、書き込み内容がネガティブな内容なのか、ポジティブなのか、中立であるか、確認できる機能もあります。この機能は、「センチメント分析」、 日本語では「感情分析」と呼ばれますが、SASではワンクリックで簡単に実行できます。   05. 消費者の声分析例 それでは、SAS Viya の「テキストトピック」という機能を用いた消費者の声分析デモをご紹介いたします。 ▲ 準備したデータについて 日本では最近「天高く馬肥ゆる秋」になったので、季節感が感じられるように「天気」に関したデータを準備しました。また、オーストラリアのシドニーとカナダのバンクーバーのツイッターデータを収集しました。この二つの地域を設定した理由は、現在のシドニーは昼間の平均気温が約20度で、少し暖かいか、涼しい天候ですが、バンクーバーは約5度と少し寒く、対立的な地域を選ぶことで、明確な結果を得たかったからです。(個人的な理由もあり、キャリア管理の上司がSASオーストラリアのシドニーで働いていて、同期の1人はSASカナダのバンクーバーにいるので、毎回オンライン会議で会う2人の季節環境が気になったのです。同期と出会った新入社員研修についての記事はこちら) データの対象期間は、10月15日から10月23日まで、9日間、データの取得の際に使ったキーワードは、「weather」、「today’s weather」、「weekend weather」、「winter」、「summer」という5つのキーワードを使いました。こういった条件で実際にツイッターから集められたデータは、シドニーが351件、バンクーバーが277件でした。 ▲ 「天気」に関するシドニーの消費者の声分析 まず、シドニーの消費者の声のワードクラウド分析結果を見てみましょう。 「雨」に関するトピックが44件で、トピック全体で1位になっております。こちらのトピックをクリックすると、このトピックに関連する用語・キーワードを右側の画面で確認できます。「rainy」の比重が最も大きいことが分かります。 (出典:https://www.holiday-weather.com) 雨に関するデータが多い理由は、データを収集していた10月15日から23日前後にシドニーは天気が曇ったり、雨が降ったりしたからだと考えられます。

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | Machine Learning
Charlie Chase 0
Is short-term demand sensing a key component of your digital supply chain transformation?

Depending on who you talk to, you'll get varying definitions and opinions regarding demand sensing. Anything from sensing short-range replenishment based on sales orders, to the manual blending of point-of-sales (POS) data and shipments. But a key component for retailers and CPG companies is accurately forecasting short-term consumer demand to

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence
Javier Alexander Rengifo 0
Analítica avanzada, una de las tecnologías que ayudan a la reactivación de las empresas en Colombia… y en toda Latinoamérica

Ser más eficiente gastando menos recursos Vender más (aún en estos tiempos) Tener unido a los equipos de trabajo, a pesar de las distancias Mantener seguro el entorno TIC de la empresa ahora desde casa Tomar las decisiones correctas en medio de escenarios de incertidumbre Afectación directa a la producción

Advanced Analytics | Analytics | Data Management
Gustavo Guerrero 0
Operar desde la nube: más poder y agilidad

¿Por qué es hoy el mejor momento para migrar a la nube? Porque su conveniencia, ubicuidad y flexibilidad permiten que una organización siga operando sin interrupción en situaciones normales y extraordinarias, ya sea una crisis económica, política, natural o sanitaria como la actual. Pero también porque la nube ha alcanzado

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | Customer Intelligence | Data Management
José Mutis O. 0
¿Cómo la analítica ha ayudado y ayudará a los comercios a entender los nuevos hábitos de los consumidores?

Los días de compras diferenciadas -como los días sin IVA llevados a cabo en varios países latinoamericanos y los que aún hay programados por ejemplo en Colombia para septiembre- deben dejarnos experiencias y aprendizajes. Es cierto que hay que seguir reforzando los controles de bioseguridad y que cuidar la salud

Advanced Analytics | Analytics
SAS, Microsoft y el futuro de la analítica

Quienes seguimos el Virtual SAS Global Forum 2020 realizado este 16 de junio, tuvimos la oportunidad de disfrutar una conferencia de talla mundial hecha de manera virtual, como bien lo describió nuestra Vicepresidente Mundial de Marketing, Jennifer Chase. Asimismo, tuvimos la oportunidad de presenciar múltiples anuncios hechos durante este día, tal

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | Machine Learning
Charlie Chase 0
Rapid demand response forecasting helps retailers adapt during COVID-19

Rapid demand response forecasting techniques are forecasting processes that can incorporate key information quickly enough to act upon in real time by agile supply chains.   Retailers and consumer goods suppliers are urgently trying to determine how changes in consumer behavior will affect their regions, channels, categories, brands and products during

Advanced Analytics | Analytics | Customer Intelligence | Data Visualization
COVID-19 y la reactivación económica

El aprovechamiento de los datos ha demostrado ser muy importante en estos tiempos en los que cuidar la salud y tomar decisiones inteligentes ha sido la prioridad, pero lo será mucho más, ahora que los países buscan recuperar las dinámicas económicas, comerciales y sociales en el menor tiempo y de

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | Customer Intelligence | Machine Learning
Antonio Calvo 0
Has social distancing affected retail personalisation?

Few of us expected to experience problems with retailers during the lockdown. Most people have, after all, been happily buying online for years. Why would anything change just because some physical shops closed for a while, or some people could not go out? However, the challenges went a bit deeper

Analytics | Customer Intelligence | Data for Good | Data Management | Work & Life at SAS
José Mutis O. 0
7 razones para disminuir la incertidumbre por el futuro de los negocios

A propósito del Global Business Barometer apoyado por SAS y The Economist). En el mundo de los negocios hay una frase atribuida a John Maxwell que aplica muy bien al momento (a este y a cualquiera): “El pesimista se queja del viento. El optimista espera que cambie. El líder arregla

1 2 3 12