Search Results: viya (601)

Data Management
小林 泉 0
Hadoopだからこそ必要なセルフサービス-そしてアダプティブ・データマネジメントの時代へ

2014 およそ2014年からSAS on Hadoopソリューションを本格展開してきました。時代背景的には、2014頃は依然として、業態の特性からデータが巨大になりがちで、かつそのデータを活用することそのものが競争優位の源泉となる事業を展開する企業にHadoopの活用が限られていたと思います。その頃は、すでにHadoopをお持ちのお客様に対して、SASのインメモリ・アナリティクス・エンジンをご提供するというケースが大半でした。 その後、急速にHadoopのコモディティ化が進んだと感じます。 2015 2015頃になると、前述の業態以外においてもビッグデータ・アナリティクスの成熟度が上がりました。データ取得技術の発展も伴い、これまで活用していなかった種類や量のデータを競争優位性のために活用を志向するようになり、蓄積および処理手段としてのHadoopの選択が加速します。この頃になると、数年前には必ずあったHadoopそのものの検証ステップを踏まない企業が増えてきます。データ量、処理規模、拡張性、コスト効率を考えたときに妥当なテクノロジーがHadoopという結論になります。ビッグデータはデータのサイズだけの話ではありませんが、筆者の足で稼いだ統計によると、当時大体10TBくらいが、従来のテクノロジーのまま行くか、Hadoopを採用するかの分岐点として企業・組織は算段していたようです。この時期になると、従来のテクノロジーの代替手段としてのHadoopの適用パターンが見えてきました。 新しいデータのための環境 従来捨てていた、あるいは新たに取得可能になった新しいデータをとりあえず蓄積して、何か新しいことを始めるためのある程度独立した環境として、コスト効率を考慮してHadoopを採用するパターン 既存のデータウェアハウスへ価値を付加(上の発展形であることが多い) 新たなデータを使用してHadoop上で加工し、アナリティクス・ベーステーブルにカラムを追加し、アナリティクスの精度を向上 ETL処理負荷やデータ格納場所のHadoopへのオフロード BI & アナリティクスの専用基盤 SQLベースのアプリケーションだけをRDBMSに残し、その他の機械学習、ビジュアライゼーションなどSQLが不向きな処理をすべてHadoop上で実施 多くは、インメモリアナリティクスエンジンと併用 データレイク (筆者の意見としては)いざ新しいデータを使用しようと思ったときのスピード重視で、直近使用しないデータも含めて、全てのデータを蓄積しておく。よくあるのが、新しいデータを使用しようと思ったときには、まだデータが蓄積されておらず、利用開始までタイムラグが生じてしまうケース。その時間的損失すなわち利益の喪失を重要視し、そのような方針にしている企業が実際に当時から存在します。 2016 海外の事例等では数年前から見られましたが、2016になると、日本でも以下の傾向が見られます 既存Hadoopをそのコンセプトどおりスケールアウトしていくケース グローバル・データ・プラットフォームとして、複数のHadoopクラスターを階層的に運用するケース AI、機械学習ブームにより機械学習のためのデータの蓄積環境として IoTの流れにより、ストリーミング処理(SASでいうと、SAS Event Streaming Processingという製品です)と組み合わせて まさに、Hadoopがデータプラットフォームとなる時代がやって来たと思います。その証拠に、SAS on Hadoopソリューションは、日本においても、金融、小売、通信、サービス、製造、製薬といったほぼ全ての業種において活用されています。 Hadoopの目的は、従来型のBI・レポーティングではなく、アナリティクス このような流れの中で、Hadoopの採用には一つの確固たる特徴が浮かび上がっています。もちろん弊社が単にITシステムの導入をゴールとするのではなく、ビジネス価値創出を提供価値のゴールにしているというバイアスはあるのですが。。。 Hadoopの導入目的は、ビジネス価値を創出するアナリティクスのためであることがほとんどである したがって、Hadoopに格納されるデータには主にエンドユーザーがアナリティクス観点の目的志向でアクセスするケースがほとんどである つまり、ある程度の規模のITシステムではあっても、Hadoopに格納されるデータはアナリティクスの目的ドリブンでしかアクセスされません。主たるユーザーは、分析者やデータ・サイエンティストです。彼らが、「使いたい」と思った瞬間にアクセスできる必要があるのです。このようなユーザーサイドのリクエストは、従来のBIすなわちレポーティングのような固定化された要件定義をするような依頼ではないため、その都度従来のようにIT部門と要件をすり合わせて、IT部門にお願いするという方法では成り立ちません。その数日、数週間というリードタイムが意思決定を遅らせ、企業の業績に悪影響をもたらすからです。あるいはIT部門の担当者を疲弊させてしまいます。つまり、アナリティクスにおいては、分析者・データサイエンティストが自分自身で、Hadoop上のデータにアクセスし、必要な品質で、必要な形式で、必要なスピードで取得するために自由にデータ加工できる必要があるのです。 このあたりの話については、下記でも紹介していますので、是非ご覧ください。 【ITmedia連載】IT部門のためのアナリティクス入門 第2回 やっと分かった ビッグデータアナリティクスでHadoopを使う理由 第3回 データ分析で成功するためのデータマネジメントとIT部門の新たな役割  【関連ブログ】 アナリティクスの効果を最大化するデータマネジメント勘所 これが、Hadoopにおいて、セルフサービス・データマネージメント(データ準備)ツールが不可欠な理由です。SASはアナリティクスのソフトウェアベンダーとして、このHadoop上でITスキルの高くない分析者・データサイエンティストでも自分自身で自由にデータを取得できるツールを開発し提供しています。それが、SAS Data Loader for Hadoopです。 SAS Data Loader

Advanced Analytics | Analytics | Data Visualization
Suzanne Clayton 0
Digital transformation = increased expectations for media & entertainment

Consumers want content 24 hours a day, seven days a week, all around the world. It's a tall order for media & entertainment (M&E) companies and a 180 degree shift from days past. How do they provide enough content to meet demand? Audiences are binge watching over-the-top (OTT) programming, creating

Analytics
Carl Farrell 0
Always Open

Open. The very word evokes a sense of happiness and possibility. When you’re hungry at an odd hour and everything around you seems to be closed, that lone neon sign glowing in a restaurant window is a most welcome relief. When a shop or service you’ve longed for finally builds

Stacey Syphus 0
Introducing SAS Studio to SAS programmers

Over the past 40 years, SAS programmers have used several different methods and interfaces for writing and submitting SAS code. Have you heard about SAS Studio? It is the future of SAS programming! SAS Studio is a web-based application that allows you to access your data, write your code and look at your

Analytics
David Annis 0
What’s up in the Cloud?

Meiner Meinung nach werden in Zukunft nur noch ergebnisorientierte Fragestellungen an eine Cloud gerichtet, die dann fallentsprechend beantwortet und abgerechnet werden. Die Cloud wird Mittel zum Zweck. Niemand fragt, ob Cloud oder nicht. Cloud-Technologie wird zur Basistechnologie. Warum? Weil sie billiger und gleichzeitig effizienter für Firmen ist. Denn neue Geschäftsmodelle

Analytics
Thomas Keil 0
Was kann SAS, was Open Source nicht kann?

Open Source und SAS – das sind auf den ersten Blick zwei ganz verschiedene Welten. Dabei verfolgt SAS eine ganze Reihe von Initiativen rund um Open Source – insbesondere im Umfeld des Big-Data-Frameworks Hadoop. Ich habe Andreas Gödde zum Nebeneinander und Miteinander der Technologien befragt. Andreas Gödde berät viele Kunden

Analytics
Elizabeth Bautista 0
Nueva arquitectura de analítica en SAS

La plataforma SAS® Viya™ está diseñada para enfrentar los grandes desafíos que plantea el big data en la actualidad, es una nueva arquitectura de analítica útil para todos los niveles de la organización. En SAS, presentamos una nueva arquitectura de analítica de alto de desempeño diseñado para la innovación, que permitirá

Analytics
Gianluca Menconi 0
Cloud: istruzioni per l'uso

Oggi stavo facendo un "censimento" dei servizi Cloud che utilizzo (e eventualmente pago) per la mia sfera privata o a supporto del mio digital lifestyle e devo dire che sono ormai parecchi. Parliamo di mail, musica, foto, storage generico, backup che ormai risiedono nella nuvola e che ormai do assolutamente per

Marcel Lemahieu 0
Using SAS and open source: a hybrid approach

The automotive industry will face a huge challenge for several years. With the Paris Agreement made during the United Nations conference on climate change last year, world leaders agreed to hold the increase in average temperature to well below 2°C by placing restrictions on carbon emissions. How can automakers design

SAS Events
小林 泉 0
SAS Global Forum 2016 開催報告②: Tech Connection SessionでSAS新製品をより詳しく知る

オープニングセッションの翌日4/19の朝からは、Ben Casnocha(シリコンバレーで活躍する企業家で著作家)のKeynote Sessionに続き、例年通り、Tech Connectionというセッションが実施され、SAS本社のR&D部門や製品管理部門による新製品紹介とデモンストレーションが行われました。 このセッションでは、実際の企業・組織でよくみかけるシナリオとジレンマを例にとり、SAS Viyaがどのように役に立つのかを紹介しました。データ・サイエンティストでも、統計家でも、あるいはITアナリストでも、ビジネスアナリストでも、そして作業担当者であっても、管理者であっても、それぞれの立場・役割の方に、SAS Viyaが価値をもたらしてくれることをご理解いただけると思います。 SAS® Cloud Analytics Webブラウザからアナリティクス・アプリケーションにアクセスして、予測モデルをすぐに作成することが可能 「組み込みアナリティクス」として、どのような言語からでもSASのAPIにアクセスして既存のビジネス・アプリケーションやビジネス・プロセスに組み込むことができる セットアップ不要なため、S/Wのインストールやクラスターの準備をする必要はない。ユーザーは、セキュアなクラウドベースの環境で、分析をし結果を保存することができる 当日のデモンストレーション:   SAS® Visual Analytics SAS Viyaに対応したSAS Visual Analytics最新バージョン データ探索機能(Visual Analytics Explorer)、レポート作成機能(Visual Analytics Designer)、予測モデリング機能(Visual Statistics)が、完全に統合され単一インターフェースになることにより、すべてをシームレスに利用することが可能 ユーザーインターフェースは、HTML5で作り直された 当日のデモンストレーション: SAS® Customer Intelligence 360 "役割に応じた"アナリティクス Software as a Serviceクラウド型 オムニチャネル:包括的なカスタマーインテリジェンスHub 当日のデモンストレーション: SAS® Visual Investigator 脅威の検出は今や自動化することが可能。ウェブサイトやソーシャルメディア、様々なデータベースから情報を収集し、それぞれ異なるデータソース間の関連性を見つけ出す アナリストが、効率的で効果的な調査活動を行うことが可能 不正検知、公共のセキュリティなど様々な課題に応じた利用が可能 当日のデモンストレーション:   SAS®

Customer Intelligence | Internet of Things | SAS Events
小林 泉 0
SAS Global Forum 2016 開催報告①: Opening Sessionで革新的な新アーキテクチャを発表

また、SAS Global Forumの季節が巡ってきました。このBlogの最初のエントリーは、昨年2015年のSAS Global Forumのご紹介でしたので、Blog開始から早一年がたったということです。いつもご愛読ありがとうございます。このBlogを楽しんでいただいている方々もいらっしゃるようで、嬉しく思います。今年も何回かに分けて、このSAS Global Forum 2016の模様をご紹介をしたいと思います。 今年は、米国ラスベガスで現地時間の4/18-4/21に実施されました。約5,000人のユーザー様やパートナー様が集まる一大イベントです。4/18夜のオープニングセッションに先駆けて、メディア向けの説明会も行われました。 メディア向け説明会が行われたのは、SAS本社 世界の働きたい会社ベスト10に入るSAS、プライベートカンパニーだからこそできる環境づくり(EnterpriseZine) サッカー場やプール、保育所も完備のSAS本社に潜入--プライベートジェットも(ZDNet Japan) SAS® Viya™ - 今年のイベントにおける最大のニュース 去る2016/4/18に行われたSAS Global Forum 2016のオープニングセッションでは、いくつかの革新的なテクノロジーの発表が行われました。例年と少し進行が異なり、オープニングセッションの後半でSASのCEOである、Jim GoodnightからSASの新しいアーキテクチャについての発表があり、会場がどよめきました。 プレスリリース:SAS、「SAS® Viya™」を発表:オープンでクラウド対応したハイパフォーマンス・アナリティクスとビジュアライゼーションのための次世代アーキテクチャ   Jim Goodnightから、アナリティクスをさらに使いやすくし、すべての人が利用しやすいように大きく進化した、SAS Viyaという新しいアーキテクチャの発表を行いました。また、すでに顧客の多くが使用しているSAS9環境と組み合わせてこのSAS Viyaを利用することも可能であるとも話しました。 続けて、SAS Viyaの開発をリードしてきた、Analytic Server Research and DevelopmentのVice Presidentである、Oliver Schabenbergerからこの新しいクラウドベースのアナリティクス&データマネージメントアーキテクチャの概要について説明がありました。 Schabenberger 曰く、 『SASのお客様のアナリティクスへの取り組みや活用方法は様々で、スモールデータからビッグデータ、簡単なアナリティクスから難しい機械学習課題の解決まで非常に多岐に渡ります。ストリーミングデータや蓄積したビッグデータ、構造化データや非構造化データの利用、さらには、個人での利用から数百ユーザーの同時接続利用、クラウドであったりオンプレミスであったり、利用者は、データサイエンティストであったり、ビジネスユーザーであったりなど、様々です。』 『そこで、SASは、データサイエンティストかビジネスアナリストかに関わらず、全ての人が利用することのできる、最新の統合アナリティクス環境を開発しました。SAS Viyaの優れているところは、統合され、オープンな、簡単だが非常にパワフルであり、クラウド環境に適しており、マルチ・クラウドアーキテクチャである点です。』 メディア各社の記事もご参照ください。 アナリティクス一筋40年、SASから生まれた新たなプラットフォームの「Viya」とは(EnterpriseZine) ビジネスアナリティクス、機械学習の進化とSASの新アーキテクチャ(@IT)   SAS Viyaについては、今後もこのblog上でも継続的に情報をご提供していきます。 SAS Customer

Elizabeth Bautista 0
Así se vivió SAS Global Forum 2016

Cada año SAS reúne a miles de usuarios y colaboradores de diferentes países,  para hablar sobre tendencias, innovación y tecnología, con la finalidad de exponer a los equipos a toda esta información, capacitarlos y así poder incrementar su desempeño, para generar metodologías internas cada vez más interesantes y adaptadas a

1 18 19 20 21