Tag: SAS Visual Analytics

Analytics
Ana Hidalgo 0
"Solo nosotros podemos hacerlos hablar"

Cuentan que, en un aeropuerto, un grupo de titiriteros llevaba a sus muñecos en el equipaje de mano. Después de que el bolso pasó por el scanner, uno de ellos vio con desesperación que un funcionario uniformado intentaba entender con movimientos bruscos el contenido de aquel bolso. Rápidamente gritó “¡no

Data Visualization
畝見 真 0
セルフサービスBI&AIの決定版SAS Visual Analytics 8.3 on SAS Viya新機能概要

SAS Visual Analytics on SAS Viya(以降VA)の次期版8.3に搭載予定の新機能をダイジェストで紹介します。 レポート作成効率の向上 レポート表示能力の拡張 表形式オブジェクトの機能拡張 SAS Mobile SDK 1.レポート作成効率の向上 レポート作成や設定は1度だけ、後はこれを再利用し、レポート作成の効率を向上 1-1.レポートデータビュー 従来からVAではレポート作成・編集時、左側に表示される「データ」リスト画面内で、必要な階層項目や計算項目の作成、カスタムカテゴリーの作成、不要な項目の非表示、などを設定し、このデータビューに基づいてレポートを作成してきました。 VA8.3では、同じデータソースに基づく複数の異なるデータビューを定義し、これを異なるレポート間、ユーザー間で共有し、再利用することができるようになります。 同じデータソースに基づく、異なるレポートを作成する際の効率が大幅に向上します。 1-2.共通フィルター 従来は、オブジェクトごとに右画面内で設定できるフィルター(オブジェクトフィルター)を使用する場合、例えば、レポート内に3つのチャートオブジェクト(円グラフ、クロス表、棒グラフ)があり、円グラフと棒グラフにだけ同じ条件で絞り込みをかけたい場合は、円グラフと棒グラフの両オブジェクトにそれぞれ同じフィルターを設定する必要がありました。 VA8.3では、作成したフィルター定義を複数の異なるオブジェクトに再適用することが可能になります。さらに、このフィルター定義は共通フィルターとしてデータビューに保存し、「1-1.」項で紹介したように、レポート間、ユーザー間でも共有し、再利用が可能になります。 1-3.絞り込み条件保持 従来、レポート参照者がレポートを表示し、好みの条件を選択し、レポート表示内容を変更した場合、そのレポートを一旦閉じた後、再度同じ内容を参照したい場合は、再度同じ作業を繰り返す必要がありました。 しかし、VA8.3では、レポート参照時にレポートに対して行った最終操作結果状態を保持することが可能となり、レポート再表示時に、同じ作業を繰り返す必要が無くなります。 1-4.格子ガイド利用 VA8.3では、レポート作成・編集時に、背景にグリッドを表示し、レポートページ内のお好みの位置に、オブジェクトを正確かつ素早く配置することが可能になります。 2.レポート表示能力の拡張 レポートが、あなたに、ストーリーを語ります。 2-1.再生可能ダッシュボード 再生可能なダッシュボードを使用することで、レポート参照者は、静的ではなく動的なダッシュボードをフルスクリーンで体験することができます。 会議の場などで、PowerPointのスライドショーのように、BIレポートを効果的に表示することも可能です。 あなたが設定したタイミングで、設定した順序で、レポートページ単位やページ内オブジェクト単位で、ダッシュボード内容が自動再生されます。 2-2.レポート自動リフレッシュ機能拡張 従来のVAでは、レポート全体を最短1分間隔で自動リフレッシュすることが可能でしたが、VA8.3では、レポートのページ単位、ページ内のオブジェクト単位に、最短1秒間隔で自動リフレッシュが可能になります。 これによって、リアルタイムBIレポートモニタリングが実現されます。 例えば、ページ内の折れ線グラフは1秒間隔で、リアルタイムなデータの変動を表示し、棒グラフは2分間隔で、別のデータの更新状況を表示する、といったことが可能になります。 3.表形式オブジェクトの機能拡張 そのままでは、数値の羅列で、ビジネス状況を直感的に捉えるのは難しいリスト表やクロス集計表の表現力が拡張されます。 3-1.表のセル内にグラフ表示 表のセル内に、数値だけでなく、棒グラフやヒートマップなどを表示することができます。 このビジュアライゼーションによって、問題点を迅速に特定し、データの傾向を直感的に捉えることが可能になります。 3-2.数値の表示桁数短縮 表のセル内に表示する数値の桁数が多い場合に、ワンタッチで短縮形表示に変更することが可能になります。これによって、表示スペースを節約して、表を読み易くできます。 4.SAS Mobile SDK iOS用SAS SDKおよびAndroid用SAS SDKを使用して、SAS Viyaサーバ上のコンテンツにアクセスするための強力なモバイルアプリを作成することが可能です。

Data Visualization
Teri Patsilaras 0
Using Dynamic Text in a SAS Visual Analytics Report

You will not find an object in SAS Visual Analytics named Dynamic Text. Instead, you will find a Text object that allows you to insert dynamically driven data items. By using the Text object’s dynamic capabilities you can build custom report titles, object titles, emphasize measures and even supply the last modified time of the data source in your SAS Visual Analytics Report. In this post, I will outline the ways how you can leverage Dynamic Text in a SAS Visual Analytics Report.

Advanced Analytics | Data Management | Programming Tips
Leonid Batkhan 0
SAS tools for GDPR privacy compliant reporting

The European Union’s General Data Protection Regulation (GDPR) taking effect on 25 May 2018 pertains not only to organizations located within the EU; it applies to all companies processing and holding the personal data of data subjects residing in the European Union, regardless of the company’s location. Here are four selected SAS tools for GDPR that allow you to protect personal data in SAS reports by suppressing counts in small demographic group reports.

Advanced Analytics | Analytics | Data Visualization
Falko Schulz 0
Analyze ticket sales using location analytics and customer segmentation in SAS® Visual Analytics

Analyzing ticket sales and customer data for large sports and entertainment events is a complex endeavor. But SAS Visual Analytics makes it easy, with location analytics, customer segmentation, predictive artificial intelligence (AI) capabilities – and more. This blog post covers a brief overview of these features by using a fictitious event company

Data Visualization
畝見 真 0
SAS Visual Analyticsで地図上にカスタム境界線(領域)を描いて分析―(続編)

前回、この機能を紹介した際には、海外に実在する施設や地図上での活用例をご覧いただきました。 その続編となる今回は、以下の2点に関してご紹介します。 (尚、以下のデモ画面に表示されている数値(座席数、利用率、収益率、等)はすべてダミーデータです)   1.日本地図上に実在する施設に対するカスタム境界線分析 2.カスタム境界線機能で、こんなことまでできるなんて…   1.日本地図上に実在する施設に対するカスタム境界線分析 私は埼玉県さいたま市に在住しているのですが、だからというわけではありませんが、今回は、埼玉スタジアムの座席レイアウトを地図上の埼玉スタジアム上に描画してみました。(図1.参照) 図1.埼玉スタジアム地図上に描画された、観客席レイアウト 図1.では、「客席別利用率」ページが表示されています。 左側には客席ゾーン別の座席数が棒グラフで表示され、右側には、スタジアムの客席レイアウトが表示され、利用率によって色分けされています。また、棒グラフ上でゾーンCが選択され、スタジアム内の対応する客席の部分がハイライトされている状態です。 もちろん、SAS Visual Analytics(以降、VA)の標準機能を使用して、特定の客席エリアをクリックし、そのエリアのチケット料金や、収益の推移、などの詳細情報をポップアップで表示させることも可能です。 右側の地図が本当に埼玉スタジアムのある地点なのかを分かりやすく見ていただくために、図2.ではズームアウトしたものも載せました。埼玉スタジアムは国道122号線沿いにあるんですね。 図2.図1.から地図を少しズームアウトした状態 以下の図3.は同じレポート内の「ゾーン別客席マップ」ページです。棒グラフのゾーン別の色に合わせて、客席エリアの色を合わせたものです。 図3.「ゾーン別客席マップ」ページ   2.カスタム境界線機能で、こんなことまでできるなんて… 実は、VAの地図描画用オブジェクトである、「ジオマップ」では、地図を非表示にすることができます。 あれ?、地図描画用の機能なのに、地図を非表示にする意味あるの?と思われるかと思いますが、これがあるんですね。 その一例をご紹介します。 以下の図4.は、とある列車の車両内の座席別収益率を分析するレポートです。座席ごとの収益率が色分けで表示されています。(座席別に収益率を把握する必要があるかどうかは別のお話ですが) 図4.列車内座席別収益率レポート この座席レイアウトも「ジオマップ」オブジェクトを使用し、地図上に描画されているものなのですが、地図は境界線(領域)を描くためには必要ですが、この例のような場合は、描いた後は地図が必要ないので非表示にしているわけです。地図を非表示にしていること以外は、その他の例と同様に、チャートやアナリティクスとのインタラクション等はもちろん可能です。 上記の図4.でも、座席別収益率の棒グラフ上で、最も収益率の低い座席(右端の棒)を選択し、該当の座席位置をハイライト表示しています。 SAS Visual Analytics on SAS Viyaでは、こんなこともできるんですね。 例えば、人体図の中の内臓別の疾患状況をビジュアルに分析する、工場内プラントの設備(工程)ごとの稼働状況を図解でビジュアルに可視化し分析する、店舗内の商品陳列棚別の在庫状況や売上状況を図解でビジュアルに可視化し分析する…なんていうこともできそうですね。

Analytics | Data Management | Data Visualization
SAS, más de cuarenta años ayudando a la empresas a obtener valor del Big Data

Aunque el término Big Data lleva solo 20 años de uso a nivel mundial, SAS ya tiene más de cuatro décadas inspirando lo extraordinario, un reto que muchas compañías y empleados ya han asumido, incorporando soluciones de analítica en procesos tan increíbles como la exploración del sol, la protección del

Data Visualization
畝見 真 0
SAS Visual Analyticsで地図上にカスタム境界線(領域)を描いて分析

みなさんご存知の通り、SAS Visual AnalyticsはセルフサービスBI&Analyticsツールで、ビジネスユーザー自身で簡単にレポートやダッシュボードを作成することができます。その際、標準で備わっている数多くのチャートオブジェクトを使用することができますが、お客様要件によっては、標準のチャートタイプだけでは表現できないものもあります。それに答えるためにSAS Visual Analytics 8.2(以下VA)には大きく2つの機能が用意されています。 データドリブンコンテンツ 地図上のカスタム境界線描画 1番目の「データドリブンコンテンツ」とは、サードパーティのビジュアライゼーション・ライブラリ(D3.js, C3, Google Chart Toolsなど)と連携することで、チャートタイプやビジュアルのバリエーションを大幅に拡張可能な機能ですが、 今回は、2番目の「地図上のカスタム境界線描画」機能に関してご紹介します。 VAに標準搭載のチャートオブジェクトには地図描画のための「ジオマップ」オブジェクトが含まれています。この機能を活用することで、例えば、地図上で隕石落下地点と被害の度合いを分析(図1.参照)したり、都道府県別の売上や店舗別の顧客数などをビジュアライズし、分析(図2.参照)することができます。 図1.隕石落下地点と被害の度合い分析ダッシュボード 図2.店舗別の売上と利益をバブルのサイズと色で表示 地図描画のタイプとしては、図1の「座標」、図2の「バブル」以外に「領域」を選択可能です。 「座標」とは、地図上の該当ポイントに円形や星形などのアイコンを表示するものです。 そして、「領域」では、基本的に地図上の国の境界線や、その一つ下のレベルである州や都道府県の境界線領域を描画します。例えばアメリカの州や日本の都道府県の領域を指定した値に基づき色分けして表示するものです。(図3.参照) 図3.都道府県ごとの売上分析 さらに、地図上に表示するこの「領域」をカスタムで描画することが可能で、これを「カスタム境界線(領域)」描画機能と呼んでいます。 この機能を活用することで、例えば、特定施設内の人や物の動線を描画したり、家屋ごとのソーラー発電量を実際の地図上に描画することなども可能になります。 その基本的な手順を、アメリカにあるコロラド・コンベンション・センター(以下CCC)内のミーティングフロアにある各種の会議室領域の描画を例に、以下に示します。 図4. VAレポート上に表示された完成版(部屋ごとの面積などを色分けして描画することができます) CCCのフロアレイアウト画像を入手し、市販ツールあるいはオープンソース製品を使用し、Esri shapeファイルを作成 Esri ShapeファイルをVA環境にインポート インポートしたデータに基づきカスタム境界線(領域)をレポート上に描画   1. CCCのフロアレイアウト画像を入手し、市販ツールあるいはオープンソース製品を使用し、Esri Shapeファイルを作成 この例では市販のEsri Desktopツールを使用し、CCCのサイトから入手したフロアレイアウトの画像をEsri地図上に重ね(図5.参照)、部屋の輪郭をなぞって描き(図6.参照)、結果をEsri Shapeファイルとして保存(図7.参照)します。(詳細に関しては、使用するツールのマニュアルを御覧ください。) 図5. Esri地図上のCCCのある地点の上に、CCCのフロアレイアウト画像を重ねる 図6. 部屋の輪郭をなぞって描く(描いた領域ごとにIDを設定しておきます。この例ではRoomID) 図7. 結果をEsri Shapeファイルとして保存 2. Esri ShapeファイルをVA環境にインポート VA環境に実装されているマクロ%SHPIMPRTを使用し、Esri ShapeファイルをSAS Datasetに変換(以降Shapeデータ)し、VA環境(インメモリー)にロードします。 詳細は、以下サポートサイトにあるSAS Viya管理者(Administration)マニュアルを御覧ください。 https://support.sas.com/documentation/onlinedoc/viya/index.html

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | Data Visualization | Learn SAS | Machine Learning | Students & Educators
Markus Grau 0
Business Analytics: Real-World Use Cases für Universitäten und Hochschulen

In meiner Funktion als Academic Program Manager unterstütze ich Hochschulen in den Themengebieten künstliche Intelligenz (KI), Data Science und Business Analytics. Einer der am häufigsten geäußerten Wünsche ist, dass seitens SAS, Use-Cases zur Verfügung gestellt werden. Keine theoretischen Gebilde, sondern echte, reale Daten von Firmen mit einem handfesten Business-Problem, das

Data Visualization | Programming Tips
Lavanya Mandavilli 0
Is it sensitive? Mask it with data suppression

Report data shared by educational institutions, government agencies, healthcare organizations, and human resource departments can contain sensitive or confidential data. Data in such reports are suppressed selectively to protect the identities of individuals or to prevent the report’s audience from easily inferring individual values. The Data Suppression feature in SAS

1 2 3 7