Tag: SAS Visual Analytics

Data Visualization
SAS Visual Analyticsで地図上にカスタム境界線(領域)を描いて分析

みなさんご存知の通り、SAS Visual AnalyticsはセルフサービスBI&Analyticsツールで、ビジネスユーザー自身で簡単にレポートやダッシュボードを作成することができます。その際、標準で備わっている数多くのチャートオブジェクトを使用することができますが、お客様要件によっては、標準のチャートタイプだけでは表現できないものもあります。それに答えるためにSAS Visual Analytics 8.2(以下VA)には大きく2つの機能が用意されています。 データドリブンコンテンツ 地図上のカスタム境界線描画 1番目の「データドリブンコンテンツ」とは、サードパーティのビジュアライゼーション・ライブラリ(D3.js, C3, Google Chart Toolsなど)と連携することで、チャートタイプやビジュアルのバリエーションを大幅に拡張可能な機能ですが、 今回は、2番目の「地図上のカスタム境界線描画」機能に関してご紹介します。 VAに標準搭載のチャートオブジェクトには地図描画のための「ジオマップ」オブジェクトが含まれています。この機能を活用することで、例えば、地図上で隕石落下地点と被害の度合いを分析(図1.参照)したり、都道府県別の売上や店舗別の顧客数などをビジュアライズし、分析(図2.参照)することができます。 図1.隕石落下地点と被害の度合い分析ダッシュボード 図2.店舗別の売上と利益をバブルのサイズと色で表示 地図描画のタイプとしては、図1の「座標」、図2の「バブル」以外に「領域」を選択可能です。 「座標」とは、地図上の該当ポイントに円形や星形などのアイコンを表示するものです。 そして、「領域」では、基本的に地図上の国の境界線や、その一つ下のレベルである州や都道府県の境界線領域を描画します。例えばアメリカの州や日本の都道府県の領域を指定した値に基づき色分けして表示するものです。(図3.参照) 図3.都道府県ごとの売上分析 さらに、地図上に表示するこの「領域」をカスタムで描画することが可能で、これを「カスタム境界線(領域)」描画機能と呼んでいます。 この機能を活用することで、例えば、特定施設内の人や物の動線を描画したり、家屋ごとのソーラー発電量を実際の地図上に描画することなども可能になります。 その基本的な手順を、アメリカにあるコロラド・コンベンション・センター(以下CCC)内のミーティングフロアにある各種の会議室領域の描画を例に、以下に示します。 図4. VAレポート上に表示された完成版(部屋ごとの面積などを色分けして描画することができます) CCCのフロアレイアウト画像を入手し、市販ツールあるいはオープンソース製品を使用し、Esri shapeファイルを作成 Esri ShapeファイルをVA環境にインポート インポートしたデータに基づきカスタム境界線(領域)をレポート上に描画   1. CCCのフロアレイアウト画像を入手し、市販ツールあるいはオープンソース製品を使用し、Esri Shapeファイルを作成 この例では市販のEsri Desktopツールを使用し、CCCのサイトから入手したフロアレイアウトの画像をEsri地図上に重ね(図5.参照)、部屋の輪郭をなぞって描き(図6.参照)、結果をEsri Shapeファイルとして保存(図7.参照)します。(詳細に関しては、使用するツールのマニュアルを御覧ください。) 図5. Esri地図上のCCCのある地点の上に、CCCのフロアレイアウト画像を重ねる 図6. 部屋の輪郭をなぞって描く(描いた領域ごとにIDを設定しておきます。この例ではRoomID) 図7. 結果をEsri Shapeファイルとして保存 2. Esri ShapeファイルをVA環境にインポート VA環境に実装されているマクロ%SHPIMPRTを使用し、Esri ShapeファイルをSAS Datasetに変換(以降Shapeデータ)し、VA環境(インメモリー)にロードします。 詳細は、以下サポートサイトにあるSAS Viya管理者(Administration)マニュアルを御覧ください。 https://support.sas.com/documentation/onlinedoc/viya/index.html

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | Data Visualization | Learn SAS | Machine Learning | Students & Educators
Markus Grau 0
Business Analytics: Real-World Use Cases für Universitäten und Hochschulen

In meiner Funktion als Academic Program Manager unterstütze ich Hochschulen in den Themengebieten künstliche Intelligenz (KI), Data Science und Business Analytics. Einer der am häufigsten geäußerten Wünsche ist, dass seitens SAS, Use-Cases zur Verfügung gestellt werden. Keine theoretischen Gebilde, sondern echte, reale Daten von Firmen mit einem handfesten Business-Problem, das

Data Visualization | Programming Tips
Lavanya Mandavilli 0
Is it sensitive? Mask it with data suppression

Report data shared by educational institutions, government agencies, healthcare organizations, and human resource departments can contain sensitive or confidential data. Data in such reports are suppressed selectively to protect the identities of individuals or to prevent the report’s audience from easily inferring individual values. The Data Suppression feature in SAS

Analytics | Data Visualization
10 gute Gründe, warum SAS Visual Analytics 8.2 Ihr Leben erleichtert

Seit einigen Tagen ist das brandneue Release von SAS Visual Analytics verfügbar. Ich habe mich natürlich gleich drangemacht, die neue Ausgabe auf Herz und Nieren zu prüfen. Herausgekommen sind neben vielen neuen Funktionen auch die Top-10-Gründe, warum Sie für Ihre Big-Data-Strategie mit SAS Visual Analytics, kurz SAS VA, die besten

Artificial Intelligence | Machine Learning
Makoto Unemi (畝見 真) 0
SAS Viyaを「無償」で「実データ」で「体感」してみよう!

2017年12月にSAS Viyaの最新版3.3がリリースされました。 これに伴い、皆様には、大幅に拡張されたSAS Viyaの機能を存分に体感いただくために今版から、皆様がお持ちの「実データ」でSAS Viyaベースのすべての製品を自由に触っていただけるようになりました。 ぜひ、ご利用ください! 利用手順に関しては、以下のブログをご覧ください。 SAS Viyaを体感してみよう! ~SAS Viya無償試用版利用ガイド~

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence
Gastbeiträge 0
Paradise found not only on papers: Berühmte Reisebloggerin findet Paradies mit dem SAS Konfigurator

Frau Beck, was spuckt denn http://www.paradies-konfigurator.de/ als Ihr „analytisches Paradies“ aus? Bei mir kommt Paddington in Australien heraus. Und was sagen Sie dazu? Waren Sie vielleicht schon mal da? Lustigerweise habe ich nach meinem Studium 11 Monate in Australien gelebt und gearbeitet. Eine der schönsten Zeiten in meinem bisherigen Leben.

Analytics | Data Visualization | Students & Educators
Markus Grau 0
SAS Analytics Zertifikat für weitere 51 Studenten in der Schweiz

SAS Applied Business Analytics - Im Rahmen ihrer Ausbildung zum Bachelor Wirtschaftsinformatik erhielten dieses Jahr weitere 51 Studenten an der SML der ZHAW (Zürcher Hochschule für Angewandte Wissenschaften) das begehrte Zertifikat SAS Applied Business Analytics. Dieses wird von SAS an Studenten vergeben, welche einen umfassenden Anforderungskatalog an Aufgaben – unter anderem

1 2 3 4 5 8