Artificial Intelligence

Discover how AI is used today and how it will augment human experience in the future

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | Machine Learning
Charlie Chase 0
How do I explain a flat-line forecast to senior management?

How do you explain flat-line forecasts to senior management? Or, do you just make manual overrides to adjust the forecast?    When there is no detectable trend or seasonality associated with your demand history, or something has disrupted the trend and/or seasonality, simple time series methods (i.e. naïve and simple

Artificial Intelligence
SAS Viya:Python API向けパッケージ:DLPyの最新版1.1拡張機能とは

SAS Viyaのディープラーニング機能をPythonから利用するためのハイレベルAPIパッケージの最新版であるDLPy1.1では、主にCNN(Convolutional Neural Network)に関連する機能が拡張されています。 主な拡張機能: ・新たに3つのネットワーク構造に対応 【U-Net】 元々は、医療用画像のセグメンテーション向けに開発されたネットワークです。 (出典:https://lmb.informatik.uni-freiburg.de/people/ronneber/u-net/) 【MobileNet】 モバイル端末のようなリソースの少ない環境でも、畳み込み計算を分割(Depthwise Separable Convolution)することで、軽快に、素早く、そして精度の高い結果を得ることができると言われているネットワークです。 左が一般的な畳み込み構造。右が、MobileNetの構造。(出典:https://arxiv.org/pdf/1704.04861.pdf) 【ShuffleNet】 MobileNet同様に軽量軽快なネットワークですが、MobileNetでの畳み込みの分割に加えて、その名の通り、チャンネルをシャッフルしてチャンネル間での畳み込みを行い、特徴抽出を効率化するネットワーク構造です。 (出典:https://arxiv.org/pdf/1707.01083.pdf) ・上記ネットワーク構造に伴う、畳み込み層機能の拡張 【transpose convolution(転置畳み込み)】 Deconvolution(逆畳み込み)とも言われ、元となる画像に0 paddingして拡大してから畳み込む手法です。(上記U-Netに関連) 【group convolution(グループ化畳み込み)】 入力層をチャンネル方向にグループ分割して、グループごとに畳み込みを行い、最後に結合して出力する手法です。分割することで計算量を小さくすることができます。(上記MobileNet、ShuffleNetに関連) ・画像解析手法の拡張 【物体検出(Object Detection)手法にFaster R-CNNを追加】 R-CNNからFast R-CNN、そしてFaster R-CNNへと処理時間の短縮と精度向上が図られ進化してきているアルゴリズムです。 (出典:https://arxiv.org/pdf/1506.01497.pdf) DLPyの従来版からサポートしているYOLOに比べると処理時間はかかりますが、より高い精度を得ることができます。 【新たにセグメンテーション(Semantic Segmentation)に対応】 セグメンテーションは、画像中に存在する複数の物体や領域に対して、ピクセルレベルで推定する問題です。画像を入力すると、各画素に対して識別結果が付与された画像を出力します。一般的には、 Nクラスのセグメンテーションモデルは、Nチャンネルの出力画像を出力し、各チャンネルの画素値は各クラスの確率を表します。(上記U-Netに関連) 以上のように、PythonユーザーがDLPyを通して活用することができる、SAS Viyaのディープラーニング(CNN)機能が拡張されています。 ※DLPyの詳細に関しては、Githubサイトでご覧いただけます。 ※Enterprise Open Analytics Platform 「SAS Viya」 を知りたいなら「特設サイト」へGO!

Analytics | Artificial Intelligence | Internet of Things | Machine Learning
AI 분석으로 제조업을 혁신하다: ‘SAS 제조 이노베이션 포럼 2019’

지난 7월 4일 SAS코리아는 광화문 포시즌스호텔에서 국내 제조 산업 관계자를 대상으로 ‘SAS 제조 이노베이션 포럼 2019(SAS Manufacturing Innovation Forum 2019)’을 성공적으로 개최했습니다. SAS는 이번 포럼에서 미국, 독일, 일본 및 국내 제조사들의 고객 사례를 통해 ▲글로벌 B2B 업계의 예측 자산 유지보수 ▲제품 품질 및 투자 수익(ROI) 개선 ▲수요 예측을 통한 생산/판매

Analytics | Artificial Intelligence | Machine Learning
성공적인 비즈니스를 위한 인공지능 전략

인공지능(AI) 기술은 더 이상 공상 과학소설 속 제재가 아닌 기업이 마주한 현실이 되었습니다. 오늘날 기업들은 머신러닝, 알고리즘, 스마트형 커넥티드 제품 등 다양한 AI 기술을 새롭고 흥미로운 방식으로 비즈니스에 적용하고 있습니다. 딜로이트(Deloitte)에서 이러한 인지기술(cognitive technologies)을 적극적으로 도입하는 기업들을 대상으로 진행한 최근 설문조사에 따르면, 응답자 중 76%가 AI를 비롯한 인지기술이 3년 이내에

Analytics | Artificial Intelligence | Data Management
Héctor Cobo 0
Las plataformas analíticas impulsan la transformación digital: mejores prácticas

Las organizaciones se enfrentan a la creciente demanda de analítica de alto rendimiento que produzcan resultados rápidos y confiables. La transformación digital y el análisis empresarial son una prioridad en la agenda de muchas organizaciones. Para los CIO en sus organizaciones, significa una oportunidad para habilitar el valor a escala

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | SAS Events
Oliver Schabenberger 0
Meet 5 data pioneers developing AI solutions for the real world

Everyone is talking about artificial intelligence. Unfortunately, a lot of what you hear about AI in the movies and on the TV is sensationalized for entertainment. Indeed, AI is overhyped. But AI is also real and powerful. Consider this: engineers worked for years on hand-crafted models for object detection, facial

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | Data Visualization | Machine Learning
SAS Viya: ビジュアルパイプラインでスコアリング

SAS Viyaでは、Model Studioを使用し、機械学習のモデル、時系列予測のモデル、テキストマイニングのモデルをGUIベースの簡単マウス操作で作成することができます。モデル生成プロセスをグラフィカルなフロー図として描き、実行するだけです。このフロー図のことを「パイプライン」と呼んでいます。 「SAS Viya: ビジュアルパイプラインで予測モデル生成(基本編)」では、モデル生成と精度評価の基本的な流れを紹介しましたが、今回は、生成したチャンピオンモデルに新しいデータを当てはめてインタラクティブにスコアリングを実行する手順を紹介します。また、スコアリング結果のデータの探索や、エクスポートまで試してみましょう。 「SAS Viya: ビジュアルパイプラインで予測モデル生成(基本編)」で作成したパイプラインでは、勾配ブースティングのモデルの方が精度が高い=チャンピオンモデルだと判断されました。 それでは、このモデルに新しいデータを当てはめてスコアリングを実行してみましょう。 まず、画面左側の機能ノードリストの「その他」セクション内にある「データのスコア」を「勾配ブースティング」ノード上にドラッグすると、「勾配ブースティング」ノードの下に「データのスコア」ノードが追加されます。 「データのスコア」ノードを選択し、画面右側で以下の項目を指定します。 ・モデルに当てはめるデータテーブル名 ・スコアリング結果データの出力先ライブラリとテーブル名 「データのスコア」を右クリックし、表示されるメニューから「実行」をクリックすると、スコアリングが実行されます。 スコアリング処理が完了すると「データのスコア」ノード上に緑色のチェックマークアイコンが表示されます。 それでは、スコアリング結果のデータを見てみましょう。 「データのスコア」ノードを右クリックし、表示されるメニューから「結果」を選択します。 すると、データのスコアの結果画面が表示され、「出力データ」タブ内で、データの中身を確認することができます。「予測:BAD=1」列に、顧客ごとの延滞確率に相当するスコア値が表示されています。 それでは、このデータを探索してみましょう。 「探索とビジュアル化」アイコンをクリックし、 表示される画面内で、このデータを探索用に保存する先のライブラリとテーブル名を指定し、「探索とビジュアル化」ボタンをクリックします。 すると、このデータに基づき、「SAS Visual Analytics – データ探索とビジュアル化」画面が表示され、データ探索やレポーティングが可能になります。 例えば、スコア値である「予測:BAD=1」変数と「資産に対する負債の割合」変数の関係性を探索したり、 スコア値が0.7以上の顧客データをエクスポートして、二次活用したり、等々も簡単です。 以上のように、SAS Viyaでは、データの準備はもとより、モデル生成からスコアリング、そして、スコアリング結果データの探索からエクスポートまでをGUIベースでシームレスに実施することができるんですね。 ※Enterprise Open Analytics Platform 「SAS Viya」 を知りたいなら「特設サイト」へGO! ※「ビジュアルパイプラインでスコアリング」は、SAS Viya特設サイトにデモ動画を近々公開予定です。

Analytics | Artificial Intelligence | Machine Learning
Héctor Cobo 0
Analítica, un pilar fundamental de la innovación empresarial

Hoy en día, las organizaciones necesitan analítica de alto rendimiento para mejorar todos sus indicadores de negocio, ya no es un lujo: es una necesidad. La transformación digital y el análisis empresarial son una prioridad en la agenda de muchas empresas que buscan destacar en un mundo hiper competitivo que

Artificial Intelligence
Analítica Avançada: Uma ferramenta na Transformação dos Seguros

Os novos paradigmas resultantes da introdução de novas tecnologias e da alteração de comportamentos e hábitos de consumo, resultam em forças esmagadoras que pressionam as indústrias a alterações substanciais na forma como trabalham e interagem com os seus clientes. A área dos Seguros não é exceção e movimentos de consolidação

Analytics | Artificial Intelligence
Santiago Fainstein 0
Una perspectiva analítica e inteligente: el mejor recurso contra el crimen

En materia de seguridad pública, las estadísticas no sólo tendrían que utilizarse para registrar tragedias, fallas incomprensibles o riesgos latentes -víctimas, bienes destruidos, montos robados, delincuentes capturados, zonas de alta incidencia criminal (lugares donde se vende droga, por ejemplo), entre otras situaciones que lastiman a la sociedad. El simple registro

Analytics | Artificial Intelligence
Sandra Hernandez 0
Una nueva experiencia de cliente y de innovación de marca basada en Inteligencia Artificial, Internet de las Cosas y analítica avanzada

Profundizar en las expectativas de los clientes se ha convertido en el interés y, de paso, en el mayor desafío para los responsables de las iniciativas de marketing en todo el mundo.  Gartner, la reconocida empresa consultora y de análisis de mercados, dice que aquellos líderes de mercadeo que son capaces de incorporar tecnologías exponenciales en el

Analytics | Artificial Intelligence
Invertir en Inteligencia Artificial para generar un mayor impacto económico y social

En un mundo en el que los datos crecen exponencialmente en cantidad –y en variedad y fuentes–, organizarlos y analizarlos para convertirlos en información relevante es el gran desafío para todo tipo de organizaciones, desde gobiernos y multinacionales hasta microempresas El software logró avances gigantescos en este campo y la

1 2 3 4 14

Back to Top