Artificial Intelligence

Discover how AI is used today and how it will augment human experience in the future

Artificial Intelligence | Data for Good
SAS Japan 0
森林破壊とAIの出会い ―休校中のこどもたちでもできること―

この記事はSAS Institute Japanが翻訳および編集したもので、もともとはLucy Kosturkoによって執筆されました。元記事はこちらです(英語)。 あなたは今まで、実際に現地に行かなくても熱帯雨林を助けることは出来ないかと考えたことはありますか?考えたことがないでしょうか。 でも今がチャンスです。地球をまもるための活動もバーチャルで実施することがでる時代です。私たちの熱帯雨林プロジェクトでは、人工知能(AI)について少しずつ学びながら熱帯雨林を保護する機会を、家で過ごしている児童・生徒の皆さんに提供します(もちろん、大人の方にもご協力いただけます!)。こちらがご自宅でもできる学習ステップガイドです。 このガイドは4つのステップに分かれています: Step1: AIが人類のためにどのような役割を担うのか理解しよう Step2: 熱帯雨林のためにどのようにAIを活用するか見てみよう Step3: 画像の分類に力を貸してください Step4: さらにAIを用いて解決できる他の問題を見つけよう   Step 1: AIが人類のためにどのような役割を担うのか理解しよう 私たちは、電気によって生み出された力やインターネットを通じて形成された世界全体の繋がりから、人類の歴史や人々の生活・労働上での技術の転換を知ることができます。AIはそれらの技術の最先端に過ぎません。いわゆるスマート家電から電気自動車まで、AIは私たちが考えていた働き方・運転の仕方・学習など多くのことを変化させてきました。 AIは人間と機械の長所をつなぎ合わせます。コンピュータの処理速度と高い継続性に人間の知性を組み合わせることで、それぞれだけでは実現できないものを作り上げることができます。AIを用いると、私たちは人間にとっては危険なこと(危険な環境の探索など)をコンピュータに実行させるようにトレーニングすることや、監視カメラの管理など人間が継続し続けることが難しい作業をコンピュータに任せることができます。これらは、ルールを設定することが容易な直感的な問題ではなく、未知で予測不可能な状況が溢れている問題です。プログラマーはコンピュータが必要とするルールを開発するのが困難なので、AIを使用して命令を開発します。 例として、複数選択と記述で答える質問がある学生の課題を採点するために開発されたコンピュータプログラムについて考えてみましょう。 複数選択式の質問には4つの選択肢がありますが、その中で正解は1つです。プログラマーは、その学生の回答が正解かどうかを評価する従来のコードを作成します。そのルールは簡単で、「Q:生徒の回答は正解と一致しますか」「A:はい、または、いいえ」です。 では、記述式の質問はどうでしょう?記述の正解は1つではありません。その記述が正しいかどうかを判断するルールも存在しないかもしれません。「記述は何文字以上必要か」「段落の数はいくつか」「必要な単語・用いてはならない単語はあるか」など、記述を適切に採点するためのルールを作成する方法はなく、そのルールは様々な判断と細かい評価が影響してきます。 この場合、プログラマーは従来のコードの代わりにAIを使用します。この問題を解決するために、プログラマーはまず評価の高い記述と低い記述のサンプルを集めます。そのサンプルは多い方が望ましいです。そのサンプルに機械学習アルゴリズムを用いて、コンピュータが優れた記述の基準を識別できるようにします。コンピュータにあらかじめ指示すべきルールはわかりませんが、そのルールが有効かどうかを判断することが出来ます。別のサンプルを用意して、先ほど作成したルールを適応したときに評価の高い記述と低い記述に分類されているかどうかを確認することで、ルールの基準をテストできます。 森林破壊など、世界規模の問題に取り組む際も同様の手法を適用することが出来るのです。   Step 2: 熱帯雨林のためにどのようにAIを活用するか見てみよう SASはIIASAと提携し、AIの専門知識と科学システム分析を統合して、地球を見るための新しい「目」を作りました。この提携によって、惑星映像から森林破壊の領域を自動的に検出できるようになります。コンピュータは何百万もの衛星画像を調べることにより、森林破壊の影響を受けた熱帯雨林の範囲を科学者に警告します。これにより、400万㎢を超える熱帯雨林を短期間で調査し、衛星画像が更新されるたびに調査を繰り返すことが出来ます。

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | Data for Good
José Mutis O. 0
Así es que los gobiernos, bancos, telcos y retailers pueden activar alivios sin tener que correr riesgos

Estamos en una época de máximo cuidado y de decisiones cruciales. Tenemos que salvaguardar la salud de la población por encima de cualquier otra consideración, pero también debemos pensar que de esta situación debemos salir con muchos aprendizajes y fortalecidos para el futuro. Muchos líderes por fin están entendiendo que

Artificial Intelligence | Machine Learning
Mark Frankish 0
No more ‘leaves on the line': Is computer vision the answer for rail and transport networks?

Most organisations that must maintain a physical network have similar challenges in keeping their networks safe and operational. Whether you run an energy distribution network, a telecommunications network, or a road, rail or canal network, you need to keep it clear of obstructions. And one of the biggest culprits tends

Analytics | Artificial Intelligence | Machine Learning
Jeanne (Hyunjin) Byun 0
AI 분석으로 팬데믹(pandemic)에 맞서는 방법

2019년 12월, 중국을 시작으로 발생한 코로나바이러스감염증-19(COVID-19)가 전 세계로 확산되며 190개 국가에서 32만명이 넘는 확진 환자가 발생했습니다. (2020년 3월 23일 기준) 세계보건기구(WHO)는 3월 11일 감염 확산세가 지속되자 홍콩독감(1968), 신종플루(2009)에 이어 사상 세 번째로 코로나19에 대해 팬데믹(pandemic; 세계적 대유행)을 선포했는데요. 한국 역시 지난 2월 23일 코로나19 대응 수준이 ‘심각’ 단계로 격상되며 확진자가

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | Customer Intelligence
Rodrigo Arias 0
Garantice la mejor experiencia a sus clientes a través de múltiples canales con Analítica e Inteligencia Artificial

Los negocios buscan ofrecer una experiencia continua y fluida a sus clientes. Es responsabilidad de los líderes de mercadotecnia enfocar sus esfuerzos en saber cómo aportarán este valor en la atención a sus mercados y, por consiguiente, generar nuevos ingresos, entre otros objetivos de las organizaciones, como ofrecer una experiencia

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | Customer Intelligence | Machine Learning
Suneel Grover 0
SAS Customer Intelligence 360: Analytics as a guiding light

Digital transformation. Yup, I said it. It's over-hyped. But as SAS Chief Operating Officer and Chief Technology Officer Oliver Schabenberger says, "It's also real and powerful. Our world is being liquefied from physical assets into virtual assets, and analog processes into digital processes - the world is turning into bits

Advanced Analytics | Artificial Intelligence | Customer Intelligence
Luis Barrientos 0
IA potencia el avance de la Gestión de Riesgo hacia la Resiliencia y Optimización de la Rentabilidad del Negocio

Todos los negocios enfrentan desafíos de muy diferentes índoles, pero cuando nos referimos a aquellos que basan parte significativa de sus ingresos en el crédito - como los sectores financiero, telecomunicaciones y departamental o minorista-, éstos son los primeros en enfocar su atención y esfuerzo en alternativas creativas y hasta

1 2 3 4 18

Back to Top