Artificial Intelligence

Discover how AI is used today and how it will augment human experience in the future

Artificial Intelligence
Marcel Lemahieu 0
How and when will AI deliver productivity and open new markets?

Since the rise of the industrial revolutions, there has always been a very active debate among the academic community confronting “technology innovation optimist” and “technology innovation pessimist”. Likewise, there is debate whether artificial intelligence (AI), like many previous technologies could have a positive or a negative impact on the economy,

Analytics | Artificial Intelligence | Machine Learning
Aneshan Ramaloo 0
How analytically driven decisions can help retailers get the right size to the customer

In my previous blog post, I talked about how both retailers and consumers can benefit from applications of artificial intelligence and discussed some compelling use cases. I would like to take this post a step further and delve into a particular bugbear of mine: the struggle to find the right size. In

Advanced Analytics | Artificial Intelligence | Machine Learning
Andreas Becks 0
A reality check on artificial intelligence: Potential, limits and consequences

Gartner expects artificial intelligence (AI) to create 2 million new jobs by 2025. AI and machine learning are already an important part of business processes and business areas in many companies and organisations, making everyday work easier, optimising interactions with customers, reliably predicting the failure of machines or supporting the

Analytics | Artificial Intelligence | Data Visualization
Olga Lucia Baquero 0
La analítica avanzada, el driver de la transformación en los negocios

La Cuarta Revolución Industrial, el Internet de las Cosas y la Inteligencia Artificial son conceptos que hacen parte de la transformación digital, y tienen el poder de cambiar los modelos de negocios de una organización. Para que esta era ayude a que las empresas sigan el ritmo de las demandas

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence
Kimmo Havu 0
Tekoälykokeiluista analytiikan laajamittaiseen hyödyntämiseen

Suomalaisessakin yrityskentässä  pohditaan, miten tekoälyä voidaan hyödyntää kilpailuedun rakentamiseksi. Mahdollisia käyttökohteita tekoälyn hyödyntämiseksi on lähes rajaton määrä. Pörssiyhtiöiden johto on aika hyvin tietoinen mahdollisuuksista, ja yritysten strategiassa tämä aihealue alkaa olla hienosti mukana. Tästä kuulimme yhden esimerkin kesäkuun alussa SAS Business Forumissa Helsingissä, kun Konecranesin Juha Pankakoski avasi yrityksen strategiaa,

Artificial Intelligence
SAS Viya: DLPyを用いたディープラーニングの判断根拠情報出力

ディープラーニング&画像処理用Python API向けパッケージ:DLPyでは、DLPyの基本的な機能を紹介しました。その中で、ディープラーニングの判断根拠となり得る情報、つまり入力画像のどこに着目しているのかをカラフルなヒートマップとして出力することができるheat_map_analysis()メソッドに触れました。 今回は、heat_map_analysis()メソッドを使用して、ヒートマップを出力する際に指定可能な有効なオプションに関していくつか紹介します。 GPU活用 ヒートマップ解析時の判別(予測)処理再実行回避 ヒートマップ出力対象画像タイプ(正・誤判別)指定 ヒートマップ出力対象画像指定 1.GPU活用 SAS Viyaのディープラーニングでは、ネットワークの層ごとにGPUを使用するかどうかの指定が可能ですが、ヒートマップを出力する際にも、指定したテストデータをモデルに当てはめての予測処理は実行されることになるので、同様にGPUを使用することが可能です。 GPUを使用することで、ヒートマップ出力の時間を短縮することができます。 2.ヒートマップ解析時の判別(予測)処理再実行回避 最初にheat_map_analysis()メソッドを実行する際には、モデルにテストデータを当てはめて判別(予測)処理が行われますが、以降、heat_map_analysis()メソッドを使用して、必要な判断根拠情報を再出力する際には、最初の実行時に計算された値を再利用するので、都度再計算(判別・予測処理)は行わず、より効率的、迅速に、ヒートマップを出力することができます。 「1.GPU活用」でのheat_map_analysis()メソッドではパラメータとして「data=te_img」が指定され、モデルにテストデータを当てはめていましたが、下記の再実行の例では、このパラメータは指定されず、結果のメッセージにも「Using results from model.predict()」と、実行済みの計算結果が使用されている旨が表示されています。 3.ヒートマップ出力対象画像タイプ(正・誤判別)指定 ディープラーニングのモデルにテストデータを当てはめて判別(予測)した結果として、正しく判定された画像と間違った判定が下された画像があります。 heat_map_analysis()メソッドの「img_type」パラメータを使用し、正:”C”(Correct Classification), 誤:“M”(Miss Classified), すべて:“A”(All)、を指定して該当画像の判断根拠情報を出力することが可能です。 以下は、誤判別された画像(img_type=‘M’)の判断根拠情報出力例です。 画像のどの部分に着目して、間違った判断に至ったのかを確認することができるので、モデル精度を改善するためには、学習用にどのような画像が必要なのかといった、示唆も与えてくれます。 4.ヒートマップ出力対象画像指定 heat_map_analysis()メソッドの「filename / image_id」パラメータを使用し、特定の画像を指定して、出力することも可能です。 以下は、画像ファイルリストの上位2つの画像のヒートマップをファイル名指定で出力している例です。 以下は、画像ファイルリストの先頭の画像のヒートマップをID指定で出力している例です。 上記例の詳細に関しては、こちらのGitfubサイトをご覧ください。  DLPyの詳細に関しては、こちらのGithubサイトをご覧ください。  

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | Machine Learning
「Pipefitter」の応用 ~CNN(特徴抽出器)+機械学習(分類器)でCNNの欠点を補完

前回は、SASの「Pipefitter」の基本的な使用方法を紹介しました。続く今回は、基本内容を踏まえ、ひとつの応用例を紹介します。 SAS Viyaのディープラーニング手法の一つであるCNNを「特徴抽出器」として、決定木、勾配ブースティングなどを「分類器」として使用することで、データ数が多くないと精度が出ないCNNの欠点を、データ数が少なくても精度が出る「従来の機械学習手法」で補強するという方法が、画像解析の分野でも応用されています。 以下は、SAS Viyaに搭載のディープラーニング(CNN)で、ImageNetのデータを学習させ、そのモデルに以下の複数のイルカとキリンの画像をテストデータとして当てはめたモデルのpooling層で出力した特徴空間に決定木をかけている例です。 In [17]: te_img.show(8,4) 以下はCNNの構造の定義です。 Build a simple CNN model   In [18]: from dlpy import Model, Sequential from dlpy.layers import * from dlpy.applications import *   In [19]: model1 = Sequential(sess, model_table='Simple_CNN')   Input Layer   In [20]: model1.add(InputLayer(3, 224, 224, offsets=tr_img.channel_means))   NOTE: Input

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | Machine Learning
機械学習のパイプラインを簡素化するPython向けパッケージ「Pipefitter」

SASでは、Python向けパッケージ/ライブラリとして、機械学習のパイプラインの実装を簡素化する「Pipefitter」を提供しています。 SASの「Pipefitter」パッケージは、SAS Viyaまたは、SAS v9の反復可能なワークフローの一つの段階として、データ変換とモデルフィッティング向けパイプラインを開発するためのPython APIを提供します。 このパッケージを使用すると、SASでデータを操作して、次のような処理を実装できます: ・欠損値補完 ・デシジョンツリー、ニューラルネットワーク、およびその他の機械学習テクニックを使用したパラメータ推定値の適合 ・ハイパーパラメータチューニングを使用したモデル選択の高速化 ・スコアリングとモデル評価 「Pipefitter」のもう一つの重要な特徴は、SASが提供する他の2つのPythonパッケージの能力に基づいていることです。 SWAT: SAS Viyaプラットフォームのインメモリー分析エンジンであるSAS Cloud Analytic Services(CAS)を活用し様々なデータ操作や分析を可能にするPython向けパッケージ SASPy: SAS9.4の機能を活用し、分析、データ操作、および視覚化を行うためのPython向けパッケージ ロジスティック回帰でのパラメータ推定などのパイプライン処理は、SASPyを介してSAS 9で、SWATを介してCASで同じように実行されるように設計されています。 以下は、タイタニック号の乗船者データに基づくパイプラインの例です。 まず、KaggleのサイトからPandas DataFrameにデータをダウンロードします。 In [1]: import pandas as pd In [2]: train = pd.read_csv('http://s3.amazonaws.com/assets.datacamp.com/course/Kaggle/train.csv')   In [3]: train.head() Out[3]: PassengerId Survived Pclass 0 1 0 3 1 2 1

Analytics | Artificial Intelligence
Mauricio González 0
Para ser inteligente, su empresa debe aprender primero

Para desarrollar nuestra inteligencia, los seres humanos tenemos que aprender. Comenzamos por percibir el entorno, perfeccionar nuestras capacidades de comunicación (hablar, leer, transmitir pensamientos abstractos) y absorber una gran cantidad de conocimientos a medida que crecemos. La máquinas y computadoras siguen un camino parecido. Para que Siri o Alexa, por

1 2 3 4 5 9

Back to Top