Education

Analytics | Artificial Intelligence
Evolución de la banca: de Heráclito a la inteligencia analítica

Hace 2.500 años Heráclito expresó una verdad que aún nos persigue: “Nada es permanente a excepción del cambio”. Y esto incluye a la banca. Con sus orígenes diluidos en la historia, desde la Mesopotamia hasta los egipcios, fueron los templos los que empezaron con esto, siendo usualmente utilizados para almacenar

Analytics
Sandra Hernandez 0
Desafíos del marketing moderno: Simplicidad, flexibilidad y accesibilidad combinadas con tecnología para mejorar la experiencia del cliente

El concepto de Martech ha sido ampliamente discutido en los últimos tiempos, pero su definición y enfoque pueden variar considerablemente. En mi análisis, Martech es una combinación esencial de marketing y tecnología que permite desarrollar estrategias de marketing efectivas utilizando tecnologías como análisis de datos e inteligencia artificial para mejorar

Analytics | Learn SAS | Programming Tips
Noah Han 0
SoDA로 데이터 과학 시작하기

SoDA를 이용해 쉽게 배우는 데이터 과학 #1 SoDA(SAS OnDemand for Academics)는 SAS가 무료로 제공하는 교육용 데이터 분석 소프트웨어 프로그램입니다. 앞으로 4회에 걸쳐 'SoDA 를 이용해 쉽게 배우는 데이터 과학'을 자세히 소개해 드리도록 하겠습니다.  SoDA란? SoDA (SAS OnDemand for Academics; SoDA)는 데이터 과학을 처음 배우는 입문자들에게 SAS를 무료로 배울 수 있도록

Analytics | Artificial Intelligence | Customer Intelligence
3 tendencias de IA que impactarán las empresas

La inteligencia artificial no es algo nuevo, ni siquiera reciente. Aunque sus orígenes se remontan al siglo XIX, el término "Inteligencia Artificial" se escuchó por primera vez en 1956 de boca de John McCarthy. Sin embargo, hasta ahora, y gracias a plataformas como ChatGPT, es que se escucha más. Con

Analytics | Students & Educators
イベントレポート: 東京理科大学×SAS 合同シンポジウム

社会におけるデータ活用の拡大に伴い、データ活用人材の需要はますます大きくなってきています。東京理科大学データサイエンスセンターとSAS Institute Japan 株式会社は、データサイエンス人材の教育とキャリアについての知見を深めるため、2022年12月21日(水)に合同でシンポジウムを開催しました。本記事では、このイベントの様子をご紹介したいと思います。 シンポジウムの開会にあたり、東京理科大学 副学長 坂田 英明 様、SAS Institute Japan 株式会社 営業統括本部長 宇野 林之からご挨拶がありました。坂田副学長は、2031年に150周年を迎える東京理科大学が掲げるTUS Vision 150のなかで、データサイエンス教育に重点を置いていることに触れ、2019年に設置された東京理科大学データサイエンスセンターが、データサイエンスの応用分野創造と人材育成を進めていることを紹介しました。SASの宇野からは、40年以上の間、アナリティクスを専業としてきたSASの歴史に触れながら、リソース不足で実りが少なかった第二次AIブームと違い、昨今の第三次AIブームは豊富な計算リソースを背景に社会に浸透しており、特にビジネスの世界では、データドリブン経営から業務のディシジョンのサポートまで、データサイエンスが幅広く活用されていることを紹介しました。両者ともにデータ活用人材の不足を課題に挙げ、本シンポジウムでの議論に期待を寄せました。 第1部:東京理科大学におけるデータサイエンス教育 第1部では、東京理科大学のデータサイエンス教育の紹介と、そこで学んだ学生からの研究発表が行われました。 まず、データサイエンスセンター長 矢部 博 様から、データサイエンス教育の取り組みについて紹介がありました。理系の総合大学である東京理科大学では、各学部でデータを活用した研究・教育がされてきましたが、学長直下の組織として設置されたデータサイエンスセンターが横串となり、各学部や教育推進機構、研究推進機構、産学連携機構と連携しながら、データサイエンス教育・研究のハブとしての役割を果たしています。 政府はAI戦略2019のなかで年間50万人のリテラシーレベルの人材と年間25万人の応用基礎レベルの人材の育成を目標に掲げていますが、東京理科大学では、既に2019 年度から独自の教育プログラムを展開しています。まず、全学部生が対象のデータサイエンス教育プログラム[基礎]は、数学、統計学、情報学、データサイエンス、その他の授業から20単位をB評価以上で取得することで、認証書が授与されます。大学院生が対象のデータサイエンス教育プログラム[専門]では、数理コース、ビジネスコース、人工知能コース、医薬コース、機械学習コース、医療統計コース、Informaticsコースの各コースが設定する科目から8単位をB評価以上で取得することを要件としており、高度な知識と技能を持った学生を認証しています。 また、SASとの共同認定プログラムであるSAS Academic Specializationでは、SASを活用したデータ分析を実践する授業の6単位を取得することで、SASスキルと統計解析の知識を認定します。特に、SASソフトウェアを用いた研究課題や実践課題に取り組み、論文を提出し、審査に合格することが条件となっています。このような教育プログラムをデータサイエンスセンターが提供することで、各学部での一般・専門教育と並行してデータサイエンス人材の育成を推進しています。 次に、理学部第二部数学科 教授 伊藤 弘道 様から、社会人履修証明プログラムについて紹介がありました。東京理科大学の理学部第二部は、日本唯一の夜間理学部として、特に理科・数学を中心とした学び直しの機会を提供してきました。現在、社会人学生の割合は1割程度で、教員免許の取得を目指す学生も多く在籍しています。学部の課程と並行して履修証明プログラムを2020年度から開始しています。コースの種類としては、SAS認定コース、データサイエンスコース、数理情報コース、統計学入門コース、数理モデリングコース、数学リテラシーコース、微分幾何入門コースがあり、さまざまなスキルや知識を持って社会で活躍できる人材を育成しようとしています。 続いて、SAS教育の実践を含む教育の一つとして、大学院講義「カテゴリカルデータ解析」に関し、工学部情報工学科 教授 寒水 孝司 様より紹介がありました。この授業は理論と演習から構成されます。演習パートについて、企業で活躍する専門家が講師として招聘され、担当しています。講師の統計解析への知見、SASプログラミングの専門的な知識や技術を吸収しようと、学生は理論の学習と演習課題に交互に取り組んでいます。特にこの授業では、クロス集計とその指標の推定から、交絡のあるデータを扱うための技術を習得します。 学生の研究発表 第1部の最後に、4組の学生からデータ分析を活用した研究発表がありました。独自に設定した課題について、大学のプログラムで提供されているデータや自身で収集したデータを用いた分析結果を発表しました。みなさん、基礎分析をしっかり行い、データの傾向を掴もうとしていたことが印象的でした。将来の夢の発表もあり、スキルを磨いて夢を実現されることを期待しています。 第2部:ビジネスにおけるデータサイエンス人材の活用 第2部では、ビジネスにおけるデータ活用事例およびデータ活用人材のニーズやキャリアについて、講演がありました。 採用市場におけるデータ活用人材のニーズ まず、株式会社マイナビ 就職情報事業本部 マイナビ編集長 高橋 誠人 様より、データ活用人材の採用市場におけるニーズについて紹介されました。株式会社マイナビは、就職活動支援サービスの提供のみではなく、大学や企業と連携してデータ活用人材の育成の支援を行っています。特に、2024年卒業学生向けの新卒就職活動サイト「マイナビ2024」からは、「DX(デジタル・トランスフォーメーション)がわかる超基礎講座」というe-learningを提供し、IT人材のキャリア形成を支援しています。 講演では、経済産業省の「新産業構造ビジョン」や情報処理推進機構の「DX白書2021」などからデータを引用しながら、IT人材のニーズについて論じました。ほぼすべての分野においてIT技術を核とした革新が期待されているなか、IT人材の需要は高まることが予測されています。米国ではIT人材不足が解消されてきている一方、日本国内のIT人材は質・量ともにまだまだ不足感があります。プロダクトマネージャー、ビジネスデザイナー、テックリード、データサイエンティストと、さまざまな側面のデータ活用人材が不足していると感じている企業が半数以上です。(一方で、「自社には必要ない」と考えている企業も2割程度あるのも問題かもしれません。)2030年には、中位シナリオで45万人のIT人材が不足すると予測されています。マイナビ社の調査結果を見ると、新卒の就職市場は全体的に堅調であるなかで、情報系学生の就職先が製造・ソフトウェア・通信分野に偏っていることが問題であるように思われます。転職市場では、全体と比較してIT・通信・インターネットの分野において、転職による給与の上昇が期待できるようです。最近では、経験者を募集する割合が減ってきていることも人材不足を反映しているかもしれません。

Analytics
Cheryl Cass 0
How UNC Wilmington data science students are using SAS to drive business results for Lightcast

Students in the master's program in data science at the University of North Carolina Wilmington (UNCW) drove real-world results using SAS® Viya® for the labor market analytics company Lightcast. The project gave students practical analytical tools to solve a business challenge – invaluable career preparation. At the same time, Lightcast gained business insights

Advanced Analytics | Analytics | Artificial Intelligence | Data for Good | Learn SAS | Students & Educators
Ricardo Galante 0
História do SAS LAB na Faculdade de Ciências da Universidade de Lisboa

Origem e benefícios do Laboratório Científico criado pelo SAS, na Faculdade de Ciências da Universidade de Lisboa. No final do ano passado, o SAS Portugal anunciou a criação de um laboratório científico - designado SAS-FCUL Lab - na FCUL - Faculdade de Ciências da Universidade de Lisboa, com o objetivo

Learn SAS | Students & Educators
0
SAS® OnDemand for Academicsがリニューアルしました

2023年を迎えて間も無く1ヶ月が経とうとしていますが、皆様はどのよう新年のスタートをされましたでしょうか。With コロナに向けた取り組みが社会的には広がり、自らが管理する時間が増えた中で、質の良い学習時間を確保することは社会人・学生問わず大変重要なことかと思います。 さて、SASでは学習および教育を目的とする方向けに、SAS® OnDemand for Academics (ODA) というアナリティクス・ソフトウェアを無料で提供しています。実は、このSAS ODAですが昨年末にログイン画面のアップグレードが行われ、提供されている各種機能へのアクセス方法がわかりやすくなりました。このブログ記事では、アップグレード後の SAS ODAについて紹介していきます。 ①ホーム画面(中央) 画面中央には大きく3つのセクションがあり、それぞれ下記の内容が提供されています。 Code with SAS® Studio すべての教員・学生・個人学習者を対象として、Webサイトにアクセスするだけで使用可能です 提供されている”タスク”からGUI的にSASコードを生成可能です(もちろん自分でコーディングすることも可能) SAS Studio上にプログラムファイルの新規作成、既存ファイルのアップロードが可能です(最大5GB) アクセス可能なSASソフトウェア一覧: SAS/STAT® Base SAS® SAS/IML® SAS/OR® SAS/QC® SAS/ETS® Learn SAS Programming Programming 1, Statistics 1といった統計学やプログラミングに関するいくつかのe-learningや、動画教材を提供しています SASソフトウェアや統計解析・機械学習を中心とした基礎的な知識、スキルをe-learningを通じて習得可能なオンライン学習プラットフォームSAS Skill Builder for Studentsを学生を対象として提供しています(大学ドメインのアドレスが必要) SASの認定資格に関するガイドをていきょうしています Collaborate with SAS Communities いくつかのSASに関連するコミュニティ情報が掲載されています プログラミングや解析にあたっての疑問点、Tipsを共有し、世界中のSASユーザーからコメントをもらうことが可能です ②ホーム画面(右) 初期状態では次の5つのアイコンが表示されます。 Files

Analytics
Kayla Woitkowski 0
6 reasons why hiring early-career talent may be a strategy to explore

Determining the “right” talent strategy for an organization isn’t easy. Diverse projects and priorities demand various levels of knowledge, skills and experiences to achieve the end goal. Talent planning requires assessing current employees and unearthing the gaps to identify what’s needed to meet business demands. Specific and extensive knowledge and

Analytics | Artificial Intelligence | Machine Learning
Hui Li 0
Machine learning: ¿Qué algoritmo utilizar?

Este recurso está diseñado principalmente para científicos de datos, analistas principiantes o intermedios que están interesados en identificar y aplicar algoritmos de machine learning para abordar los problemas de su interés. Una pregunta típica de un principiante, cuando se enfrenta a una gran variedad de algoritmos de machine learning, es:

Advanced Analytics | Analytics | Students & Educators
Brock Matthews 0
Innovative higher education analytics projects and influential tech leaders honored by EdScoop

Higher Education has been slow to adopt analytics in comparison to the commercial sector, but those institutions that have embraced a culture of analytics have seen significant and tangible results. Higher Education analytics can help in nearly every corner of academia including enrollment and retention, student success, academic research and

Analytics | Artificial Intelligence | Data for Good
Josh Morgan 0
Supporting mental health with data and analytics through improved education policy

All students need hope at varying levels to graduate, especially those needing mental health support. Many students are still reacclimating to life after two years of COVID disruptions, on top of the usual anxiety that comes with beginning a new phase of life. New and unfamiliar surroundings, increased pressure of

Analytics | Work & Life at SAS
Danielle Pavliv 0
How HBCUs have empowered success among SAS employees

Historically Black Colleges and Universities (HBCUs) are vital to growing the next-generation workforce. At SAS, enabling and empowering HBCUs is an intentional component of our diversity, equity and inclusion strategy. We are committed to supporting and engaging with HBCUs from outreach and recruitment to supporting HBCU faculty, administration and research,

Artificial Intelligence | Data for Good | Learn SAS
Reggie Townsend 0
Next generation of responsible AI innovators tackle real-world challenges with AI4ALL and SAS

As head of the SAS Data Ethics Practice, I spend a lot of time contemplating the social implications of AI. Considering its benefits like augmenting medical decisions and pitfalls, making decisions based on biased data results in dire consequences for patients. Such implications have the potential to impact society in a variety

Analytics | Artificial Intelligence
Glyn Townsend 0
Smart cities: Which parts of the UK are the most AI-ready?

AI has, for many years, been the stuff of fantasy. From the monster in Mary Shelley’s Frankenstein to the dystopian futures depicted in films such as Metropolis, the Matrix and Minority Report, the idea of intelligent machines has been capturing the imagination of writers for centuries. Our ability to store

Analytics | Learn SAS | Students & Educators
Gaetano Varriale 0
Collaboration is key to developing data specialists in Italy

"Companies across pharma and medtech need talented people to cover the range of data-related challenges." Paolo Morelli, Executive VP, Biometrics of Alira Health Paolo Morelli, Executive Vice President, Biometrics of Alira Health, tells us how he developed a relationship between the University of Bologna and industry-leading companies – and what

1 2 3 4 13