Education

Learn SAS | SAS Events | Students & Educators | Work & Life at SAS
SAS新入社員研修の海外現地体験談ーーSASのマインドをフルゲットできるチャンス

前回のSASブログ「SAS新入社員研修の体験談」では、筆者の同僚がSAS新入社員研修のGlobal Customer Advisory Academyについて概要とオンラインでの実施について紹介しました。COVID-19の影響で、今年度の該当プログラムはオンラインで実施されましたが、昨年度までこのプログラムは、アメリカのノースカロライナ州にあるSAS本社を訪問し、参加するグローバルプログラムでした。本ブログでは、現地での実体験に関して、主にいくつかインパクトなポイントを紹介します。 筆者が当時SASに入社する際に、該当プログラムに参加するチャンスがあり、アメリカ本社の現地に行き、経験したことがありましたので、ここでその経験と感想を共有したいと思っています。まず簡潔に、現地で行われたスケジュールを紹介していきますと、 プログラム名:Global Customer Advisory Academy(以下CAアカデミーと呼びます) プログラム期間:18週間 8週間・アメリカ本社に行き、研修を開始(前半) 4週間・日本オフィスに戻り、実務ローテーションを実践 6週間・アメリカ本社で研修を継続し、完了後に日本オフィスに戻る(後半) 使う言語:英語(ローテーション期間は日本語) では、このプログラムで、現地で行われた時に最も印象的なポイントはいったい何でしょう。下記三つの面から紹介します。 企業文化(価値観と帰属感) グローバル視野と広い人脈 社会責任への意識とチームでのValue創出 それぞれについて、CAアカデミーで、どう遂行されていたのを詳細に紹介します。 1.企業文化 SASのコア価値観:Curious、Authentic、Passionate、Accountableという四つの柱があります。それらはSAS企業文化の最大要素となり、SAS社員も日々それらの素質を持ち、行動していくことが、強く推奨されています。 それらの価値観は具体的にどのようにCAアカデミー研修で表現されているのかといいますと、下記の通りです。 C-Suiteの方々からダイレクトなSASの歴史と戦略の紹介 SASの業界コンサルタントからSASと各業界の関わり方とビジネスモデルの専門指導 各部門の指導者・業界先輩からの激励 現地でのCAアカデミー研修では、直接SASのトップ経営層からSASの過去から、現在と未来を対面で語られるチャンスが複数回与えられています。新入社員として、短時間で、明白にSASという会社はどのようなビジネスをしてきて、これからどの方向に向かっているのかということを把握することができ、会社理念を認識することができるようになっています。アカデミーで、Authenticな会話ができるため、新入社員も各自自分の将来に繋がる会話をすることが多くなっています。そのような環境が備えられていることで、数週間のうちに、自然にSASの企業文化と理念を身に着けていきます。知識を吸収するというよりも、馴染んでいくということに近いです。 また、現地でCAアカデミーに参加した時に、各業界のコンサルタントが定期的に本社オフィスにきて、業界研究知識などを教えてくれました。普段それらのコンサルタントたちは、各地域にいて、とても忙しい方がほとんどです。その中には、会社顧問などをされていた方もいました。筆者が参加した時に、ヨーロッパで仕事されていたある業界リードランクのコンサルタントがSAS本社オフィスに渡航してきて、業界に関する彼の知見を教えてくれました。この教える仕事は、彼たちの本職ではなく、CAアカデミーからの依頼に応じて、自主参加するものなので、そのような単なる仕事に対する熱意だけではなく、後輩を育てる情熱(Passionate)や責任を持つ意識(Accountable)のところは当時の私たちにとっても痛感できました。 SASのCEOであるDr. Goodnightはこう言ったことがありました。 「If you treat employees like they make a difference, they will make a difference」 実際、筆者がSAS本社にいた期間では、まさにこの言葉を実体験することができました。当時入社したばかりで、プログラムに参加した当初は、まだまだ浅い考えや振る舞いをしたこともありましたが、そこでシニアな先輩、指導者の方、マネージャーまで色んな方から励まされて、自分のやったことが有意義であることとして扱ってくれていました。そして、仕事に対する意欲・動力・興味は高められていきました。それはいまになっても、前進するモチベーションになったりすることがよくあります。 また、恥ずかしながら、筆者は物事の根源に当たるものを追求する好奇心を持ち、色んなアイデアを試して、正直に意見を言う人間です。そのような素質は、SASのコア価値観のCurious・Authenticと一致し、CAアカデミーの時から重視されてきました。 そのようなプロセスの過程で、SASのコア価値観と共に、だんだんSASへの帰属感も育てることができました。   2.グローバル視野と広い人脈 SASはグローバル企業ですので、CAアカデミーでは色んな国から、色んな背景を持つ方が一緒に参加しています。さらに、現地では、それらのグローバルの同僚と同じホテルで14週間も一緒に過ごすことで、お互いへの理解を深め、グローバル範囲での深い絆を構築することができました。 そのような環境で、実際日々の研修では、同じ課題に対する広い視野からの違う観点が毎日の研修の中で飛び交っていました。そして、そこからディスカッションの時間が充分に用意され、違う観点のグローバル同僚との会話により、自らの視野も広げていくことができました。そのような違う観点から物事を考える思考力はとても大切なもので、いまでも重視しているものだと思っています。

Analytics | Data Visualization | Students & Educators
Lee Ellen Harmer 0
Sanitize before you share: thinking critically about COVID-19 data

Being overwhelmed by the volume of news isn’t a new phenomenon. But today, our sense of being overwhelmed has increased and triggered feelings of fear, frustration and anxiety, given the ongoing developments and research tied to COVID-19. How do we sift through the volume of information facing us and truly understand whether the news we consume is factual or based on

Analytics | Learn SAS
Adriana Rojas 0
“Los perfiles híbridos, que combinan la parte cuantitativa y de negocio, son muy atractivos para las empresas”

Las compañías son hoy más conscientes que nunca de la necesidad de basar su toma de decisiones de negocio en datos para que éstas sean lo más objetivas y fundamentadas posible. Esta tendencia está teniendo un impacto en la demanda de perfiles analíticos, capaces de interpretar los datos y extraer

Analytics | Students & Educators
0
“Las universidades deben colaborar con las empresas para no quedarse obsoletas”

El avance imparable de la digitalización requiere de nuevas habilidades y capacidades en los profesionales, una demanda que determinará las necesidades educativas de los próximos años. Hemos entrevistado a Carmen Calderón Patier, Decana de la Facultad de Ciencias Económicas y Empresariales Universidad CEU San Pablo, que nos ha ofrecido su

Analytics | Data Visualization | Students & Educators
Nihan Yami 0
Şimdi dünyanın eskisinden de fazla veri bilimcisine ihtiyacı var

Yeni tip korona virus (COVID-19) ile yapılan global mücadeleye veri bilimi ışığında katkıda bulunmak ister misiniz? Uzmanların belirttiği üzere, “sosyal mesafe”ye dikkat etmek ve temel hijyen kurallarını takip etmek başta olacak şekilde, almamız gereken önlemler var. Veri bilimciler ise bu pandeminin en etkili şekilde yönetilmesinde çeşitli projelerle yardımcı olmaktalar. Sizler

Analytics
Gloria Cabero 0
Mujeres en analítica, rompiendo paradigmas

Escuchamos con frecuencia que las mujeres se están empoderando. Las vemos asumiendo roles de liderazgo en prácticamente todas las disciplinas: política, economía, investigación, astronomía, literatura y tecnología, por mencionar sólo algunas. Se podría afirmar que hoy sus capacidades laborales e intelectuales compiten a la par de las de sus contrapartes

Analytics
Carlos Hernández 0
Recomendaciones para permear una estrategia de Data Management en todos los niveles de la organización

  El mundo se está transformando y con él todos los mercados. La Tecnología Analítica, La Inteligencia Artificial, el Internet de las Cosas y la Cuarta Revolución Industrial son temas que conforman la Transformación Digital de las empresas y tienen la capacidad de mejorar el desempeño y los procesos de

Analytics | Data Visualization
Ivan Fernando Herrera 0
Visualizando los datos de manera más efectiva e inteligente

Cuando hablamos de convertir datos en inteligencia no solamente estamos haciendo referencia a obtener de ellos conocimiento para tomar las mejores decisiones. También se trata de tener formas de comunicación mucho más efectivas e impactantes a través de capacidades avanzadas de visualización, para lograr que el conocimiento sea realmente usado

Analytics
Mauricio González 0
Consejos para adquirir la tecnología que acelere la transformación digital

Muchas organizaciones equilibran las soluciones de código abierto con software comercial para cumplir con los requisitos de análisis estadístico, tanto dentro de sus organizaciones como externamente con los organismos reguladores. Si bien las herramientas analíticas de código abierto ofrecen una comunidad en línea sólida y una amplia gama de algoritmos,

Analytics
Mauricio González 0
Democratizar la Analítica

  A continuación, se mencionan algunos ejemplos: Comercio electrónico: La industria de comercio electrónico es probablemente una de las más dinámicas en términos de innovación tecnológica: cada vez que los usuarios interactúan con las aplicaciones y páginas web de las empresas, toda la información es continuamente capturada y representa la

Analytics
Gustavo Guerrero 0
Analítica Avanzada e Inteligencia Artificial: engranaje indispensable para lograr la transformación digital

Los científicos de datos altamente calificados y los profesionales analíticos escasean a medida que las organizaciones luchan por encontrar soluciones a problemas empresariales cada vez más complejos. En este entorno, las soluciones de Analítica Avanzada y de Inteligencia Artificial (IA), se presentan como propuestas idóneas, construidas para la velocidad y

Analytics
Rubén Valdovinos 0
La operacionalización de la analítica como factor para impulsar el éxito de los negocios

A diario los directivos y dueños de las empresas toman decisiones que tienen impacto en sus negocios, por lo que, al incorporar la analítica en sus procesos, pueden tomar mejores decisiones, incluso cuando se tienen que evaluar miles o millones de alternativas como parte de una actividad cotidiana. Sin embargo,

Analytics
Héctor Cobo 0
Tecnología analítica: empezar con los objetivos de negocio

Los datos, y sobre todo su significado y usabilidad, se han ido transformando con el tiempo. Anteriormente hablar de datos era pensar en unos y ceros, en tablas estáticas o incluso en materiales que no se aprovechaban. Hoy, pensar en datos es pensar en la fuente principal de las historias,

Data for Good | Students & Educators
0
Data for Goodを通じて"本物の"データサイエンティストになろう!

アナリティクスは数多くの課題を解決してきました。ビジネスにおけるデータサイエンスの有用性は周知の通りであり、既に多方面で応用されています。SASはこれを発展させ、データを用いて社会課題を解決する“Data for Good”を推進しています。本記事では、その一環として設立したSAS Japan Student Data for Good Communityについてご紹介します。 SAS Japan Student Data for Good Community データサイエンスにおいて最も重要なのはアナリティクス・ライフサイクルです。これはData・Discovery・Deploymentからなる反復型かつ対話型のプロセスで、このサイクルをシームレスに回し続けることで初めてアナリティクスは価値を発揮します。データを用いたアプローチが可能な課題の発見から、分析結果を活用する具体的なアクションまでを含む一連の流れのもと、そのアクションに「必要な情報」は何か、その情報を導き出すためにはどのようなデータや手法が使えるかと思考をブレークダウンし、議論を重ねることが大切です。しかし、学生の授業や書籍による学習は具体的なデータ分析手法や統計理論にフォーカスされ、上記のようなデータサイエンスの本質的な流れを学習・実践する場が殆どないのが現状です。そこで、学生がData for Goodを題材にデータサイエンスの一連の流れを実践する場としてSAS Japan Student Data for Good Communityを設立しました。本コミュニティの目標は以下の三つです。 学生が主体となって議論・分析を行い、Data for Goodを推進すること。 データサイエンスのスキルを向上させること。 学生間の交流を深めデータサイエンスの輪を広げること。 活動内容 ・Data for Good 山積する社会問題のなかからテーマを選択し議論や分析を通してその解決を目指す、本コミュニティのメインの活動です。議論は主にオンライン上で行いますが、適宜オフラインでの議論や分析の場を設けます。もちろん、社会問題の解決は一般に困難です。データは万能ではなく、アナリティクスが唯一の絶対解とも限りません。しかし、課題をいくつかのステップに区切り、その一部分だけでもデータの力で改善することは十分可能であると考え、そのために学生間で様々な議論を重ねることは非常に有意義だと感じています。そもそもData for Goodの考え方は、「事象の把握にデータを使用すること(Descriptive Analytics)」ではなく、アクションを行う際に「データを用いてより良い意思決定の支援をすること(Predictive/Descriptive Analytics)」です。課題そのものの理解から、いくつかの施策がある中で、データのアベイラビリティなども踏まえて、「アナリティクスで解くべき(解きやすい/解く意味のある)問題」は何かを考える必要があります。これらは確かにChallengingではありますが、他の学生とのアイデアの共有や現場のSAS社員からフィードバックをもとに、協力しながらプロジェクトを進行させられることは本コミュニティの大きなメリットの一つです。将来的には関連NPO法人との連携も計画しています。 ・勉強会 月に一回、SAS六本木オフィスにてコミュニティ内の勉強会を開催します。複数の社会問題をテーマとし、後述するアナリティクス通信を通して学んだ事例・知識に基づき、それらの課題解決にどのようなアプローチ(必要なデータ・有効な分析手法等)が有効であるかについて議論します。社会問題に対する見聞を広めるとともに、「アクション可能な課題を見つける」・「データを用いたアプローチを考える」といったデータサイエンスを進めるうえで重要となる観点を養います。以前開催した勉強会の様子はこちらの記事からご覧ください。(第一回・第二回) ・アナリティクス通信 週に一回、先述の勉強会で議論を進めるために必要な知識やデータをまとめたアナリティクス通信を配信します。コンテンツの内容は、社会問題の背景知識・関連するオープンソースデータ・データサイエンスに関するTipsなどを予定しています。データの見方を養う機会や、意欲あるメンバーが実際に分析を行うきっかけになることを期待します。 ・外部イベントへの参加 データ分析能力の向上や、Data for Goodに応用可能な新たな視点の獲得等を目的とし、有志メンバーでの外部データ分析コンペティションや関連講演会への参加を企画しています。 コミュニティメンバー募集! 上記の活動に加え新規活動案は随時受け付けており、学び溢れるより良いコミュニティを目指していきます。社会問題を解決したい方やデータサイエンスの力を養いたい方など、多くの学生のご参加を期待しています。(学年・専攻等の制限はありません。前提知識も仮定しません。中高生のご参加も歓迎します。)本コミュニティの活動にご興味がおありでしたら下記事項をご記入の上JPNStudentD4G@sas.comまでご連絡ください。 お名前

1 2 3 4 11