Education

Analytics | Learn SAS | Students & Educators
SAS OnDemand for Academics を利用して授業準備の手間を削減しよう!

統計ソフトを大学等の授業で用いる際に問題となるのが、統一的な環境を用意することの難しさです。受講者全員が同じバージョンのソフトウェアを同じ設定で利用し、同じ場所にあるデータにアクセスするような環境を準備しないと、個々の環境の差異から発生する問題に対処するだけで授業時間が終わってしまうでしょう。 また、統計ソフトを利用した演習講義では、プログラミングが必要になる場面が多いと思います。しかし、少ない授業時間を割いてプログラミングに慣れていない学生にコーディングを教えることは、本来その講義で教えるべき内容を削ってしまいかねません。 ご存知の方も多いと思いますが、SASでは、教育・研究および個人学習目的の利用に限り、無償ソフトウェアを提供しています。ダウンロードしてローカルPCの仮想マシンにセットアップするタイプの SAS University Edition と、クラウド上のアプリとして実行するタイプの SAS OnDemand for Academics がありますが、後者を使うと、上述した統計ソフトを利用した講義における統一環境の準備の問題およびプログラミングの問題を解決することができます。 SAS OnDemand for Academics (以下、SODAと略します) の特徴は以下のとおりです。 クラウド上で実施するソフトウェアなので、インターネット接続さえあれば、PC環境を統一させる必要がありません。 教員はWebページ上で「Course」を作成することができ、学生がその「Course」に登録することで、教員が用意したデータに学生の環境からアクセスすることができます。 ポイント&クリックで操作できるインターフェイスにより、プログラミングせずに統計やデータマイニングの機能を利用することができます。   SODAの利用手順: まずはSODAに登録します。登録の方法は、SlideShareの資料を参考にしてください。(※Analytics Uのページがなければ、SODAのページにアクセスし、上記のスライド4から開始してください。) 教員の方は「Course」を作成してください。こちらのページのInstructorsセクションのドキュメントおよびビデオ「Upload Your Course Data」「Invite Students to Your Course」を参考にしてください。 学生は教員から「Course」に参加するためのリンクを取得し、こちらのページのStudentsセクションを参考にCourseに参加してください。   SODAを利用すれば、無料で環境構築・プログラミング教育のためのコスト・リソースを削減し、統計スキルの教育・学習に集中できます。Let’s teach & learn data science!    

SAS Events | Students & Educators
Paula Henderson 0
Former US Chief Technology Officer encourages STEM diversity

Former U.S. Chief Technology officer Megan Smith stressed the importance of continued investments in science, technology, engineering and mathematics (STEM) in her keynote address at SAS Analytics Experience, sharing a quote from George Washington. In his first address to Congress, in 1790, Washington said, “There is nothing which can better

Students & Educators
日米の「STEM教育」はどれだけ違う?

みなさんは「STEM」という言葉をご存知でしょうか。 これは、Science, Technology, Engineering, Mathematics の頭文字を合わせた言葉で、いわゆる「理系」から医学・薬学を除いたものをイメージすれば分かりやすいでしょう。 近年、ビッグデータ、データサイエンス、人工知能という言葉がバズ・ワード化していますが、それらを扱う人材の確保のために、「STEM人材育成」「STEM教育」の重要性が叫ばれています。日本は、米国に比べてこれらのデータ活用分野の遅れがあると言われていますが、STEM教育についてはどうでしょうか。 平成28年の日本の学生数の分布を見ると、工学16%、理学3%の19%の学生がいわゆる「STEM学部」に在籍していると言えます。一方、全米教育統計センターのデータを見ると、2014-2015年の学部の学位数は、8.5%がNatural science and mathematics (理学に相当)、9.2%がComputer science and engineering (工学に相当) となっています。全学生に対するSTEM教育を受ける学生の割合としては、日本と米国であまり差は無いようですが、工学と理学の割合が大きく異なり、日本は圧倒的に工学のほうが多くなっています。これは、日本が「ものづくりの国」である(あった!?)ことに由来するかも知れません。 閑話。 意外かもしれませんが、STEMには「心理学」も含まれています。「心理テスト」や「カウンセリング」のイメージが強い心理学ですが、実は、これらは心理学の一部分で、特に「実験心理学」と呼ばれる領域では、人間(場合によっては動物)の心理・行動について実験によりデータを集め、統計学を駆使して解析を行います。データサイエンティストをお探しの人事担当者さま、心理学専攻の学生は狙い目かも!? 閑話休題。 データを見る限り、日本でSTEM教育を受ける学生の割合は、米国と比較して圧倒的に少ないわけではないようです。OECDにおける学習到達度調査でも、義務教育修了段階の科学リテラシーや数学的リテラシーは、日本は国際的に上位グループに属しています。それでは、ビジネスにおけるデータ活用分野で、STEM人材活用が遅れているとされる理由は何でしょうか。 もしかしたら、それは大学の質にあるのかもしれません。米国ノースカロライナ州立大学の Master of Science in Analytics (MSA) では、アナリティクスの即戦力となる人材育成を進めています。まず注目していただきたいのは、就職に関するレポートをはっきりとデータで示していることです。特に、この修士号を取ることの投資対効果(ROI)を算出し、「21ヶ月で元が取れる」「3年のROIは$127,500」と、このプログラムに参加することの意味を、就職先を見据えて提示しています(上記レポートp.10)。逆に言えば、MSAに入学する学生は、アナリティクスの世界で活躍することを最初から目指しており、学習のモチベーションは非常に高いと想像できます。 もちろん、就職先で発揮できるスキルを養成することだけが大学の役割ではありません。しかしながら、多くの学生がアカデミックな研究の道ではなくビジネスの世界に進む以上、このような大学も一定数存在してもよいように思います。 また、この修士コースで特筆すべきは、Practicum という実践的プロジェクトがカリキュラムに含まれていることです。このプログラムでは、2017年現在、110以上のスポンサーが156ものプロジェクトを提案しています。スポンサーは実際の企業における具体的な課題をデータとともに提供し、学生は4-5名のチームとなってこの課題に8ヶ月かけて取り組み、最終的なレポートをスポンサーの前でプレゼンテーションします。このような実践的なプロジェクトを通して、学生はデータ分析のスキルと課題解決の方法を学びます。 日本においても、筑波大学ではこのような実践的な産学連携講義の取り組みを開始しており、SAS Japanでも昨年より分析環境の提供による教育支援をしています。データサイエンティストの育成を目指す大学教職員の皆様、実践的データ活用の講義を始めてみませんか? SAS Japan がサポートいたします。

Analytics
Sandra Hernandez 0
Del Blockchain, el Bitcoin y las Petromonedas a la Analítica de SAS

No cabe duda que la tecnología Blockchain está llamada a ser una de las grandes revoluciones en el mundo en los próximos años. Se ha llegado a afirmar que hará por las transacciones lo que internet ha hecho por la información y las comunicaciones; va a cambiar definitivamente la forma

Data Visualization | Learn SAS | Programming Tips
Sanjay Matange 0
Legend order redux

Once in a while you run into a pesky situation that is hard to overcome without resorting to major surgery.  Such a situation occurs when you have a stacked bar chart with a discrete legend positioned vertically on the side of the graph.  A simple example is shown below. title

Data Visualization | Learn SAS | Programming Tips
Sanjay Matange 0
Legend items

Plot statements included in the graph definition can contribute to the legend(s).  This can happen automatically, or can be customized using the KEYLEGEND statement.  For plot statements that are classified by a group variable, all of the unique group values are displayed in the legend, along with their graphical representation

Data Visualization | Learn SAS | Programming Tips
Sanjay Matange 0
Tips and tricks: Segmented discrete axis

The previous post on Multiple Blank Categories showed how to include multiple blank categories on the axis.  But, given the purpose for this was to separate different segments in the data, I also included ideas on how to segmented a discrete axis using reference lines or Block Plot.  A similar idea

Data Visualization | Learn SAS | Programming Tips
Sanjay Matange 0
Tips and tricks - Multiple blank categories on axis

Off and on, users have expressed the need to include multiple blank categories on a discrete axis.  Often, this is desirable to separate groups of bars (or categories) in a graph due to some difference their definition.  Such a case was discussed in this blog article on using non breaking

Data Visualization | Learn SAS | Programming Tips
Sanjay Matange 0
New Features in SAS 9.40M5 - Gradient fills

ODS Graphics procedures primarily strive towards the following goal:  "Make simple graphs easy and complex graphs possible".   SGPLOT procedure allows you create simple graphs with a single plot statement, and create complex graphs by layering together or combining multiple plot statements.  Generally, the appearance follows the guidelines set by industry

Analytics | Data Visualization | Learn SAS | Programming Tips
Sanjay Matange 0
Getting started with SGPLOT - Part 8 - Horizontal HighLow Plot

On a recent visit to an In-House Users Group meeting at a Pharmaceutical company, I presented a 1/2 day seminar on creating Clinical Graphs using SG Procedures.  Polling the audience for their experience with these procedures indicated that many SAS users are not familiar with these new ways to create graphs. So,

Analytics | Data Visualization
Georgia Mariani 0
Education analytics: The benefits of using data visualization and analytics

For our third installment in this blog post series, let’s continue our journey to learn more from three SAS education customers. Today, we'll hear about the benefits their users and institutions have received by using SAS for data visualization and analytics. In this post, you'll hear from: Linda Sullivan, Assistant Vice President

SAS Events | Students & Educators
小林 泉 0
筑波大学学生によるAnalytics Experience 便り(1日目)

現地時間 2017/9/18,19,20 にてSASの秋のグローバルイベントである、「Analytics Experience 2017 (以下AX2017)」がアメリカ合衆国ワシントンDCで開催中です。今回は、日本から参加している筑波大学理工学群社会工学類経営工学主専攻4年生の村井諒さん,小林大悟さん,白鳥友風さん3名による参加レポート1日目を掲載します。 Academic Summit@AX2017 レポート by 筑波大学学生 今回私たち3人が参加しているAX2017の1日目は、AM11:00にスタートしたGeneral Sessionをはじめ、様々な講演が行われました。 中でも最後時間帯である19:00から催されたAcademic Summitについてご紹介させていただきます。 Academic Summitは、AX2017に出席しているデータサイエンスに精通する学生が、学生間や企業の方々との交流を深めるイベントです。このサミットでは、SAS Executive Vice President およびSAS Chief Technology OfficerであるDr.Oliver Schabenberger氏の基調講演や、Gather IQという、クラウドソーシングによってあるトピックに関する問題の解決を図るアプリの説明、女性の技術職としてのキャリアを支援する制度、学生によるアナリティクスのコンテストであるShootout Competition における入賞チーム3組についての紹介がされ、最後に自由な交流の時間が設けられました。 Schabenberger氏は純粋数学を学んだのち、データサイエンスの道へと進むことになった経緯や、現在SAS社が注目しているAmbient AnalyticsとDeep Learningについての説明、さらに自分自身を成長させるための教訓などをお話ししてくださいました。 またGather IQは、SAS社のミッションの一つである社会貢献のためのアナリティクスの価値を非営利で提供するということを体現していたと感じました。 このイベントの最後には自由にコミュニケーションをとる時間が設けられ、参加者の皆様は積極的に情報交換を行っていました。何より印象に残ったのは、同年代で飛び級で大学院に進学した人や、SASR Enterprise Minerを使いこなしモデリングを行っていた人がいたこと、さらに、参加者全員が英語で円滑にコミュニケーションを行っていたことです。 同年代の海外の学生たちがデータサイエンスに対して抱いている思いや、それに臨んでいく姿勢、自身のキャリアに対する考えなどを聞くことで、自分たちがこれからどうやってこの分野で戦っていくべきなのか、そのために何をするべきかなど、改めて深く考えさせられました。 また、意見交換をした際、私たちは英語の能力が十分でなかったということ以前に、初対面の人に話しかけることを躊躇してしまい、インターナショナルな場で積極的にコミュニケーションをとることの難しさを痛感しました。このようなためらいを減らし、自分から積極的に意思疎通を図っていくことの大切さを感じました。 残る二日間、データサイエンスに関する知識やノウハウだけでなく、グローバル人材にとって必要な素養も学んでいけたらと思います。  

Data Management
Rainer Sternecker 0
Bei DS-GVO „Auf-Sicht“-Fahren? Besser nicht!

Die EU-Datenschutz-Grundverordnung kommt näher – ausweichen oder draufhalten? In den letzten Wochen hatte ich die tolle Gelegenheit mit zahlreichen Kunden und Partnern über die neue EU-Datenschutz-Grundverordnung (DS-GVO) zu sprechen. Die Meinungen und Erwartungen sind dabei wirklich außerordentlich breit gefächert. Das ist nicht weiter verwunderlich, denn das Thema hat zuletzt stark an

Analytics | Work & Life at SAS
Trent Smith 0
Helping military veterans transition to civilian life, pursue analytics careers

Veterans transitioning back to civilian life face a number of challenges, many of which involve working in a non-military environment. The Honor Foundation helps Navy SEALs and other current and transitioning members of the U.S. Special Operations community enter civilian life. Last week, a group of former special operators visited several

1 2 3 4 5 10