Tag: r

Machine Learning
畝見 真 0
Python, Rで使うSAS Viya!

みなさま、SAS Viyaはご存知でしょうか? SAS ViyaはSASが2016年末に出した新データ分析プラットフォームでして、データの探索、整形から機械学習まで、幅広くデータ分析することができる万能品です。 こんな感じのロゴです。 SAS Viyaの特徴にインメモリエンジンによる分散処理とオープンというものがあります。 SAS Viyaでのデータ分析はすべてCASというエンジンで実行されるのですが、このCASはサーバのメモリ上にデータをロードし、分析処理が展開されます。しかも複数サーバ構成でも良い感じにスケールして並列分散処理するので、1台のサーバにデータが乗らないとか、1台だけだと遅いとかいうことはありません。   SAS Viyaの特徴 さらにSAS Viyaはオープンな特徴があります。 どうオープンなのかというと、実は裏表なく嘘のつけない性格・・・というわけではありません。 SAS ViyaはSAS言語のみならずPythonやR、Java、LuaそしてREST APIといったさまざまな言語で操作することができるオープン性を持っています。 従来のSAS製品だとSAS言語を覚えないと使うことができなかったのですが、SAS Viyaでは多くのデータサイエンティストさんが使っているPythonやRでデータ分析ができます。しかも同じプラットフォームでデータ分析するので、言語間で違う結果が出るということはありません。同じ設定で分析すれば、どの言語を使っても同じ結果が返ってきます。 さらにいえばPythonやRでデータ分析するときも、多くの場合は1台のサーバやパソコンで処理すると思います。そのさい、サーバやパソコンはCPUやメモリのすべてをデータ分析に割くということはありません。マルチコアCPUを使っていても、大体はシングルコアで処理されます。 しかしSAS Viyaではリソースを使い切ります。4コアであれば4コア、サーバ3台構成であれば3台を余さず使って、より速く効率的に分析します。 全体像でいうとこんな感じです。 どうやって使うの? PythonやRでSAS Viyaを使いはじめるときは、まずはSWATというOSSを導入する必要があります。 SWATはSpecial Weapon and Tacticsの略・・・ではありません。 SAS Scripting Wrapper for Analytics Transferという、SAS Viyaを操作するためのラッパーです。SASが作って、GitHubで公開しています。 Python SWAT https://sassoftware.github.io/python-swat/index.html R SWAT https://github.com/sassoftware/R-swat これらをpip installやinstall.packagesで入手して使いはじめることができます。 SWATはWindows、Linux、MacOSいずれもサポートしていますので、お好きなプラットフォームに導入できます。 Pythonでのプログラミング例はこんな感じです。たったこれだけで、SAS Viyaを使って決定木モデルを作ることができます。とても簡単です。 #

Rick Wicklin 0
Large matrices in SAS/IML

Last week, SAS released the 14.1 version of its analytics products, which are shipped as part of the third maintenance release of 9.4. If you run SAS/IML programs from a 64-bit Windows PC, you might be interested to know that you can now create matrices with about 231 ≈ 2

Rick Wicklin 0
What versions of R are supported by SAS?

SAS has supported calling R from the SAS/IML language since 2009. The interface to R is part of the SAS/IML language. However, there have been so many versions of SAS and R since 2009, that it is hard to remember which SAS release supports which versions of R. The following

Rick Wicklin 0
Video: Calling R from the SAS/IML Language

In SAS/IML 9.22 and beyond, you can call the R statistical programming language from within a SAS/IML program. The syntax is similar to the syntax for calling SAS from SAS/IML: You use a SUBMIT statement, but add the R option: SUBMIT / R. All statements in the program between the

Rick Wicklin 0
Calling R from SAS/IML software

For years I've been making presentations about SAS/IML software at conferences. Since 2008, I've always mentioned to SAS customers that they can call R from within SAS/IML software. (This feature was introduced in SAS/IML Studio 3.2 and was added to the IML procedure in SAS/IML 9.22.) I also included a

Analytics
Anne Milley 0
This post is rated R

This morning, as I was writing this blog post at the kitchen table, my 5-year old daughter ran into the room from watching “Sesame Street.” She excitedly announced, “Mommy, the letter of the day is R!” Too true. The recent NY Times story on the R programming language, which included