Tag: cloud

Data Management
Makoto Unemi (畝見 真) 0
クラウド上のSAS Viyaから、オンプレミス上にあるデータへ、セキュアにアクセス

近年、クラウドファーストを唱える企業が増加し、データ分析のために、クラウド上に展開されている分析サービスを活用したり、クラウド上に独自に分析アプリケーションを構築するケースも増えています。 しかし、クラウド上にある分析サービスやアプリケーションで分析する対象のデータは、オンプレミス上に蓄積されているケースが大半であり、クラウドからこれらのデータにアクセスできるようにするための作業や環境設定は面倒かつ非効率で、膨大なデータをクラウドとやり取りするなどの運用コストも大きく、かつセキュリティのリスク回避も考慮しなければなりません。 こうした課題を解決するために、SAS ViyaではSAS Cloud Data Exchange (CDE)を提供しています。 SAS Cloud Data Exchange (CDE) は、プライベート/パプリックのクラウド上にあるアプリケーション(=SAS Viya)からファイヤーウォールの後ろにある、顧客のオンプレミス上にあるデータに安全かつ確実にアクセスし、大量のデータをクラウドへ高速に転送することを可能とするデータ接続機能です。 CDEは、SAS Viyaのセルフサービス・データ準備向け製品であるSAS Data Preparationに含まれる機能です。 CDEを使用すれば、クラウド上にあるSAS Viyaからオンプレミス上にある様々なデータソース(Oracle, Teradata, Hadoop etc.)へ最小限の手順で容易かつセキュアにアクセスすることが可能になります。 サポート対象データソース: ・DB2, ODBC, Apache Hive, Oracle, Redshift, SQL Server, Postgres, SAP HANA, Teradata, SAS Data Sets CDEでは、最小限の一つのポート(Https port)を使用し、オンプレミス上にあるデータソースにアクセスするための資格情報(ユーザーID /パスワード)も保護された領域に格納し、使用するため、安全性が高められています。 また、クラウド上のSAS Viyaが複数のワーカーノードで分散構成されている場合には、オンプレミス上のデータを並列で高速にSAS Viya環境へロードすることが可能です。 利用手順概要は以下の通りです。 オンプレミス側にSAS Data Agent

Analytics
David Annis 0
Does software as a service work for analytics?

PC Magazine defines the broad industry term Software as a Service (SaaS) as, “Software that is rented rather than purchased. Instead of buying applications and paying for periodic upgrades, SaaS is subscription based, and upgrades are automatic during the subscription period.” SaaS, according to the same source, is ideally suited

Data Management | Internet of Things | Machine Learning
Helmut Plinke 0
Was kommt eigentlich 2018 … in Sachen Datenmanagement?

Welche Veränderungen bringt 2018 im Datenmanagement? Ich habe Experten nach ihrer Meinung zu den Technologietrends 2018 gefragt und sie mit meinen eigenen Erwartungen verglichen. Herauskristallisiert haben sich fünf große Trends, die uns meiner Ansicht nach dieses Jahr im Datenmanagement begleiten: 1. Datenbewegung wird wichtiger Cloud-Anbieter haben bereits gezeigt, wie einfach

Analytics
Miriam Audelo 0
Andar en la nube: una buena idea

Los gurús del mundo corporativo no dejan de repetir un veredicto: en los mercados digitales de nuestros días, quien analice los datos de su consumidor y de su entorno de negocios estará en posición de alcanzar el éxito. Creer en el planteamiento es fácil. Como lo han señalado algunos estudios,

Mauricio González 0
Cinco razones por las que su empresa debería contar con una solución como Viya

“La arquitectura abierta SAS Viya hace a la analítica accesible para todos, y queremos aprovechar esa apertura creando una comunidad para compartir el conocimiento”- Randy Guard, Vicepresidente Ejecutivo y Director de Marketing de SAS En SAS llevamos más de 40 años al servicio de su compañía y durante estas décadas

Customer Intelligence
Mauricio González 0
¿Cómo ser más dinámicos y rápidos en las respuestas a las necesidades de sus negocios?

Anteriormente, el sector empresarial se enfrentaba constantemente a la escases de información de aquello que ocurría en su compañía, tanto a nivel de procesos internos como de interacción con los clientes, siendo este último punto el más relevante por estar ligado la fidelización o desencanto de la marca. Sin embargo,

Customer Intelligence
Héctor Cobo 0
El cielo es el límite: El empoderamiento de las organizaciones a través del análisis de big data desde la nube

Cotidianamente las empresas se enfrentan a la toma de vitales decisiones de negocio, desgraciadamente muchas de ellas se ven en la necesidad de hacerlo sin la certeza que éstas sean idóneas, ya que el panorama en el que deben analizar no es totalmente claro. Esta toma de decisiones ciegas tienen

Programming Tips | SAS Events
Larry LaRusso 0
Analytics in the Cloud gets a whole lot easier with SAS Analytics for Containers

If you’re doing data processing in the cloud or using container-enabled infrastructures to deploy your software, you’ll want to learn more about SAS Analytics for Containers. This new solution puts SAS into your existing container-enabled environment – think Docker or Kubernetes – giving data scientists and analysts the ability to

Analytics
David Annis 0
What’s up in the Cloud?

Meiner Meinung nach werden in Zukunft nur noch ergebnisorientierte Fragestellungen an eine Cloud gerichtet, die dann fallentsprechend beantwortet und abgerechnet werden. Die Cloud wird Mittel zum Zweck. Niemand fragt, ob Cloud oder nicht. Cloud-Technologie wird zur Basistechnologie. Warum? Weil sie billiger und gleichzeitig effizienter für Firmen ist. Denn neue Geschäftsmodelle

Analytics
SAS Colombia 0
Cloud Big Data: el nuevo poder

Cloud y Big Data han sido en los últimos años, dos de los principales temas que han movido las inversiones tecnológicas empresariales. ¿Imagina el poder que puede alcanzar una solución integrada en una organización? SAS, sí. Las posibilidades de mejorar la gestión de los datos administrándolos desde la nube son

Analytics
Thomas Keil 0
Was kann SAS, was Open Source nicht kann?

Open Source und SAS – das sind auf den ersten Blick zwei ganz verschiedene Welten. Dabei verfolgt SAS eine ganze Reihe von Initiativen rund um Open Source – insbesondere im Umfeld des Big-Data-Frameworks Hadoop. Ich habe Andreas Gödde zum Nebeneinander und Miteinander der Technologien befragt. Andreas Gödde berät viele Kunden

Analytics
Gianluca Menconi 0
Cloud: istruzioni per l'uso

Oggi stavo facendo un "censimento" dei servizi Cloud che utilizzo (e eventualmente pago) per la mia sfera privata o a supporto del mio digital lifestyle e devo dire che sono ormai parecchi. Parliamo di mail, musica, foto, storage generico, backup che ormai risiedono nella nuvola e che ormai do assolutamente per

Customer Intelligence | Internet of Things | SAS Events
小林 泉 0
SAS Global Forum 2016 開催報告①: Opening Sessionで革新的な新アーキテクチャを発表

また、SAS Global Forumの季節が巡ってきました。このBlogの最初のエントリーは、昨年2015年のSAS Global Forumのご紹介でしたので、Blog開始から早一年がたったということです。いつもご愛読ありがとうございます。このBlogを楽しんでいただいている方々もいらっしゃるようで、嬉しく思います。今年も何回かに分けて、このSAS Global Forum 2016の模様をご紹介をしたいと思います。 今年は、米国ラスベガスで現地時間の4/18-4/21に実施されました。約5,000人のユーザー様やパートナー様が集まる一大イベントです。4/18夜のオープニングセッションに先駆けて、メディア向けの説明会も行われました。 メディア向け説明会が行われたのは、SAS本社 世界の働きたい会社ベスト10に入るSAS、プライベートカンパニーだからこそできる環境づくり(EnterpriseZine) サッカー場やプール、保育所も完備のSAS本社に潜入--プライベートジェットも(ZDNet Japan) SAS® Viya™ - 今年のイベントにおける最大のニュース 去る2016/4/18に行われたSAS Global Forum 2016のオープニングセッションでは、いくつかの革新的なテクノロジーの発表が行われました。例年と少し進行が異なり、オープニングセッションの後半でSASのCEOである、Jim GoodnightからSASの新しいアーキテクチャについての発表があり、会場がどよめきました。 プレスリリース:SAS、「SAS® Viya™」を発表:オープンでクラウド対応したハイパフォーマンス・アナリティクスとビジュアライゼーションのための次世代アーキテクチャ   Jim Goodnightから、アナリティクスをさらに使いやすくし、すべての人が利用しやすいように大きく進化した、SAS Viyaという新しいアーキテクチャの発表を行いました。また、すでに顧客の多くが使用しているSAS9環境と組み合わせてこのSAS Viyaを利用することも可能であるとも話しました。 続けて、SAS Viyaの開発をリードしてきた、Analytic Server Research and DevelopmentのVice Presidentである、Oliver Schabenbergerからこの新しいクラウドベースのアナリティクス&データマネージメントアーキテクチャの概要について説明がありました。 Schabenberger 曰く、 『SASのお客様のアナリティクスへの取り組みや活用方法は様々で、スモールデータからビッグデータ、簡単なアナリティクスから難しい機械学習課題の解決まで非常に多岐に渡ります。ストリーミングデータや蓄積したビッグデータ、構造化データや非構造化データの利用、さらには、個人での利用から数百ユーザーの同時接続利用、クラウドであったりオンプレミスであったり、利用者は、データサイエンティストであったり、ビジネスユーザーであったりなど、様々です。』 『そこで、SASは、データサイエンティストかビジネスアナリストかに関わらず、全ての人が利用することのできる、最新の統合アナリティクス環境を開発しました。SAS Viyaの優れているところは、統合され、オープンな、簡単だが非常にパワフルであり、クラウド環境に適しており、マルチ・クラウドアーキテクチャである点です。』 メディア各社の記事もご参照ください。 アナリティクス一筋40年、SASから生まれた新たなプラットフォームの「Viya」とは(EnterpriseZine) ビジネスアナリティクス、機械学習の進化とSASの新アーキテクチャ(@IT)   SAS Viyaについては、今後もこのblog上でも継続的に情報をご提供していきます。 SAS Customer

1 2