Tag: IoT

Advanced Analytics | Analytics | Internet of Things
Christian Goßler 0
Lenin und die Strombaukunst im Internet of Throughput (IoT4)

„Durchsatz ist wichtig, jaja“, Supply-Chain-Leiter Herr Aklit lehnt sich zurück, faltet seine Hände über dem üppigen Bauch und sagt zu Lenin: „Sie haben ja schon einiges in Fluss gebracht mit Ihren Projekten zur Datenanalyse im Internet of Things.“ Er atmet tief durch und schaut aus dem Fenster: „Alles fließt …“,

Internet of Things
小林 泉 0
SAS Forum Japan 2017 センサーによるリアルタイム行動トラッキング

SAS Forum Japan 会場自体がデモスペースへ SAS Forum Japan 2017では、株式会社ATR-Promotionsにご協力いただき、会場2Fのスペースにレーザーセンサーを設置、人の動線をリアルタイムに捉えて計測・分析するIoTデモンストレーションを実施しました。 会場で利用した「人位置計測システム」の計測イメージ参考映像。(※こちらはSAS Forum Japan の映像ではありません)   利用した技術について 利用技術①センサー LRF:レーザーレンジファインダ(安全な出力の赤外線レーザー) 利用技術②人位置計測システム ATRacker レーザーセンサーを複数台設置し、人々の位置・行動を、1秒間に数十回計測したデータを、ATR-Promotions社ソフトウェアの人位置計測システム「ATRacker」の形状認識・行動推定アルゴリズムで動線データ化しています。 特徴) 高精度(距離20mで誤差5cm以内のセンサを使用して計測、追跡) 形状認識(腕の位置などを利用して身体、身体の向きも捕捉) 行動追跡(同一人物を追跡。統計モデルによりレーザが遮られても位置を予測) 匿名性の確保(カメラと異なり顔や服装を捕捉しない) 大人数の同時計測(同時に50人以上の位置を計測、追尾) リアルタイム処理 外部プログラム連携 参照) http://www.atr-p.com/products/HumanTracker.html http://www.atr-p.com/products/pdf/ATRacker.pdf 利用技術③SAS® Event Stream Processing(略称 SAS ESP) リアルタイムでストリーミングデータを処理するSASソフトウェア。 ATRackerよりストリーミングでデータをリアルタイムに取得し・追加処理しています。今回の展示例では、特定の位置に人が急速に近づいた場合に、リアルタイムアラートを発します。 参照) https://www.sas.com/ja_jp/software/event-stream-processing.html 利用技術④利用したハードウェア AFT:The Analytics Fast Track™ for SAS® 最新のビッグデータ・アナリティクスを、自社データですぐに試す為に用意されたハイスペックマシン。 必要なSASのビッグデータ・アナリティクス製品がインストール&構成済みであり、スイッチを入れて、データを投入すれば、すぐに使える状態にしております。 POC等の実施に際し、当マシンを貸し出すことで、POC環境の用意をわずか数日で揃えることが可能です。 72

Analytics | Internet of Things
Thomas Rohrmann 0
IoT ist kein Projektgeschäft: Ein Kommentar zur aktuellen Industrie 4.0 Debatte

„Wer 100% sicher sein will, ist 100% zu spät.“ Diesen Satz habe ich letztens auf dem IoT Forum in München gehört. Er fasst gut das Gefühl zusammen, dass mich in der deutschsprachigen Industrie 4.0 Debatte beschleicht. Die Buzz-Word-Schlachten der letzten 48 Monate haben ihre Wirkung nicht verfehlt: Kaum ein Strategiepapier

Advanced Analytics | Analytics | Data Management | Internet of Things
Christian Goßler 0
Lenin überholt sich selbst im Internet of Tempo (IoT3)

Lenin und ich sitzen im Publikum und applaudieren heftig: Seine Chefin hat ihren Vortrag beendet über „Datenqualität als Erfolgsfaktor im Internet of Things“. „Kein Datenqualitätsprojekt ohne Hilfe von oben“, raunt Lenin mir zu, "Unterstützung vom Boss ist manchmal wichtiger als tolle Software."  Ich will beleidigt darauf hinweisen, dass seine Chefin

Analytics | Data Management | Internet of Things
Christian Goßler 0
Lenins Lächeln oder: Haferkekse im Internet of Trash (IoT2)

Lenin hatte gelächelt und von seinen Erfolgen im Internet of Things berichtet; richtig begeistert war er gewesen. – Aber jetzt murrt er: „Das ist alles Müll! Internet of Trash sollte es heißen! Die Daten stimmen nicht, die Leute schimpfen über das Projekt, der Fachbereich und meine Chefin sitzen mir im

Fraud & Security Intelligence | Internet of Things
Lars Houge 0
The unsung business case of analytics: Outcomes and budget optimization

Budgets, and the importance of balancing the books, are an ever-present issue in healthcare. With costs rising around the world, and budgets limited whether in insurance- or state-funded systems, care providers are under increased pressure to manage costs effectively. Big data analytics may just provide the means that they have

Internet of Things
Per Hyldborg 0
Ahead of the IoT curve?

Opportunity is missed by most people, because it is dressed in overalls and looks like work. I believe this quote by Thomas A. Edison captures the last few months very well. Over the summer, the EMEA team has explored the maturity of IoT amongst major European companies. Here in this

Advanced Analytics | Analytics | Internet of Things | SAS Administrators
Andrea Negri 0
IoT analytics create bigger role for administrators

Some of the most common questions from customers are about their analytics administration. Often regarded as house-keeping, administration failures can nevertheless cause real pain. The typical day-to-day tasks of analytics administration include checking availability and health of the analytics platform components, allocating proper resources for users like memory, file systems,

Customer Intelligence | Internet of Things | SAS Events
小林 泉 0
SAS Global Forum 2016 開催報告①: Opening Sessionで革新的な新アーキテクチャを発表

また、SAS Global Forumの季節が巡ってきました。このBlogの最初のエントリーは、昨年2015年のSAS Global Forumのご紹介でしたので、Blog開始から早一年がたったということです。いつもご愛読ありがとうございます。このBlogを楽しんでいただいている方々もいらっしゃるようで、嬉しく思います。今年も何回かに分けて、このSAS Global Forum 2016の模様をご紹介をしたいと思います。 今年は、米国ラスベガスで現地時間の4/18-4/21に実施されました。約5,000人のユーザー様やパートナー様が集まる一大イベントです。4/18夜のオープニングセッションに先駆けて、メディア向けの説明会も行われました。 メディア向け説明会が行われたのは、SAS本社 世界の働きたい会社ベスト10に入るSAS、プライベートカンパニーだからこそできる環境づくり(EnterpriseZine) サッカー場やプール、保育所も完備のSAS本社に潜入--プライベートジェットも(ZDNet Japan) SAS® Viya™ - 今年のイベントにおける最大のニュース 去る2016/4/18に行われたSAS Global Forum 2016のオープニングセッションでは、いくつかの革新的なテクノロジーの発表が行われました。例年と少し進行が異なり、オープニングセッションの後半でSASのCEOである、Jim GoodnightからSASの新しいアーキテクチャについての発表があり、会場がどよめきました。 プレスリリース:SAS、「SAS® Viya™」を発表:オープンでクラウド対応したハイパフォーマンス・アナリティクスとビジュアライゼーションのための次世代アーキテクチャ   Jim Goodnightから、アナリティクスをさらに使いやすくし、すべての人が利用しやすいように大きく進化した、SAS Viyaという新しいアーキテクチャの発表を行いました。また、すでに顧客の多くが使用しているSAS9環境と組み合わせてこのSAS Viyaを利用することも可能であるとも話しました。 続けて、SAS Viyaの開発をリードしてきた、Analytic Server Research and DevelopmentのVice Presidentである、Oliver Schabenbergerからこの新しいクラウドベースのアナリティクス&データマネージメントアーキテクチャの概要について説明がありました。 Schabenberger 曰く、 『SASのお客様のアナリティクスへの取り組みや活用方法は様々で、スモールデータからビッグデータ、簡単なアナリティクスから難しい機械学習課題の解決まで非常に多岐に渡ります。ストリーミングデータや蓄積したビッグデータ、構造化データや非構造化データの利用、さらには、個人での利用から数百ユーザーの同時接続利用、クラウドであったりオンプレミスであったり、利用者は、データサイエンティストであったり、ビジネスユーザーであったりなど、様々です。』 『そこで、SASは、データサイエンティストかビジネスアナリストかに関わらず、全ての人が利用することのできる、最新の統合アナリティクス環境を開発しました。SAS Viyaの優れているところは、統合され、オープンな、簡単だが非常にパワフルであり、クラウド環境に適しており、マルチ・クラウドアーキテクチャである点です。』 メディア各社の記事もご参照ください。 アナリティクス一筋40年、SASから生まれた新たなプラットフォームの「Viya」とは(EnterpriseZine) ビジネスアナリティクス、機械学習の進化とSASの新アーキテクチャ(@IT)   SAS Viyaについては、今後もこのblog上でも継続的に情報をご提供していきます。 SAS Customer

Internet of Things
Tülay Stecher 0
Internet der Dinge (IoT) braucht "analytics of things"

Das Internet der Dinge (IoT-Internet of things) ist derzeit das Hype-Thema der IT-Branche. Angefacht durch Miniaturisierung und Kostendegression bei Sensoren (z.B. MEMS), Connectivity (Funksender – und Empfänger) und immer mehr Rechenleistung (in-memory-computing) der Computer-Hardware können Unternehmen Services anbieten, die so vor 10 und mehr Jahren undenkbar gewesen wären.