Data Management

Blend, cleanse and prepare data for analytics, reporting or data modernization efforts

Analytics | Data Management
Michael Herrmann 0
Data Preparation: Qualität per Self-service bei Banken

Finanzdienstleister haben aktuell massive Herausforderungen beim Management ihrer Daten: Der Kostendruck zwingt einerseits zu einem hocheffizienten Betrieb („run“). Zugleich wandeln sich andererseits die Prozesse im Business, Stichwort Digitalisierung („change“). Die drückenden Regeln der Aufsicht scheinen sich nicht vereinen zu lassen mit dem Anspruch der Kunden, flexibel, fix und doch datensparsam

Data Management | Internet of Things
Jeanne (Hyunjin) Byun 0
사물인터넷(IoT)은 보험 산업을 어떻게 발전시킬까요? ‘인슈어테크’ 실현을 위해 고려해야 할 5가지 과제

보험 업계는 변화에 느리다는 평을 받는 보수적인 산업이지만 지난 5년간 엄청난 변화와 혁신을 경험하고 있습니다. 보험사들은 고객과 유통 관계에서 혁신을 모색하며 디지털 이니셔티브에 많은 투자를 하고 있는데요. 이와 함께 데이터 분석, 인공지능 등의 정보기술(IT)을 활용해 기존 보험 산업을 혁신하는 인슈어테크(insurtech)가 디지털 기회를 활용할 수 있는 보험 업계의 새로운 분야로 떠오르고

Analytics | Data Management
David Pope 0
Why SAS?

I've worked at SAS for over 27 years and have often been asked: What does SAS do? or Why should I choose SAS? It all boils down to one question: Why SAS? While there are many approaches to answering this question, I recently came up with three short, yet powerful,

Analytics | Data Management
SAS Korea 0
데이터 분석 프로젝트를 성공적으로 시작하기 위한 체크 리스트 10가지

필자는 데이터 전문가와 엔터프라이즈 시스템 컨설턴트로서 오랜 경력을 쌓아왔으며, 저자와 대학 교수로서 교육 활동도 진행하고 있습니다. 그 동안 200여 개의 개인, 50개 이상의 그룹을 위한 데이터 분석 프로젝트를 감독하면서 수많은 분석 프랙티스를 연구해왔는데요. 중요한 한 가지는 분석 프로젝트를 성공적으로 시작하기 위한 단 하나의 청사진은 존재하지 않는다는 것입니다. 하지만 다양한 성공 또는 실패

Data Management
Makoto Unemi (畝見 真) 0
クラウド上のSAS Viyaから、オンプレミス上にあるデータへ、セキュアにアクセス

近年、クラウドファーストを唱える企業が増加し、データ分析のために、クラウド上に展開されている分析サービスを活用したり、クラウド上に独自に分析アプリケーションを構築するケースも増えています。 しかし、クラウド上にある分析サービスやアプリケーションで分析する対象のデータは、オンプレミス上に蓄積されているケースが大半であり、クラウドからこれらのデータにアクセスできるようにするための作業や環境設定は面倒かつ非効率で、膨大なデータをクラウドとやり取りするなどの運用コストも大きく、かつセキュリティのリスク回避も考慮しなければなりません。 こうした課題を解決するために、SAS ViyaではSAS Cloud Data Exchange (CDE)を提供しています。 SAS Cloud Data Exchange (CDE) は、プライベート/パプリックのクラウド上にあるアプリケーション(=SAS Viya)からファイヤーウォールの後ろにある、顧客のオンプレミス上にあるデータに安全かつ確実にアクセスし、大量のデータをクラウドへ高速に転送することを可能とするデータ接続機能です。 CDEは、SAS Viyaのセルフサービス・データ準備向け製品であるSAS Data Preparationに含まれる機能です。 CDEを使用すれば、クラウド上にあるSAS Viyaからオンプレミス上にある様々なデータソース(Oracle, Teradata, Hadoop etc.)へ最小限の手順で容易かつセキュアにアクセスすることが可能になります。 サポート対象データソース: ・DB2, ODBC, Apache Hive, Oracle, Redshift, SQL Server, Postgres, SAP HANA, Teradata, SAS Data Sets CDEでは、最小限の一つのポート(Https port)を使用し、オンプレミス上にあるデータソースにアクセスするための資格情報(ユーザーID /パスワード)も保護された領域に格納し、使用するため、安全性が高められています。 また、クラウド上のSAS Viyaが複数のワーカーノードで分散構成されている場合には、オンプレミス上のデータを並列で高速にSAS Viya環境へロードすることが可能です。 利用手順概要は以下の通りです。 オンプレミス側にSAS Data Agent

Data Management
SAS Korea 0
유럽 개인정보보호법(GDPR) 준수를 위한 ‘데이터 거버넌스’ 구축하기

유럽 일반개인정보보호법(GDPR; General Data Protection Regulation)은 유럽연합(EU) 전역은 물론 유럽연합 시민의 개인 정보를 다루는 전 세계 모든 기업에 영향을 미치고 있습니다. 이 새로운 규제의 목적은 시민에게 자신의 데이터에 대한 보다 강력한 통제권을 부여하고, 유럽 전역에 걸쳐 시행할 수 있는 통일된 규칙을 만드는 것인데요. 이에 따라 기업은 개인 데이터 기록을 수집, 처리, 업데이트,

Analytics | Data Management
Torsten Beck 0
DSGVO: Schloss mit lustig!

Am 25. Mai dieses Jahres ist die EU-Datenschutzgrundverordnung (DSGVO) in Kraft getreten. Was wurde nicht alles im Vorfeld berichtet – da war zum Beispiel die Rede von einem Meilenstein in Sachen Datenschutz. Schaut man ein paar Monate später auf die Schlagzeilen, so kann man lesen, dass ein Verstoß gegen die

1 4 5 6 7 8 34

Back to Top