アナリティクス・ライライクルにおけるデータ準備 ─ 準備作業のトレンド

0

この記事はSAS Institute Japanが翻訳および編集したもので、もともとはIvor G. Moanによって執筆されました。元記事はこちらです(英語)。

この投稿は、アナリティクス・ライフサイクルにおけるデータ準備の役割に関するWebセミナーに基づく投稿シリーズの第2弾です。第1弾では、データ準備がアナリティクス・ライフサイクルの中にどのようにフィットするかを論じました。この投稿では、データ準備に関するいくつかのトレンドと、その結果として進化を遂げた構造やプロセスのいくつかを取り上げて検討します。現在のデータ準備パターンの形成を推進してきた主な課題は2つあります。それは、顧客需要に関する課題とデータ品質に関する課題です。

顧客需要

データ準備に関する現状の大部分は、データ量とデータソース数の増大によって推進されています。ビッグデータの出現は、データ・フォーマットの種類の増加や、ソーシャルメディアやマシンセンサーのような新しいデータソースの出現と相まって、データの保管や利用が難しくなることを意味しました。それと同時に、組織や企業は「意思決定をサポートするためにデータを効果的に活用することが、ますます必要不可欠になっている」ということを認識するようになりました。

ユーザーはより一層多くのデータを必要としています。彼らは手元のデータと外部のデータの両方を分析に含められるようになりたいと考えています。セルフサービスの人気が高まっているのは、柔軟性と自律性が高く、より低コストで、より高速であることに加え、統制も容易だからです。また、他の部門のために行う作業が減少します。

ガードナー社は以前、次のようにコメントしました。「セルフサービス型のデータ準備ソフトウェアの市場は、2019年までに10億ドル(1,100億円、1ドル110円換算)に達し、16.6%の年間成長率を示すと想定されます。潜在的なターゲット・ユーザーにおける現在の導入率は5%であり、これが2020年までには10%以上に成長すると想定されます。ベンダーは自社のビジネス戦略を計画する際に、この市場機会を理解しなければなりません」。しかしながら、セルフサービスのこうした急速な普及は、データサイエンティストにとって頭痛の種を生み出します。セルフサービスは高品質なデータ準備を必要としますが、残念ながら、それには時間がかかり、近道はほとんど存在しません。

データ準備工程からアナリティクス工程へのスムーズな遷移は極めて重要です。その実現には強力なアナリティクス機能とビジュアライゼーション機能が必要となりますが、ユーザーが必要な情報をデータから素早く引き出せるようにするためには強力なデータ管理も必要です。動きの速い市場では、俊敏な企業になる必要があります!

こうした状況を受け、多くの企業では、データ準備やソフトウェア・エンジニアリングを担当するデータエンジニアという新たな職務役割が台頭しています。データエンジニアの仕事は、分析モデルの作成を行うデータサイエンティストにデータを渡す前に行われます。

データ品質の重要性

この新しい台頭中のデータエンジニアという仕事の役割は、データ品質が不可欠であるという事実の認識が広がっていることの証と言えます。言い換えると、データ管理とは、データの収集や整形を行うことだけでなく、データの品質が適切である状態を確保することでもある、ということです。したがって、データ品質は、データ準備の領域においても必要不可欠なテーマとなりつつあります。

SASは以前から、この領域の先頭を走り続けてきました。我々は相当以前から、「データ準備は単なるデータ読み込みに留まらない工程であり、データ品質の問題も含める必要のある工程である」と認識していました。アナリティクス手法はその入力として、価値の高いデータを必要とします。入力データがクリーンかつ高品質でない場合、出力はそれに応じて劣悪なものとなります。なぜなら、アナリティクス手法には、「ゴミを入れれば、ゴミしか出てこない」という格言がまさに当てはまるからです。

データの確認と修正

例えばSAS® Data Preparationでは、ユーザーは、どのようなデータがインポート済みで、どのようなデータが利用できるかを見ることができます。ユーザーはデータのサンプルを見てその感触を得ることができ、初見の段階で全てが一目瞭然です。しかも、ユーザーはデータ・プロファイルを見れば、もう少し詳しい情報を確認することもできます。プロファイルには、データが様々な形態で保管されている(例:正式名称と略語が混在している)という情報が示される可能性があります。こうしたデータ状態は、分析モデルに深刻な問題を引き起こしかねないため、複数の異なるデータソースを統合する前の段階で解決されなければなりません。

したがって基本的には、そのデータには今すぐ修正や標準化が必要です。この目的のために利用できる可能性のある解決手段は、いくつも存在します。例えば時系列分析の場合、我々はデータをフィルタリングし、欠損値を含む全ての項目を除去することができます。あるいは、データの表記法に一貫性がない場合には、異常値や重複を除去するために、そのデータを訂正およびクレンジングする必要があります。こうした操作の全てがデータ準備の重要な構成要素であり、それに関する認識と重要性がともに高まり続けているのです。

将来に向かって進むために

これら2つの領域(顧客需要とデータ品質)は、データ準備とデータ管理の領域において、および、そこで利用可能なツールにおいて、近年の発展を非常に強力に推進してきました。セルフサービス型のツールは、ますますユビキタスな存在となっており、データ品質を確保する機能要素との組み合わせによって、あらゆる領域で最良のソリューションを実現しています。

次回の投稿では、データ管理に関する新たな規制やガバナンス要件を取り上げます。

 

Share

About Author

SAS Japan

Leave A Reply

Back to Top