Tag: SAS Viya

Analytics
0
SAS Visual Forecastingで、セグメンテーション予測を実践し、複雑な需要傾向を持つ時系列予測を簡潔に実現

商品やサービスを販売している企業においては、過剰在庫を防止したり、欠品による機会損失を防止し、収益を最大化するために需要予測が行われています。しかし、実際のビジネスの現場では、需要や売れ行きの傾向が異なる品目が混在するようなケースでは、その予測に多くの手間と時間がかかってしまうなどのいくつかの課題があります。 例えば、通年売れる品目や動きが遅い品目、新規品目、季節に影響を受ける品目などがあり、これらは同じ時系列モデルで処理できるわけではありません。このような課題に対する一つの解決策としては、パターンの近い商品をサブセグメントに小分けし、そのセグメントに応じて予測戦略を適用しわけることで、精度を向上します。つまり、時系列データの特徴を自動に分析して需要のパターンごとにデータを分類し、需要パターンごとに予測作業をすることです。この需要パターンの自動分類と予測については、すでにブログでご紹介しているので、こちら「SAS Viya: ビジュアルパイプラインで需要分類&予測」を参照してください。 一方で、単に時系列データとしての特徴だけではなく、品目の種類や販売地域など、業務的な観点での品目属性によって予測を管理したり、または、属性情報を加えて特徴エンジニアリングし、その特徴量と属性を加味することで精度向上を期待することもあります。そうすると、さらに自由に複雑な属性を持つ大量な時系列データを小分けして精度の高い予測結果が期待できます。つまり、ビジネス的な品目属性に基づいてデータを分割し、業務システムから属性ごとの品目データを抽出、加工処理し、それぞれ別々にモデリングを行うケースです。予測結果の全体像を把握するためには、個別に予測を実施した後、それらの結果を収集し、統合する必要もあります。 しかし、このような、データの分割や再集約には多くの手間がかかりますし、データを管理するための命名ルールなども慎重に行う必要があります。こうした課題を解決し、需要傾向の異なる商品が混在する大量のデータに対して、一つのモデリングプロジェクで最適な需要予測を一括で行うことができたら、便利だと思いませんか? 今回は、このような実際の背景にもとづき、こうした複雑な分析処理を一元的に、手軽に実現できるSAS Visual Forecastingのセグメンテーション予測機能を紹介させていただきます。 SAS Visual Forecastingの機能を活用することで、時系列データを、データの性質(動きが遅い品目、新規品目、季節品目など)に基づき、複数の類似する時系列セグメントに分割することができます。その上で、予測プロジェクト内で各セグメントを個別にモデル化できます。これにより、ユーザーは各セグメントにおける時系列のパターン/特性をより的確にモデル化するためのモデリング戦略の調整を行えるようになりますし、予測結果を全体的に把握することも可能になります。 それでは、一つの具体例を見ながら、Visual Forecastingのセグメンテーションの有用性を実感していきましょう。 今回は、米国でスキンケア商品の販売を手掛ける企業における、需要予測の課題を解決することを想定しています。この企業は、スキンケア商品の時系列売上データに基づき商品セグメントごとに二週間先の売上高を予め把握(予測)しておきたいと考えていました。 まずはスキンケア商品の時系列データを見てみましょう: 上図のように、毎日各倉庫から在庫の各商品を発送して売上高を計上、また店から各商品に行われたプロモーションやキャンペーンなどの情報を収集し、商品時系列データにまとめます。今回は、各倉庫の管理している商品売上高に基づき予測を行います。 上記の情報を表にすると下記の時系列データになります。 商品は「ProductKey」、販売倉庫は「DistributionCenter」、販売時間の時系列データは「DATE」、販売に影響する変数として割引率の「Discount」。最後に、予測目標の売上高は「Revenue」になります。 この販売トランザクション情報に、商品マスターの属性情報を加味します。 商品マスターの属性情報というのは、上図のような販売チャンネルや商品カテゴリーなどの商品が販売プロセスにおける各種補足情報のことです。例えば、販売量の高い商品はどの販売チャンネルから売れたか、どの商品カテゴリーのものか、これらの情報は商品の販売曲線の可視化にも使えるし、精確な予測にも不可欠であり、将来の販売推進方針にも繋げます。 一つの具体属性データサンプルを見ます。 商品のカテゴリーが「ProductCategory」、商品名は「ProductName」、商品の販売チャンネルが「ProductType」です。そして、商品セグメントが「_seg_」になります。セグメントという項目を少し紹介します。例えば、小売業界にとって通年売れる商品や季節限定の商品などが必ず存在すると思います。しかし、小売業者にとって、具体的に自社商品の中でどのようなものが通年売れる商品なのか、どのようなものが特別な時間にしか売れないのか、その商品を担当する担当者しか把握きません。長年にわたり、商品ごとに「通年売れる商品」や「夏限定商品」、「クリスマス商品」、「新規開発の商品」などの特徴を明白なビジネスノウハウにし、需要予測にも使いたいと考えています。このような情報を商品セグメントと称し、セグメントごと明らかに時系列特徴もはっきり分かれています。 最後に、下図のように、時系列データと属性データを結合させ、予測モデルに利用するマスターデータの準備が完成です。 今回はSAS Visual Forecastingを活用することで、時系列データを、データのセグメント属性(通年販売品目、新規品目、季節品目など)に基づき、複数の類似する時系列セグメントに分割し、精確な予測を実現することを目的としています。それを実現するため、本来であれば、各商品セグメントのマスターデータをそれぞれ抽出してモデル開発と予測を実施する必要があります。例えば、通年売れる商品に関しては従来通りにARIMAモデルで予測し、一方で、新たに開発し、販売後間もない新規開発の商品に関してはニューラルネットワークでのモデリングを適用したい場合があります。しかし、現在商品セグメントが多数もあり、データの前準備にも手間がかかります。 SAS Visual Forecastingのセグメンテーション予測機能を利用すれば、データの分割をせずすべての商品カテゴリーのデータを含むマスターデータで簡潔かつ精確にモデリングを行えます。     ここまでは今回のセグメンテーション予測イメージの説明になります。これからは実際にSAS Visual Forecastingで操作する様子を体験していきます。 まずは、Visual Forecastingのプロジェクトを一つ立ち上げます。プロジェクト名をセグメンテーション予測にして、テンプレートに外部セグメンテーションを選びます。データは先ほど説明したスキンケア商品の時系列データ「SKINPRODUCT」を選択します。 次はプロジェクトデータ設定画面で、予測用の時系列データの各列に役割を指定します。 例えば、以下のように役割を割り当てます 「時間」:「DATE」列(日付) 「独立変数」:「Discount」(値引額) 「従属変数」(ターゲット変数):「Revenue」(売上高) By変数というのは、時系列データをグループにまとめる単位を指しています。 そしてデータソースとして時系列データの属性情報を持っているマスター表「SKINPRODUCT_ATT_SEG」も追加します。この表を追加したことによって、さらに細かいグループベースで予測することができます。 この表には予めセグメンテーシ予測用に作成しておいた「_seg_」列が含まれます。中身は商品セグメント名で、計7セグメントが入っています。例えば、「Long term - All year goods」(通年販売商品)、「Long

Advanced Analytics | Learn SAS | Machine Learning | Programming Tips
Suzanne Morgen 0
Learn about new data mining and machine learning procedures in SAS Viya

Have you heard that SAS offers a collection of new, high-performance CAS procedures that are compatible with a multi-threaded approach? The free e-book Exploring SAS® Viya®: Data Mining and Machine Learning is a great resource to learn more about these procedures and the features of SAS® Visual Data Mining and

SAS Administrators
Gerry Nelson 0
Jobs: Stored processes in Viya

Stored processes were a very popular feature in SAS 9.4. They were used in reporting, analytics and web application development. In Viya, the equivalent feature is jobs. Using jobs the same way as stored processes was enhanced in Viya 3.5. In addition, there is preliminary support for promoting 9.4 stored processes to Viya. In this post, I will examine what is sure to be a popular feature for SAS 9.4 users starting out with Viya.

Advanced Analytics | Artificial Intelligence | Machine Learning
Jeanne (Hyunjin) Byun 0
SAS, 전 세계 AI 소프트웨어 플랫폼 부문 리더 선정

올해 1월 IDC에서 발표한 ‘IDC 마켓스케이프: 2019-2020년 전 세계 범용 인공지능 소프트웨어 플랫폼 벤더 평가(IDC MarketScape: Worldwide General-Purpose Artificial Intelligence Software Platforms 2019–2020 Vendor Assessment)’ 보고서에서 SAS가 리더로 선정되었습니다🙌🙌 IDC에서 인공지능(AI) 플랫폼 공급업체들을 평가한 것은 이번이 처음이었는데요. IDC 마켓스케이프 보고서는 수익 및 시장성을 비롯해 기업별 AI 전략 및 기능에 대한

Analytics
0
R言語でSAS ViyaのAI機能活用 第二回「アクションセットと最初のデータ読み込み」

概要 第一回の「CASサーバーとSWATパッケージ」に続き、第二回としてCASのアクションセットの活用やCASサーバーへのデータ読み込みなどの基本操作の方法について紹介します。 アクションセットについて CASサーバー上での分析作業を開始する前に、“アクションセット”という重要な概念に関して紹介します。 アクションセットは、関連する機能を実行するアクションの論理的なグループです。 SAS Viyaでは、関数のことを「アクション」、関連する関数のグループを「アクションセット」と呼んでいます。アクションでは、サーバーのセットアップに関する情報を返したり、データをロードしたり、高度な分析を実行するなど、さまざまな処理を実行できます。 アクションセットを使ってみましょう それでは、サンプルコードを使いながら、SAS Viyaのアクションセットでデータの読み込みからプロットまでの一連の操作を説明します。 ・データの読み込み CASサーバーにデータを読み込むには二つの方法があります。一つはread.csv()でcsvファイルをRデータフレームの形で読み込んだ上で、as.casTable()を使用する方法です。この関数はデータをRのデータフレームからCASテーブルにアップロードすることができます。今回の例では金融関連のサンプルデータhmeqを使って紹介します。 library("swat") conn <- CAS(server, port, username, password, protocol = "http")   hmeq_data <- read.csv(“hmeq.csv”) hmeq_cas <- as.casTable(conn, hmeq) もう一つはcas.read.csv()を使って、ローカルからファイルを読み込んで、そのままCASサーバーにアップロードする方法です。仕組みとしては、一つ目の方法と大きくは変わりません。 hmeq_cas <- cas.read.csv(conn, hmeq) as.casTable()或いはcas.read.csv()からの出力はCASTableオブジェクトです。その中に、接続情報、作成されたテーブルの名前、テーブルが作成されたcaslib(CASライブラリ)、およびその他の情報が含まれます。 Rのattributes()関数を使えば中身を確認できます。 attributes(hmeq_cas) $conn CAS(hostname=server, port=8777, username=user, session=ca2ed63c-0945-204b-b4f3-8f6e82b133c0, protocol=http) $tname [1] "IRIS" $caslib [1] "CASUSER(user)"

Analytics
0
R言語でSAS ViyaのAI機能活用 第一回「CASサーバーとSWATパッケージ」

本シリーズの記事について オープンソースとの統合性はSAS Viyaの一つの重要な製品理念です。SAS言語やGUIだけではなく、R言語やPythonなどのオープンソース言語でも、SAS ViyaのAI&アナリティクス機能を活用することが可能になっています。このシリーズの記事は、R言語からSAS Viyaの機能を活用して、データ準備からモデルの実装までの一連のアナリティクス・ライフサイクル開発をサンプルコードの形で紹介していきます。 CASサーバーとSWATパッケージとは コードの内容を紹介する前に、まずCASサーバーとSWATパッケージに関して、簡単に紹介します。CASはSAS Cloud Analytic Serviceの略称です。SAS Viyaプラットフォームの分析エンジンで、様々な種類のデータソースからデータを読み込み、メモリーにロードし、マルチスレッドかつ分散並列でハイパフォーマンスな分析処理を実行します。現在のCASサーバーは3.4.0以降のバージョンのPythonと3.1.0以降のバージョンのRをサポートしています。 オープンソース言語のクライアントからCASサーバーのインタフェースを使用するために、SASからSWAT(SAS Scripting Wrapper for Analytics Transfer)というパッケージをGithubに公開し、提供しています。RとPythonにそれぞれ対応しているバージョンはありますが、本記事のサンプルコードではR用の SWATをメインで使用します。SWATパッケージを通してCASサーバーと通信し、インタフェースを直接利用することができます。データサイエンティストはSWATパッケージを使用し、RやPythonからSAS Viyaの豊富なAI&アナリティクス機能を活用し、様々なデータ分析処理を行ったり、機械学習や深層学習のモデルを作成したりすることができます。 環境の準備 R言語用SWATパッケージを利用するために必要なRの環境情報は以下の通りです。 ・64-bit版のLinux或いは64-bit版のWindows ・バージョン3.1.0以降の64-bit版のR ・Rパッケージ「dplyr」、「httr」と「jsonlite」がインストールされていること 筆者が使用している環境は64-bit版のWindows 10と64-bit版のR 3.5.3となり、IDEはRstudioです。 パッケージのインストール SWATをインストールするために、標準的なRインストール用関数install.package()を使用します。SWATはGithub上のリリースリストからダウンロードできます。 ダウンロードした後、下記のようなコマンドでSWATをインストールします。 R CMD INSTALL R-swat-X.X.X-platform.tar.gz X.X.Xはバージョン番号であり、platformは使用するプラットフォームと指しています。 或いはRの中から下記のコマンドのようにURLで直接インストールするのもできます。 install.packages('https://github.com/sassoftware/R-swat/releases/download/vX.X.X/R-swat-X.X.X-platform.tar.gz', repos=NULL, type='file') この部分の詳細はR-swatのGitHubのリンクを参考にしてください。 SAS Viyaと一回目の通信をやってみよう 全ての準備作業が完了したら、問題がないことを確認するために、Rから下記のコードを実行してみます。 library("swat") conn <- CAS(server, port, username, password,

Programming Tips
Elena Shtern 0
How SAS® Viya® fosters collaboration

When my younger son grabs a book or a toy from his older siblings without permission, his line of defense is always the same: “Sharing is caring!” Our kids' schools teach and reinforce this philosophy. Likewise, our family has rules to ensure peaceful, orderly sharing. Similarly, many organizations value collaboration.

Programming Tips
SAS Japan 0
新しいSAS ViyaのPython向けパッケージ :sasctl

なぜ“sasctl”が必要なのか? オープンソースとの統合性はSAS Viyaの一つの重要な製品理念であり、そのための機能拡張を継続的に行っています。その一環として”sasctl”という新しいパッケージがリリースされました。SAS Viyaでは従来から、PythonからViyaの機能を使用するために”SWAT”パッケージを提供しており、SAS Viyaのインメモリー分析エンジン(CAS)をPythonからシームレスに活用し、データ準備やモデリングをハイパフォーマンスで実行することができるようになっていました。しかし、データ準備やモデル開発は、アナリティクス・ライフサイクル(AI&アナリティクスの実用化に不可欠なプロセス)の一部のパートにすぎません。そこで、開発されたモデルをリポジトリに登録・管理して、最終的に業務に実装するためのPython向けパッケージとして”sasctl”が生まれたのです。 sasctlの概要 sasctlで提供される機能は、大まかに、3つのカテゴリーに分けられます。 また、この3つのカテゴリーは、お互いに依存する関係を持っています。 1.セッション sasctlを使用する前に、まずSAS Viyaのサーバーに接続する必要があります。(この接続は、ViyaマイクロサービスのRESTエンドポイントに対して行われることに注意してください) SAS Viyaのサーバーへの接続は、セッションのオブジェクトを生成することにより行われます。 >>> from sasctl import Session >>> sess = Session(host, username, password) この時点で、sasctlはViya環境を呼び出して認証し、この後のすべての要求に自動的に使用される認証トークンを受け取りました。 ここからは、このセッションを使用してViyaと通信します。 2.タスク タスクは一般的に使用される機能を意味し、可能な限りユーザーフレンドリーになるように設計されています。各タスクは、機能を実現するために、内部的にViya REST APIを複数回呼び出しています。例えば、register_modelタスクではREST APIを呼び出し、下記の処理を実行しています: リポジトリの検索 プロジェクトの検索 プロジェクトの作成 モデルの作成 モデルのインポート ファイルのアップロード その目的としては、ユーザーがPythonを使って、アナリティクス・ライフサイクルで求められるタスクを実行する際に、sasctlの単一のタスクを実行するだけで済むようにすることです。 >>> from sasctl.tasks import register_model >>> register_model(model, 'My Model', project='My Project') 今後も継続的に新しいタスクを追加していきますが、現在のsasctlには下の2つのタスクを含まれています:

Advanced Analytics | Analytics | Data Visualization
Makoto Unemi (畝見 真) 0
セルフサービスBIの進化系、拡張アナリティクスの決定版SAS Visual Analytics 8.4 on SAS Viya拡張ポイント

SAS Visual Analytics on SAS Viya(以降VA)の最新版8.4に搭載されている新機能の中から、以下5つの機能に関してダイジェストでご紹介します。 1.AIストーリーテラー機能 2.レポート編集&表示切替の利便性向上 3.閲覧時レポートカスタマイズ&制御 4.分析用ビジュアル候補提示 5.カスタムグループ作成の容易化 6.Visual Analytics SDK 1.AIストーリーテラー(自動分析&解説)機能 VA8.3から搭載されていた機能やUIが拡張されています。 AIストーリーテラー(自動分析&解説)機能では、分析対象の変数(ターゲット)を指定するだけで、その変数に影響を与えているその他の変数の特定や、変数ごとにどのような条件の組み合わせがターゲット変数に依存しているのかを「文章(条件文)」で表現して教えてくれます。 この例で使用するデータ「HMEQJ」は、ローンの審査を題材にしたもので、顧客ごとに1行の横持ちのデータです。このデータ内にある「延滞フラグ」が予測対象の項目(ターゲット変数)で、0(延滞なし)、1(延滞あり)の値が含まれています。 データリスト内の「延滞フラグ」を右クリックし、「説明」>「現在のページで説明」を選ぶだけで、「延滞フラグ」をターゲット変数に、その他の変数の組み合わせを説明変数とした複数の決定木(ディシジョンツリー)が実行され、 以下のような結果が表示され、見つけ出された有用な洞察を説明してくれます。 分析結果画面内説明: ① 予測対象値(0:延滞なし、1:延滞あり)の切り替えが可能です。この例では、「1:延滞あり」を選択し、「延滞する」顧客に関して分析しています。 ② 全体サマリーとして、すべての顧客の内、延滞実績のある顧客は19.95%(5,960件中の1,189件)であることが示されています。 ③ 「延滞する」ことに関して影響を与えている変数の重要度を視覚的に確認することができます。最も影響度の高い変数(今回は「資産に対する負債の割合」)の重要度を1として、1を基準値にした相対重要度が算出され、横棒グラフで表示されます。従来版に比べて、変数ごとの影響度合いの違いを明確に捉えることができます。 ④ 「高」タブには、「延滞する」可能性が高いトップ3のグループ(条件の組み合わせ)が文章で示され、「低」タブには、「延滞する」可能性が低いトップ3のグループ(条件の組み合わせ)が文章で示されます。この例では、③で「資産価値」が選択され、「資産価値」に基づき、延滞する可能性の高い/低いグループのトップ3が表示され、「資産価値」に関する条件部分がハイライトしています。 ⑤ この例では、③で「資産価値」が選択され、これに応じて「0:延滞なし、1:延滞あり」別の顧客の分布状況がヒストグラムで表示されています。選択された変数が数値属性の場合は、ヒストグラムで、カテゴリ属性の場合は積み上げ棒グラフで表示されます。チャートの下端では、チャートから読み取れる内容を文章で解説しています。 以下は、カテゴリ属性の変数を選択した場合の表示例です。 以上のように、分析スキルレベルの高くないビジネスユーザーでも、簡単かつ容易に、そして分かり易くデータから有効な知見を得ることができます。 ※AIストーリーテラー機能に関しては、SAS Viya特設サイトのビジュアライゼーションセクションで動画でもご覧いただけます。 2.レポート編集&表示切替の利便性向上 従来のVAでは、編集モードで作成したレポートを表示モードで確認する際には、メニューから「レポートを開く」を選択し、レポートが表示されるのを少し待つ必要がありました。また、レポート表示モードから編集モードに戻るにもメニューから「編集」を選択する必要がありました。 VA8.4では、編集モードと表示モード切替の利便性が改善され、画面左上のペンシルアイコンをクリックするだけで、編集画面<->表示画面間を瞬時に切り替えられるので作業効率が向上します。 また、ご覧の通り、編集画面と表示画面のレイアウトも統一されています。 3.閲覧時レポートカスタマイズ&制御 一般的にBIツールでは、対象ユーザーを3つの層(管理者、レポート作成者(デザイナ)、レポート閲覧者(コンシューマ))に分類し、それぞれに最適なインターフェースを提供しています。しかし、レポート閲覧者の中には、「基本的には誰かが作成したレポートを見るだけでいいんだけど、自分好みに変更できたらもっといいのにな…」という声も多くあります。このレポートカスタマイズ者層に答えられないために、彼らは、レポートを開き、そのデータをダウンロードし、Excelに取り込んで好みのレポートを作成しようとするのです。 VA8.4では、レポートカスタマイズ者層向けに、作成済みレポートを開いて閲覧中に、簡単操作で好みに合うようにレポートをカスタマイズすることができるようになりました。 以下は、レポート閲覧中に「円グラフ」を他のチャートタイプに変更するメニューが表示されている例です。 また、レポート作成者は、レポートカスタマイズ者向けに、カスタマイズ可能な機能範囲を3段階で制御することが可能です。 これで、レポート作成者の負担も軽減され、レポート閲覧者の痒いところに手が届きそうですね。 4.分析用ビジュアル候補提示 レポート作成の元となるデータソースを選択すると、そのデータソース内の項目に基づき、「こんな分析が有効じゃないの…」と、分析画面の候補を自動的に提示してくれる機能です。 画面左端から電球マークの「候補」アイコンをクリックすると、分析候補がいくつか表示され、提示された分析画面をドラッグ操作でレポートに挿入することができます。 より素早く、効果的な情報を含むレポートを作成することができそうですね。これも一つの自動分析機能です。 5.カスタムグループ作成の容易化 従来版のVAでは、カスタムグループを作成する際には、カスタムグループ作成専用の画面内で、グループに含める要素の選択と、グループ名称を設定し、OKをクリックしてチャートに反映させる必要がありましたが、VA8.4では、チャート上でグループ化対象の要素を選択し、そのグループに名称を設定して、素早くカスタムグループを作成することができるようになりました。 6. Visual Analytics SDK

Analytics | SAS Events
SAS Global Forum 2019 論文紹介シリーズ 第4回「オペレーショナル・アナリティクス for IT」

前回は、ビジネス価値創出につながる「オペレーショナル・アナリティクス for Data Scientist」ユースケースの論文を紹介しました。今回は、企業様にとって、クラウド上のインフラアーキテクチャと分析プラットフォームのデプロイメントについて、ご紹介します。昨今、なぜ「コンテナ」が注目されているのか、そして、クラウドやコンテナ上に分析プラットフォームを移行/構築し、活用することに関心があるのであれば、ぜひ最後までご覧ください。 1.Cows or Chickens: How You Can Make Your Models into Containers モデルは特定の作業(新しいデータをスコアリングして予測を出すこと)として役割を果たしてきています。一方、コンテナは簡単に作成し、廃棄し、再利用できることができます。実際、それらは簡単にインテグレートさせ、パブリッククラウドとオンプレミス環境で実行できます。SASユーザは本論文を通じて、簡単にモデルの機能をコンテナに入れることができます。例えば、パブリッククラウドとオンプレミス環境でのDockerコンテナ。また、SASのModel Managerは様々なソース(オープンソース、SAS、コンテナ等々)からモデルの管理を行うことができます。したがって、この論文はそれらの基本知識と、どのようにSASの分析モデルをコンテナに入れることをメインに紹介します。 2.Orchestration of SAS® Data Integration Processes on AWS この論文では、Amazon Web Services(AWS)S3でのSASデータインテグレーションプロセスの構成について説明します。例としては、現在サポートしているお客様がクレジット報告書を生成するプロセスを毎日実行しています。そして、そのお客様の対象顧客は1カ月ごとに1回その報告を受け取ります。データ量としては、毎日に約20万の顧客情報が処理され、最終的に毎月約600万人の顧客へ報告することとなります。プロセスはオンプレミスデータセンターで始まり、続いてAWSのSASデータインテグレーションでAPR計算が行われ、最後にオンプレミスデータセンターで報告書が生成されます。さらに詳しい情報としては、彼らのアーキテクチャ全体はマイクロサービスを使われていますが、同時にAWS Lambda、簡易通知サービス(SNS)、Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)、およびAmazon Elastic Compute Cloud(EC2)などの独立した高度に分離されたコンポーネントも使われています。つまり、それらにより、データパイプラインに対するトラブルシューティングが簡単になっていますが、オーケストレーションにLambda関数を使用することを選択すると、プロセスがある程度複雑になります。ただし、エンタープライズアーキテクチャにとって最も安定性、セキュリティ、柔軟性、および信頼性もあります。S3FやCloudWatch SSMのようなより単純な代替手段がありますが、それらはエンタープライズアーキテクチャにはあまり適していません。 3.SAS® on Kubernetes: Container Orchestration of Analytic Work Loads 現在、Big Dataの時代で、Advanced analyticsのためのインフラストラクチャに対するニーズが高まっています。また、分析自体に対して、最適化、予測が最も重要領域であり、小売業、金融業などの業界ではそれぞれ、分析に対する独自の課題を抱えています。この論文では、Google Cloud

1 2 3 4 5 10