Search Results: add-in for microsoft office (69)

Thomas Wende 0
Enterprise Guide vs. SAS Add-In for Microsoft Office

Geht es Ihnen nicht auch so? Ich liebe Excel! Von „Mal schnell was ausrechnen…“ bis  zur Gewinn- und Verlustrechnung für die Steuererklärung ein rundum gelungenes Programm, bei dem man komplexe Formeln direkt da hin schreiben kann, wo sie berechnet werden und man sogar noch genügend Formatierungsmöglichkeiten hat, um nachher was

Angela Hall 0
Installing SAS Add-in to Microsoft Office

Well, setting up a SAS Installation Depot is one thing, but how then do you get users to install the SAS Add-in to Microsoft Office. After attempting to point them to the directory … root folderclient9cdmsofficeintsetup.exe some of my users received error messages such as: COM object with CLSID {C97B3405-B0CA-4B1A-9B90-C334554D81BC}

Chris Hemedinger 0
SAS Web Parts for Microsoft Sharepoint

The content for this post comes from David Henderson, lead software developer for the SAS Web Parts for Microsoft Sharepoint. David talks about these and other ideas for SAS-Sharepoint integration in his SAS Global Forum paper. We are pleased to announce the availability of SAS Web Parts 1.1 for Microsoft

Angela Hall 0
AMO Install says Office Products Running

Two users yesterday claimed that during the SAS Add-In to Microsoft Office (AMO) installation, an error message appeared stating that Microsoft Office Products were still running on their machine. When looking at the task bar AND the Task Manager Applications window, only the Installshield was up. Workaround - choose the

Analytics
SAS Enterprise GuideのカスタムタスクでPythonコード実行

SAS Enterprise Guide(EG)で簡単にPythonなどオープンソース・コードを実行できる方法を紹介します。 1.オープンソースコード実行用タスク(OST)の概要 2.事前設定 3.EGでの使用方法 4.AMOでの使用方法   1.オープンソースコード実行用タスク(OST)の概要 SAS Enterprise Guide(EG)は直感的なユーザインタフェース上で、マウスの簡単操作で、透過的にデータにアクセスし、様々な分析用タスクを活用し、データの準備から加工・変換、集計・分析、レポート作成に至る一連の作業をグラフィカルなフロー図として描き、実行することができるツールです。 一方、多くの組織ではPython, Rなど様々なオープンソースのスキルを持つデータサイエンティストが混在することが多く、こうしたオープンソース(OS)とのコラボレーションも必要になってきています。従来、EGとPythonなどOSと連携する際には、データでのやりとりが必要でした。例えば、EGで作成したデータをエクスポートし、OSユーザに渡して処理してもらうか、その逆か、になります。 都度このようにデータをやりとりするには手間と時間がかかりますし、データやPythonコードなどの管理も課題となります。こうした課題を解決する手段の一つとして、カスタムタスクを活用することができます。 カスタムタスク:EGには、数多くのタスク(データ準備用タスク、分析用タスク、など)が実装されています。このタスクは顧客ニーズに応じてカスタムで作成し、活用することができるようになっています。SASのサポートサイトからカスタムタスクを作成するためのテンプレートをダウンロードし、使用することができるようになっています。カスタムタスクの作成方法の詳細に関しては、次回のブログでご紹介します。 オープンソースコード実行用タスク(OST):OSTはOpenSourceTaskの略で、EGカスタムタスクのテンプレートに基づいて開発されています。OSTを使用することで、EG上で簡単にPythonコードを実行することができ、GUIベースの簡単マウス操作でPythonコードを再利用し、EG上で、標準実装のタスクとOSTを活用し、連携してアナリティクス作業を完結することができます。これによって、様々異なる分析スキル(GUIユーザー、SAS言語ユーザー、OS言語ユーザー)を連携し、有効活用することが可能となります。また、この分析処理は自動化することも可能です。  次にPythonコード実行用のOSTの使用方法を紹介します。EGのバージョンは8.2を使用したものです。   2.事前設定 ・Python環境の確認 まずSAS9サーバ側にPython環境がインストールされていることを確認してください。Pythonの環境がない場合は、PythonまたAnacondaなどPythonのruntimeをインストールする必要があります。 ・SAS9サーバーの設定 SAS9のSMC(SAS Management Console)を起動し、以下の画面を開きます。 「Environment Management」>「Server Manager」> 「SASApp」>「SASApp Logical Workspace Server」>「SASApp - Workspace」を右クリックし、「Properties」をクリックし 以下の設定でXCMDの実行を許可します。 「Options」タブ >「Advanced Options」>「Launch Properties」で「Allow XCMD」をチェックし、「OK」をクリックします。 設定を有効するにはシステムのObject Spawnerのサービスを再起動する必要があります。 ・OSTパッケージの取り込み OSTパッケージをダウンロードし、展開したCustomフォルダをEG(またAMO)のインストール先(以下画面ショットのロケーション)にコピーします。そのほか、臨時ファイル保存と作業用フォルダC:/Customを作成し、準備作業が完了です。 これで、OSTが使用できる状態になります。   3.EG上の使用方法 まず EGを起動し、処理対象データを選択します。今回はSASHELPライブラリ内にある「CLASS」を選びます。データを選択した状態で、タスクリストのSAS

Programming Tips
Ajmal Farzam 0
Using Python to run jobs in your SAS Grid

One of the features of SAS Grid Manager (and SAS Grid Manager for Platform) introduced in SAS 9.4 M6 is the capability for the grid provider software to handle open-source workloads in addition to traditional SAS jobs. In this post, we’ll take a look at the steps required to get your SAS Grid Manager environment set up to utilize this functionality, and we’ll demonstrate the process of submitting Python code for execution in the SAS Grid.

Analytics | Data Management
Gastbeitrag 0
6 kostenfreie Tools: Soforthilfe für SAS Administratoren und Metadatenspezialisten

In seinem Gastbeitrag stellt Metacoda sechs nützliche kostenfreie Tools zur Metadatenanalyse vor. SAS Platform-Administratoren, die mit der SAS Management Console arbeiten, kennen die potenziellen Hürden beim Thema Metadatenanalyse und beim Zugriff auf Coding-Benutzeroberflächen. Aber diesen Herausforderungen ist nun dank Metacoda beizukommen – mit sechs kostenfreien Tools.   1. Metadata Explorer

1 2 3