CTOからのあなたへの招待状~#HackinSASを開催

1

CTOからのあなたへの招待状

~リアルワールドのためのグローバルデータサイエンス・ハッカソンイベントを開催~


世界中のどこかにいる有志のあなたへ

従来からSASをご愛顧頂いている皆様、そして、これから新たに出会う皆様、こちらはSAS Instituteでございます。今回は、非常にInspired+Greatなニュースをお届けさせていただきます。

それは、SASがグローバルでHackinSASというデータサイエンス・ハッカソンイベントを開催するということです!

今回のイベントでは、グローバルで参加者を募集しています。もちろん、従来のSASユーザのみならず、開発者やオープンソースユーザ、学生の方々、Startup企業の方々、またはテクニカルパートナーの方々、誰でも参加可能なイベントです。また、今回イベントの主旨としては、皆様の周りにあるデータを用いて、そのデータから有用な情報を得て、リアルワールドのビジネス課題・社会問題を解決するためのソリューションや、よりクリエイティブなデータの使い道を発見することを目指しています。詳細は後述するイベント詳細情報をご参照ください。

SASは長年、データから有用な情報を得て、その情報をリアルワールドの社会問題・環境問題、そしてビジネス課題解決に貢献できる製品やソリューション、そしてサービスを開発し、そのナレッジを貯蓄してきました。また、たくさんのユーザの方々との関わり合いの中で得られた情報などもとても有益なものでした。ハッカソンイベントはまさに、そのような様々なナレッジや発想を持っている皆様に切磋琢磨できる舞台を提供しています。

まずSASのエグゼクティブ・バイス・プレジデント兼最高執行責任者兼最高技術責任者のOliver Schabenbergerからのメッセージをご覧ください。

クリック!

では、イベント詳細情報は下記となります。

 1.開催スケジュール

ハッカソン全期間スケジュール

2020年12月17日-2021年2月15日 チームとテーマの登録期間。

この期間中に、あなたのチームを結成しましょう。そして、課題を定義し、サマリをご提出ください。

2021年1月―2月 リソース確保期間。

この期間中に、ハッカソンをするための無料イネーブルメントリソースを活用して、優位に立ちましょう。

2021年3月 ハッカソン正式開始期間。

この期間中に、あなたとチームメンバーの創造性を輝かせる時がきます。データとSASを使って課題を解決しましょう。

2021年4月 最終ラウンド期間。

最終ラウンドに参加できるチームが選定され、SAS Vector Labsチーム(SAS Innovation Hub)に紹介され、更なる課題解決のためのアプリケーション開発を行うことが可能です。

Virtual SAS® Global Forum 2021(2021年春に開催予定) 2021年のSAS Global Forumで優勝者の結果が公開されます!

 

事前ライブキックオフミーティング

2021年1月13日13:00 – 14:00オンラインで開催

開催概要:

  • SASのエグゼクティブ・バイス・プレジデント兼最高執行責任者兼最高技術責任者のOliver Schabenbergerが、この他に類を見ないグローバルハッカソンとは何か、そしてビジネスの課題解決や社会貢献のためにアナリティクス、AI、オープンソースをどのように創造的な方法で活用できるのかについてお話します。
  • ハッカソンズ・インターナショナルのCEOであるAngela Bee ChanとSASのプロダクト・マーケティング・マネージャーであるMarinela Profiの魅力的な対談が行われます。彼らはこのハッカソンの中でできるコラボレーションと、HackinSASが単なる競争以上の価値あるものであるかをお話します。
  • HackinSASのプロデューサーであるSASのEinar HalvorsenとPeter Lundqvistからヒントを得られます。彼らの過去のイベントからの洞察は、参加者に優位性を与え、成功の可能性を高めるのに役立ちます。
  • 好奇心旺盛な方は、SASの開発者であり提唱者でもあるJoe Furbeeと一緒にSASの豆知識小テストを試してみましょう。SAS豆知識小テストでの上位入賞者には賞品が用意されています。
  • ハッカソンのメンター陣に会いましょう。今回のハッカソンでは、世界中から最も経験豊富なSASデータサイエンティストを集めて、HackinSASをガイドしていきます。彼らは、複数の言語でソリューションを開発し、広範囲に展開することの専門家です。10名のプロフェッショナルが、このユニークなハッカソンのメンターになることに興奮している理由を共有します。

 

  1. 申込みカテゴリと評価クライテリア紹介
カテゴリ 評価基準
Data for good 持続可能な経済のための有用性を強調し、アナリティクスのライフサイクルを適用するところが重視されています。
Industry 高度なアナリティクスやAIを活用し、業界の未開拓のギャップに対応見込みのあるアルゴリズムやアプリケーション特性を持つところが重視されています。
Startups リーンキャンバスモデルをベースにし、市場の可能性、ビジネス価値、技術の創造性を持つところが重視されています。

 

 

  1. 申込みガイドライン
  • 2021年2月15日までにチームを登録してください。
  • チームが取り組むリアルワールド課題(ビジネスや社会的・人道的な問題など)の概要説明が必要です。
  • テクノロジーパートナーは、顧客や学生とチームを作ることができます。
  • スタートアップ企業は、顧客や学生とチームを作ることができます。
  • パートナーと学生とスタートアップはチームを組むことができません。
  • 課題は顧客の問題であっても構いません。テクノロジーパートナーと一緒に仕事をしている顧客も、一緒に新しい市場につながるパートナーシップに向けて取り組むことができます。
  • ハッカソンはコンセプトの証明ではありません。市場や社会に拡張可能な、新しいクリエイティブなソリューションを我々は求めています。

 

  1. 申込みサイト

https://www.sas.com/sas/events/hack-in-sas.html

 

  1. イベント参加言語

此度のハッカソンは世界規模のイベントです。そのため、HackinSASが提供するすべてのコミュニケーション、リソース、サポートは英語を使用します。あなたのチームの作品と最終提出物も英語でお願いいたします。

 

最後に、なぜ今回のハッカソンイベントに参加するべきなのかについて5つの理由をぜひ皆様にお伝えしたいと思います。

  • Microsoft Azureクラウド上のSAS®とオープンソースを使用して、経験豊富なデータサイエンティストから初心者のテクノロジーパートナー、SASエキスパートまで、仲間のプログラマーとコラボレーションすることができます。さらに、実製品が使えるため、より現実性のある結果を手に入れられます。
  • ビジネスや社会的・人道的な問題など、あなたとあなたのチームにとって遣り甲斐があるリアルワールドの課題に取り組むことができます。
  • 市場向けのアプリケーションを開発し、当社最新のイノベーション・ハブであるSAS Vector Labsの支援を受けることができます。
  • AI、クラウド環境、業界に関する無料のイネーブルメントリソースやコーチングを入手できます。
  • ローカルからグローバルな視点で専門家の人脈ネットワークを広げるチャンスです。

違う国やリージョンの方とBrain Stormをして、斬新なアイデアをゲットし、様々なリアルワールドの問題を解決しましょう。

 

データを分析することで、リアルワールドの課題、難題の解決に貢献したいと熱望するあなたを、

我々はこの舞台で待っています!

Your Curiosity Matters.

敬具

SAS Institute

 

Data for Good事例:

https://blogs.sas.com/content/sasjapan/2020/06/03/working_at_sas_d4g/(日本語)

https://blogs.sas.com/content/topic/data-for-good/(英語)

関連リンク:

SAS Global Forum 2021:https://www.sas.com/en_us/events/sas-global-forum.html

Share

About Author


SAS Enterprise Analytics Platform & Cloud Solution 担当

IT基盤とシステムズエンジニアリングに知見があり、ビジネスストラテジーコンサル、PMO、マーケティング、ローカライゼーションにも経験を持つ。現在、クラウドプラットフォームとコンテナなどの新しいテクノロジーをAI基盤として活用することに対し、積極的にクリエイティブなアイディアを創出中。

1 Comment

Leave A Reply

Back to Top