Tag: SAS Viya

Advanced Analytics | Artificial Intelligence | Machine Learning
SAS 코리아, 최신 머신러닝·자연어처리 등 인공지능(AI) 활용 분석 기능 강화

인공지능 활용 엔터프라이즈 분석 가능한 ‘SAS 플랫폼’ 최신 오퍼링 출시 SAS 코리아, 최신 머신러닝·자연어처리 등 인공지능(AI) 활용 분석 기능 강화 머신러닝·자연어처리로 비정형 데이터 가치 극대화 및 전 과정 시각화하는 엔드투엔드 비주얼 환경 제공 웹 인터페이스로 전체 분석 라이프사이클을 통합하고, 초보자부터 전문가까지 전사 협업 지원 미국적십자사·시스코·뮌헨재보험 등 도입… 분석 인사이트로 비즈니스

Machine Learning
Makoto Unemi (畝見 真) 0
ディープラーニングの判断根拠

予測モデル生成において、従来は、人が考えてデータの中から特徴を抽出する必要がありましたが、ディープラーニングでは、この特徴を自動的に抽出して学習することが可能になっています。 半面、どのように特徴が抽出されているのかに関しては、基本的にはブラックボックスであり、説明責任が求められるような業務要件では、その分析結果を業務に活用することが難しい場合もあります。 しかし、近年ディープラーニングから出てきた結果の根拠=判断根拠を可視化する手法がいくつか考案されてきています。 関連情報サイト: https://qiita.com/icoxfog417/items/8689f943fd1225e24358 https://pair-code.github.io/saliency/ http://blog.brainpad.co.jp/entry/2017/07/10/163000 SAS Viyaでは、各種のディープラーニング(DNN, CNN, RNN)を用いた学習が可能ですが、今回はCNNを用いた画像認識において、判断根拠となり得る情報の出力に関してご紹介します。 この例は、複数のイルカの画像をCNNで学習し、対象の画像(写真)がイルカなのかどうかを判別するものです。 モデルを作成後、以下の画像をモデルに当てはめてスコアリングを実施。 この画像は「イルカ」だと判定されたのですが、その判断根拠の一つとして、以下のように、この画像のどの部分がより重要であると判断されているのかを可視化することが可能になっています。 【レイヤー1のfeature map】 【レイヤー18のfeature map】 SAS Viyaでは、モデルのスコアリング時のオプションとして、指定したレイヤ(層)の特徴マップ(feature map)を画像として指定ライブラリに出力することが可能です。 >> スコアリング用のアクション:”dlScore” の layerOut={出力先ライブラリとテーブル名} オプションと layers={出力対象レイヤ名} オプション >> 上図はライブラリに出力された画像(feature map)を表示したものです。

Analytics | Artificial Intelligence | Machine Learning
SAS Korea 0
차세대 챗봇과 딥러닝, 가까워진 지능형 가상 비서(IVA) 시대

우리 모두가 개인 비서의 도움을 받는 세상, 상상이 가시나요? 어쩌면 빠르게 다가올지도 모르겠습니다. 바로 가상 비서, 챗봇 기술의 발전 덕분인데요! 챗봇(chatbot)은 채팅(chatting)과 로봇(robot)의 합성어로 자연어 처리(NLP; Natural Language Processing)와 인공지능(AI)을 이용해 사람과의 대화를 시뮬레이션하고 응답을 도출하는 컴퓨터 프로그램입니다. 쉽게 말해 사람의 이야기에 알맞은 답이나 정보를 제공할 수 있는 기계죠. 단순하고 자동화된 작업을 처리할

Advanced Analytics | Analytics
Jeanne (Hyunjin) Byun 0
통합 분석 플랫폼으로 ‘개방형 분석’ 환경 구축

바야흐로 ‘데이터 하이웨이’ 시대입니다. 데이터는 금융, 제조, 의료, 통신 등 산업에 관계없이 모든 기업의 비즈니스를 관통하며 인사이트를 제공하고 있는데요. 그만큼 분석 소프트웨어 시장도 그 어느 때보다 다양한 솔루션과 기술로 활성화되어 있습니다. 실제 가트너에 따르면 전 세계 비즈니스 인텔리전스(BI) 및 분석 소프트웨어 시장의 규모는 올해 183억 달러에 이르고, 오는 2020년에는 228억

Artificial Intelligence | Machine Learning
Makoto Unemi (畝見 真) 0
SAS Viyaを「無償」で「実データ」で「体感」してみよう!

2017年12月にSAS Viyaの最新版3.3がリリースされました。 これに伴い、皆様には、大幅に拡張されたSAS Viyaの機能を存分に体感いただくために今版から、皆様がお持ちの「実データ」でSAS Viyaベースのすべての製品を自由に触っていただけるようになりました。 ぜひ、ご利用ください! 利用手順に関しては、以下のブログをご覧ください。 SAS Viyaを体感してみよう! ~SAS Viya無償試用版利用ガイド~

Analytics | Data Management
Torsten Röhner 0
SAS Viya bietet neue Schnittstelle zur Integration von Daten aus operativen Systemen wie SAP

Der Datensee wird immer voller. Aus allen Himmelsrichtugen fließen die Daten ein, nicht nur aus Exceltabellen oder aus Datenbanken, sondern zu großen Teilen aus operativen Systemen wie SAP ERP oder SAP HANA.  Aber nicht genug: Sie kommen natürlich auch aus dem Internet in unseren See. Mobilen Endgeräten oder auch Sensoren an Maschinen

Machine Learning | Programming Tips
Makoto Unemi (畝見 真) 0
SAS Viyaにディープラーニングが登場! さっそく画像分類してみた。

SAS Viyaがリニューアルされまして、ついにディープラーニングが登場しました! SAS ViyaのディープラーニングではオーソドックスなDeep Neural Network(DNN)から、画像認識で使われるConvolutional Neural Network(CNN、畳込みニューラルネットワーク)、連続値や自然言語処理で使われるRecurrent Neural Network(RNN、再帰的ニューラルネットワーク)まで利用可能になります。 ディープラーニングを使うことのメリットは、従来の機械学習やニューラルネットワークが苦手としている画像や文章を認識し、高い精度で分類や推論することが可能になります。 高い精度というのは、ディープラーニングのモデルによっては人間の目よりも正確に画像を分類することができるということです。 例えばコモンドールという犬種がありますが、この犬はモップのような毛並みをしていて、人間ではモップと見間違えることがあります。 これは犬? それともモップ? こういう人間だと見分けにくい画像に対しても、ディープラーニングであれば、人間よりも正確に犬かモップかを見分けることができるようになります。 というわけで、今回はSAS Viyaのディープラーニングを使って画像分類をしてみたいと思います。 ディープラーニングの仕組み 画像分類のディープラーニングではCNNを使います。 CNNは画像の特徴を探し出す特徴抽出層と特徴から画像を分類する判定層で構成されています。   特徴抽出層は主に畳込み層とプーリング層で構成されています。 畳込み層で入力画像に対し、ピクセルの特徴(横線の有無とか斜め線とか)を探し出し、プーリング層で重要なピクセルを残す、という役割分担です。 判定層は、特徴抽出層が見つけた特徴をもとに、画像の種類を分類します。 例えば犬と猫の分類であれば、特徴抽出層が入力画像から、面長で大きな鼻の特徴を見つけだし、犬と分類します。   または、丸っこい顔立ちと立った耳の特徴を見つけだし、猫と分類します。   SAS Viyaで画像を扱う SAS ViyaディープラーニングでCifar10をネタに画像分類をしてみたいと思います。 Cifar10は無償で公開されている画像分類のデータセットで、10種類の色付き画像60,000枚で構成されています。 各画像サイズは32×32で、色はRGBです。 10種類というのは飛行機(airplane)、自動車(automobile)、鳥(bird)、猫(cat)、鹿(deer)、犬(dog)、蛙(frog)、馬(horse)、船(ship)、トラック(truck)で、それぞれ6,000枚ずつ用意されています。 画像は総数60,000枚のうち、50,000枚がトレーニング用、10,000枚がテスト用です。   画像データは以下から入手することができます。 https://www.cs.toronto.edu/~kriz/cifar.html さて、Cifar10を使って画像分類をしてみます。言語はPython3を使います。 SAS Viyaで画像分類をする場合、まずは入手したデータをCASにアップロードする必要があります。 CASはCloud Analytics Servicesの略称で、インメモリの分散分析基盤であり、SAS Viyaの脳みそにあたる部分です。 SAS Viyaの分析は、ディープラーニング含めてすべてCASで処理されます。 CASではImage型のデータを扱うことができます。 Image型とは読んで字のごとくで、画像を画像フォーマットそのままのバイナリで扱えるということです。

Advanced Analytics | SAS Administrators
Gerry Nelson 0
LDAP basics for the SAS Viya administrator

ln SAS Viya, deployments identities are managed by the environments configured identity provider. In Visual SAS Viya deployments the identity provider must be an LDAP (Lightweight Directory Access Protocol)  server. Initial setup of a SAS Viya Deployment requires configuration to support reading the identity information (users and groups) from LDAP. SAS Viya 3.3

Analytics
Miriam Audelo 0
¿Conoce a SAS Viya?

Esta es una historia típica en la solución de problemas en las industrias de cualquier giro, con una solución que todos han escuchado, pero no lo aplican por falta de información. Hoy conocerá a SAS VIYA, el complemento perfecto que lo introducirá en un mundo completamente nuevo de analítica para

Advanced Analytics | Programming Tips
Ryan Lolli 0
Tip and tricks to promote CAS tables from session-scope to global-scope

When loading data into CAS using PROC CASUTIL, you have two choices on how the table can be loaded:  session-scope or global-scope.  This is controlled by the PROMOTE option in the PROC CASUTIL statement. Session-scope loaded proc casutil; load casdata="model_table.sas7bdat" incaslib="ryloll" outcaslib="otcaslib" casout="model_table”; run; Global-scope loaded proc casutil; load casdata="model_table.sas7bdat"

Data Visualization
Makoto Unemi (畝見 真) 0
SAS Visual Analytics 8.2 新機能概要

2017年11月にリリース予定の「SAS Visual Analytics 8.2」に搭載予定の新機能概要をご紹介します。 【SAS Visual Analytics 8.2 新機能概要】 サードパーティ・ビジュアライゼーション D3.jsやC3、あるいはGoogleチャートの機能を活用し、VAに標準装備のチャートタイプでは表現できない、より柔軟で洗練されたチャートを描画し、レポートに組み込むことが可能です。 新規追加ビジュアライゼーション バブルチェンジプロット、平行座標プロット、スケジュールチャート、など、新たに9種類のチャートオブジェクトが追加されます。 オブジェクト間の自動リンク&フィルタ設定 レポート内の全てのオブジェクトを自動的に連係させることで、効果的でインタラクティブなレポートを簡単に作成可能です。その際、一方向のフィルタなのか双方向のフィルタなのかを指定することができます。 レポート自動保存&復元 作成中のレポートは定期的に自動保存されます。これによって、仮に保存し忘れてログオフしたとしても、再ログオン時に前の状態を復元することができます。 カスタム領域塗りつぶし VA7.4と同様に、地図上にカスタムで指定した領域を塗りつぶして描画することが可能です。 地図機能拡張 Esri地図データとの連係機能が拡張され、デモグラフィック情報の活用が可能になります。例えば地図上に表示されている自店舗群を選択し、周辺住民の平均年収や年齢などの情報を把握でき、より効果的なロケーションアナリティクスが可能になります。  

1 6 7 8 9 10 11