SAS Global Forum 2016 開催報告②: Tech Connection SessionでSAS新製品をより詳しく知る

0

オープニングセッションの翌日4/19の朝からは、Ben Casnocha(シリコンバレーで活躍する企業家で著作家)のKeynote Sessionに続き、例年通り、Tech Connectionというセッションが実施され、SAS本社のR&D部門や製品管理部門による新製品紹介とデモンストレーションが行われました。

このセッションでは、実際の企業・組織でよくみかけるシナリオとジレンマを例にとり、SAS Viyaがどのように役に立つのかを紹介しました。データ・サイエンティストでも、統計家でも、あるいはITアナリストでも、ビジネスアナリストでも、そして作業担当者であっても、管理者であっても、それぞれの立場・役割の方に、SAS Viyaが価値をもたらしてくれることをご理解いただけると思います。

SAS® Cloud Analytics

  • Webブラウザからアナリティクス・アプリケーションにアクセスして、予測モデルをすぐに作成することが可能
  • 「組み込みアナリティクス」として、どのような言語からでもSASのAPIにアクセスして既存のビジネス・アプリケーションやビジネス・プロセスに組み込むことができる
  • セットアップ不要なため、S/Wのインストールやクラスターの準備をする必要はない。ユーザーは、セキュアなクラウドベースの環境で、分析をし結果を保存することができる

当日のデモンストレーション:

デモビデオはこの画像をクリック

今すぐにキャンペーンのターゲットリストを作成するために慣れない予測モデリングを引き受けてしまったJacobさん。(デモビデオは画像をクリック)

 

SAS Cloud Analytics画面

SAS® Visual Analytics

  • SAS Viyaに対応したSAS Visual Analytics最新バージョン
  • データ探索機能(Visual Analytics Explorer)、レポート作成機能(Visual Analytics Designer)、予測モデリング機能(Visual Statistics)が、完全に統合され単一インターフェースになることにより、すべてをシームレスに利用することが可能
  • ユーザーインターフェースは、HTML5で作り直された

当日のデモンストレーション:

デモビデオはこの画像をクリック

CEOから重要な分析指示をされて困り果てている彼の前に救世主のDrewさん現る。SAS Visual Analyticsの新しいマップ機能の紹介です。(デモビデオは画像をクリック)

Visual Analytics画面

SAS® Customer Intelligence 360

  • "役割に応じた"アナリティクス
  • Software as a Serviceクラウド型
  • オムニチャネル:包括的なカスタマーインテリジェンスHub

当日のデモンストレーション:

デモビデオはこの画像をクリック

「デジタル・サイロ」に悩まされているBrookeさんに必要なもの。それがCustomer Intelligence 360です。(デモビデオは画像をクリック)

SAS® Visual Investigator

  • 脅威の検出は今や自動化することが可能。ウェブサイトやソーシャルメディア、様々なデータベースから情報を収集し、それぞれ異なるデータソース間の関連性を見つけ出す
  • アナリストが、効率的で効果的な調査活動を行うことが可能
  • 不正検知、公共のセキュリティなど様々な課題に応じた利用が可能

当日のデモンストレーション:

Intelligence Analyst の仕事(デモビデオは画像をクリック)

Visual Investigator画面

 

SAS® Environment Manager

  • すべてを一元管理できるWebベースの管理画面
  • ストリーミング・アナリティクス、機械学習技術を活用したリアルタイムの予測型アラート・システムリソース管理が可能
  • SAS Viyaアーキテクチャがこれらを可能にしている

当日のデモンストレーション:

デモビデオはこの画像をクリック

ランチをとろうとしたのにシステム障害の連絡が入り、オフィスに戻らなければならないマルシーさん。こういうシーンよくありますよね。(デモビデオは画像をクリック)

 

Environment Manager画面

 

これらの製品は今後順次リリースしていく予定です。アナリティクスの世界にイノベーションを起こしていきますので、ご期待ください。

Share

About Author

小林 泉

Senior Manager, Enterprise Analytics Platform Group, Customer Advisory Division

1999年SAS Institute Japan入社後、金融・通信・製造・小売・官公庁を中心に顧客分析やサプライチェーン最適化などのアナリティクス・プロジェクトにて、データウェアハウスやアナリティクス・プラットフォームの設計/構築からアナリティクスのコンサルティングを担当。その後、プリセールスとしてSASアナリティクス・ソリューションの提案、顧客のデータ・マネージメント課題解決への従事、最新技術を利用したビッグデータ活用やSAS on Hadoopビジネスの立ち上げ、普及活動に従事。 データのリアルタイム分析と、大規模分析基盤アーキテクチャ、機械学習についての豊富な知見、経験を持つ。 2016よりSAS Viyaの立ち上げを担当し、OSSの世界へ新しい価値を提供するビジネスを推進。 2020年の興味は、「現実世界のデジタライゼーションの限界と展望」

Leave A Reply

Back to Top