Tag: SAS/OR

Artificial Intelligence | Programming Tips
小林 泉 0
機械はあなたの娯楽までをも奪うのか?

さて、今回ご紹介する例は、最近議論が活発な、「機械(コンピューター)が人間の作業を奪う(?)」お話です。 機械は人間から仕事(今回の例では、仕事ではなく娯楽と言ったほうが近いかもしれません)を奪ったことになるのでしょうか?それとも、真の楽しみを味わえるように、単に単純労働から開放してくれただけなのでしょうか? 昨今、人工知能がもたらす変化という文脈で行われている議論ですが、今回は、昔からある最適化アルゴリズムで、人間の仕事を奪います。皆さんでその意味を考えてみてください。 イギリスの諜報機関GCHQがクリスマスメッセージとして送った難解なパズルが公開されており、優秀な人たちを楽しませています。その第一問が、以下の「お絵かきロジック」です。日本でも一時期流行しました。イラストロジックなどとも言われ、私自身もトライした記憶があります。   このパズルそのものについては、他の情報源に頼って欲しいのですが、簡単に説明すると、それぞれのセルを黒か白で塗りつぶすパズルで、行と列に書かれている数字は、黒マスが連続している数を順番どおりに示している「手がかり」です。いくつかのセルはすでに黒く塗りつぶされていますが、それらはこのパズルの答えを一つに確定するために必要です。 一部の箇所は、それぞれの行や列の情報だけを見て解くことが可能です。例えば、7番目の行を見てみましょう。手がかりは、(7 1 1 1 1 1 7)です。すなわち、全部で 7 + 1 + 1 + 1 + 1 + 1 + 7 = 19 個の黒いセルが必要となり、最低ひとマスは間隔が空いていないといけないので、7個の固まりの間の個数を考慮すると、7-1=6 個の白マスが必要となります。この二つの数字を足すと、19 + 6 = 25 となり一行の列数とおなじ数にちょうどなります。したがって、この結果から直ちにこの行の全てがあきらかになります。 黒7, 白1, 黒1, 白1, ・・・ ついてきていますよね。 しかし、そうは簡単にいかない箇所のほうが多いでしょう。その場合には、手がかりから部分的にしか黒く塗りつぶせないことになります。例えば、一行目を見てください。ヒントから(7 + 3 + 1 + 1 + 7) + (5

Waynette Tubbs 0
Modern portfolio theory using SAS® OR

The premise of the modern portfolio theory (MPT), proposed by Harry Markowitz in 1952, is diversity. Murphy Choy says that means you should “never put all of your eggs in the same basket.” According to Choy, the theory was never meant to be used with complex investment products because they

Chris Hemedinger 0
SAS takes you to school

This is one of the coolest uses of SAS I've seen: optimizing school reassignments. I spoke with paper coauthor Rob Pratt before SAS Global Forum this year about this topic. I found the project's origin interesting: CEO Jim Goodnight was chatting with the Wake County Schools superintendant at a cocktail

Waynette Tubbs 0
SAS presenters series: Ed Hughes

In hopes of adding to your SAS Global Forum experience, we've kicked off a SAS presenters series. Here, we’ve asked some of the SAS presenters five questions to learn more about what makes them tick, why they chose to present and what they hoped you would take away from the