CData JDBC Driverを利用したSNS・ファイルストレージサービスとの連携のご紹介

0

SAS ViyaではCData JDBC Driverを使って下記のソーシャルメディア・ファイルストレージサービスにシームレスにかつ、素早く連結できます。

・Facebook

・Google Analytics

・Google Drive

・Microsoft OneDrive

・Odata

・Twitter

・YouTube Analytics

本日はCData JDBCドライバーを使ってTwitterと連携し、「天気」に関するツイートを取得してみたいと思います。順番通り説明しますので、最後までお読みいただき、皆さんも是非ご活用ください。

 

1. Twitter API利用申請

Twitter Developer PlatformにてTwitter APIの利用申請を行います。申請にあたり、名前と住んでいる地域、利用目的などの情報を提供する必要がありますので、事前に用意しておいてください。また、利用申請の承認はTwitter側で数日かかる場合がありますのでご了承ください。

Twitter APIの利用申請が終わったら、申請完了のメールが届きます。

また、申請の検討が終わり、Twitter APIが利用できる状態になりましたら、「Account Application Approved」というメールが届きます。

2. CData Twitter JDBC Driverインストール

インストールにはSASの契約とは別途、CData社との契約が必要ですが、30日間トライアルで使うことも可能ですので、ご紹介します。

まず、CData Twitter JDBC Driverインストールページにアクセスします。

次に、Downloadクリックします。

Download Trialをクリックします。

適切なOSを選択してDownloadをクリックします。今回はWindowsを選択しました。

ダウンロードされたTwitterJDBCDriver.exeファイルを開き、画面に表示されるステップに従ってインストールを完了します。

 

3. Connection String生成

インストールされたCData Twitter JDBC Driverを開き、下記のプロパティを設定します。

・ UseAppOnlyAuthentication

・ InitiateOAuth

・ OAuthClientSecret

設定前

設定前

・ UseAppOnlyAuthentication:FalseからTrueに設定します。

・ InitiateOAuth : OFFからGETANDREFRESHに設定します。

・ OAuthClientSecret: Twitter API Key Secretを入力します。

設定後

設定後

設定が終わりましたら、画面下にある「Connection String」を確認し、「Test Connection」をクリックしてテストします。設定に問題なければ、「Connection successful」というポップアップメッセージが表示されます。

 

「Copy to Clipboard」をクリックし、Connection Stringをコピーしておきます。

4. Viyaとの連結

SAS Studioを開き、SASプログラムを作成します。マクロ変数を利用して連携情報を保存します。「ペーストconnection string」は、先程コピーしたConnection Stringに入れ替えます。

%let connection =%nrbquote(ペーストconnection string);

 

JDBCエンジンを利用するLibnameでTwitterと連携できます。

libname tw jdbc
 url="&connection" 
 preserve_names=yes;

 

画面右側のライブラリペインより「tw」というライブラリが生成されます。

ツイッターの探索は「SearchTerms」でキーワードを指定することで可能となります。
例えば、「天気」という単語で2000件のツイッターを探索し、WORKライブラリに「weather」という名前で保存します。

data weather;
  set tw.tweets(obs=2000);
  where SearchTerms="天気";
run;

 

WORKライブラリに「weather」というテーブルが作成できました。

もし、SAS Visual Analyticsでデータを可視化したければ、テーブルをCASにロードし、画面をVisual Analyticsに移動して作業を進めることができます。今回はSAS「テキストトピック」機能を利用してワードクラウドを作成してみました。テキストトピックとワードクラウドについては前回のブログでご説明しましたので、ご興味ありましたら是非読んでみてください。

/* CASにロード */
proc casutil;
load data=weather outcaslib="PUBLIC" casout="weather" promote;
run;

 

最後に、リアルタイムでツイートを呟くことも簡単にできます。

下記の例では、sashelpライブラリのclassテーブルのデータ数をカウントし、そのカウント情報を含めてツイートします。

data _null_ ;
 dsid=open("sashelp.class") ;
 call symput("nbobs",strip(put(attrn(dsid,"NOBS"),8.))) ;
 dsid=close(dsid) ;
run ;

proc sql ;
 insert into tw.tweets(Text) 
 values ("SAS Classの皆さん、こんにちは!今年は &nbobs 名の生徒たちと楽しく勉強していきます!") ;
quit ;

 

SAS ViyaではTwitter以外にも、最初にお話した通り、様々なソーシャルメディア・ファイルストレージサービス上のデータを読み込み、素早く連結でき、ビジネスに役立てられる洞察を得ることができますので、是非試してみてください。

Share

About Author


SASに入社する前にはプログラマーとしてウェブサイトの開発業務を行っていた。2020年1月からSASに入り、現在は、「Curious」、「Passionate」、「Authentic」、「Accountable」というSASの4つの価値を楽しみながらプリセールスとしてSASアナリティクス・ソリューションの設計、提案の活動を担当。出身は韓国。

Leave A Reply

Back to Top