#SAShackathonに参加してみよう~好奇心を形に~

0

データを使って新たな知見を見つけたいと思ったことはありませんか?実社会の問題を解決したいと思ったことはありませんか?そんなあなたにぴったりのイベントがあります!

昨年引き続きSASでは、SAS Hackathonというハッカソンイベントを開催します。過去のSASハッカソンについてはこちらをご参照ください。このイベントは開発者、学生、スタートアップ企業、SASの顧客・テクノロジーパートナーの皆様を対象としており、世界中から参加者を募集しています。

参加者は以下の分野の中から興味のある分野を選択し、テーマの設定、そのビジネス課題・社会問題の解決をチームで目指していただきます。チームは最低2人から最大10人までで、経験豊富なデータサイエンティストから初級者、パートナーやSASの専門家などなど幅広い方が、Microsoft AzureでSASとオープンソースを使用し世界規模でつながることができます。

また本イベントでは各チームにSAS Viyaを実行するクラウド環境や、メンタープログラムも用意されており、それぞれのチームにガイダンスやサポートが提供されます。SASコミュニティのHacker's Hubもご参考にどうぞ。

 

イベントスケジュール

SASハッカソンのイベントスケジュールは以下のようになっています。

2021年12月1日〜2022年2月15日 登録期間
2022年1月26日 キックオフイベント
2022年1月5日~3月31日 デジタルラーニングポータルへのアクセスの有効化
2022年3月1日~3月31日 ハッカソン環境へのアクセス
2022年4月1日~4月7日 ビデオの録画とアップロード
2021年5月 ファイナリスト発表
2021年9月 受賞者イベント

 

ガイドライン

SAS Hackathonは、開発者、学生、スタートアップ企業、SASの顧客、およびテクノロジーパートナーを対象としています。チームは、組織内の人々、組織とテクノロジパートナー、またはグループへの参加を検討している個人で構成できます。

  • チームが取り組む実際の課題(ビジネスまたは人道上の問題)の説明が必要です。
  • テクノロジーパートナーは、顧客や学生とチームを組むことができます。
  • スタートアップ企業は、顧客や学生とチームを組むことができます。
  • 参加者である皆様の抱える問題をハッカソンで取り組うことが可能です。テクノロジーパートナーと協力する顧客は、一緒に新しい市場につながるパートナーシップに向けて取り組むこともできます。
  • 学生と開発者はチームを形成できません。ただし、顧客、パートナー、またはスタートアップチームに参加すれば、参加できます。

※参加をしたいがチームが見つかっていない学生や開発者は、次の登録手順の4において「Looking for a Team」を選択してください

 

登録手順

  1. SAS Profileを作成します(既に持っている場合は2へ)
  2. SASハッカソンのイベントページにアクセス
  3. 画面上部中央にある「Register Now」をクリック
  4. 以下の3つのタイプから合うものを選んでクリック
    • Team Leader
      参加するチームが決定しておりチームリーダーである人
    • Team Member
      参加するチームが決定しておりチームメンバーである人
    • Looking for a Team
      参加するチームは決定しておらずチームを探している人
  5. 必要項目の入力、同意事項のボックスにチェック後に「Register Now」をクリック
    ※SAS Profileをお持ちの場合はサインインを行うと登録フォームに自動的に情報が入力されます
  6. 登録が完了すると登録完了のお知らせがメールで届きます。応募いただいた内容を弊社で審査し、参加状況を確認するためにご連絡いたします
Share

About Author


Academic Support Staff

アカデミア推進室 / 横浜市立大学 医療統計学、統計的因果推論を専攻しています。お気軽にご連絡ください。

Leave A Reply

Back to Top