SAS Global Forum ユーザーおよびSAS社員による最新のSAS活用ノウハウ

0

SASの提供する機能、製品、コーディング上の利用の仕方、便利なSASマクロ等々は非常に幅広く、日々お客様と接している我々であっても全ての情報を持つことはできません。そのため、我々はWWのSAS利用ナレッジをこのSAS Global Forumにおける発表論文に頼ることが頻繁にあり、社内のナレッジシェアリングで参照することもしばしばです。f

今年4月に開催されたSAS Global Forum 2018の発表資料/論文を検索

2017以前の発表資料/論文を検索 なんと1976年からあります!

是非、ご活用いただければと思います。

Tags
Share

About Author

小林 泉

Senior Manager, Enterprise Analytics Platform Group, Customer Advisory Division

1999年SAS Institute Japan入社後、金融・通信・製造・小売・官公庁を中心に顧客分析やサプライチェーン最適化などのアナリティクス・プロジェクトにて、データウェアハウスやアナリティクス・プラットフォームの設計/構築からアナリティクスのコンサルティングを担当。その後、プリセールスとしてSASアナリティクス・ソリューションの提案、顧客のデータ・マネージメント課題解決への従事、最新技術を利用したビッグデータ活用やSAS on Hadoopビジネスの立ち上げ、普及活動に従事。 データのリアルタイム分析と、大規模分析基盤アーキテクチャ、機械学習についての豊富な知見、経験を持つ。 2016よりSAS Viyaの立ち上げを担当し、OSSの世界へ新しい価値を提供するビジネスを推進。 2020年の興味は、「現実世界のデジタライゼーションの限界と展望」

Leave A Reply

Back to Top