Tag: Datastep

Advanced Analytics | Programming Tips
Makoto Unemi (畝見 真) 0
SAS Viyaで線形回帰

SAS Viyaで線形回帰を行う方法を紹介します。 言語はPythonを使います。 SAS Viyaで線形回帰を行う方法には大きく以下の手法が用意されています。 多項回帰: simpleアクションセットで提供。 一般化線形回帰または一般線形回帰: regressionアクションセットで提供。 機械学習で回帰: 各種機械学習用のアクションセットで提供。 今回は単純なサインカーブを利用して、上記3種類の回帰モデルを作ってみます。   【サインカーブ】 -4≦x<4の範囲でサインカーブを作ります。 普通に $$y = sin(x) $$を算出しても面白みがないので、乱数を加減して以下のようなデータを作りました。これをトレーニングデータとします。 青い点線が $$y=sin(x)$$ の曲線、グレーの円は $$y=sin(x)$$ に乱数を加減したプロットです。 グレーのプロットの中心を青い点線が通っていることがわかります。 今回はグレーのプロットをトレーニングデータとして線形回帰を行います。グレーのプロットはだいぶ散らばって見えますが、回帰モデルとしては青い点線のように中心を通った曲線が描けるはずです。 トレーニングデータのデータセット名は "sinx" とします。説明変数は "x"、ターゲット変数は "y" になります。 各手法で生成したモデルで回帰を行うため、-4≦x<4 の範囲で0.01刻みで"x" の値をとった "rangex" というデータセットも用意します。 まずはCASセッションを生成し、それぞれのデータをCASにアップロードします。 import swat host = "localhost" port = 5570 user = "cas" password = "p@ssw0rd"

Advanced Analytics | Analytics | Risk Management
Hartmut Kömme 0
Neue Prozess-Infrastruktur für die Renaissance des Datasteps

Wenn es darum geht, mit Daten zu arbeiten, dann ist der klassische SAS Datastep eines der wirksamsten Werkzeuge, das uns zur Verfügung steht. Es ist sehr einfach, mithilfe von Datenauswahl, Formeln und Bedingungen im Datastep sowie in spezifischen SAS Prozeduren zu Ergebnissen zu kommen. Hieraus sind in der Praxis umfangreiche

Programming Tips
Henrik Dorf 0
Lav dokumentationens header

Mit sidste indlæg handlede om at læse alle kommentarer i SAS-programmerne og få dem ud i en overskuelig form. Denne gang skriver jeg kommentarer ind i programmerne automatisk. Det er naturligvis begrænset, hvad man kan lave af automatiske kommentarer på hvert enkelt program, fordi det jo handler om specifik kode